妊婦さんに起こる腰痛の原因と対策方法

妊婦 腰痛 原因

 

妊娠中は腰痛に悩まされる人が非常に多いもの。大きくなったお腹を支えるために、体がバランスをとろうとして無理な姿勢になったり、赤ちゃんが大きく成長することで骨盤が開いてくることなども原因です。

 

特に妊娠後期である8ヶ月頃になると、お腹の重さから後ろに反りかえるような姿勢になる妊婦さんがほとんど。

 

反り返ることで当然、腰への負担は大きくなります。長時間立ったままの姿勢を続けたりすると症状が悪化することもあります。

 

しかし、これらの原因で腰痛が起こるのは妊娠中期〜後期になります。人によっては妊娠初期でまだまだお腹も出てきていない頃から腰痛を感じるもの。

 

スポンサーリンク

 

 

妊娠初期からの腰痛は、妊娠中のホルモンの影響であることが分かっています。

 

このホルモンは「リラキシン」と呼ばれるもので、妊娠してすぐに分泌されるようになります。

 

リラキシンの働きは、赤ちゃんが骨盤の中を通って産まれてくることができるように、骨盤のじん帯を緩めること。妊婦さんの体は妊娠直後からお産の準備が始まっているという事なんですね。

 

 

原因が分かったら、対策を考えよう

 

妊婦 腰痛 原因

 

お腹の重さをかばい、姿勢が悪くなることで起こる腰痛はしっかり対策をとって、改善していきましょう。

 

腰痛は動くたびに感じることも多いので、妊娠中の大きなストレス要因になります。なるべく速い段階で対策を考えましょう。

 

妊娠初期の、リラキシンが原因の腰痛にはこれといった治療法がありません。妊娠特有のホルモンの影響ですし、骨盤内のじん帯を緩める働きというのは大事。

 

中期になると腰痛が緩和されることもあるので、経過を見ていきましょう。

 

 

姿勢の変化で起こる腰痛対策

 

お腹が大きくなり、重くなってくるとどうしても重心が前のめりになってしまいます。

 

これでは歩くことも立っているのもつらくなってしまうので、自然と後ろに反りかえって軸を安定させようとします。

 

スポンサーリンク

 

 

その結果、腰には大きな負荷がかかるので炎症を起こし、痛みを感じるようになります。この場合、長時間負荷をかけ続けないことが大事。

 

特に立っているときに腰への負担が大きくなるので、長時間立ちっぱなしの姿勢は避けましょう。仕事や上のお子さんの相手などで立ちっぱなしになる場合、こまめに休憩を挟みます。

 

また、腰痛ベルトなどを使うのも実に効果的です。骨盤を締めることで、お腹の重さを支える力を助けます。その場合、必ず妊婦さん専用の腰痛ベルト・骨盤ベルトを選んで下さい。

 

妊婦さんは重い荷物を持ってはいけないと言われています。これは力を入れることで腹圧がかかってしまうからだけではありません。重いものを持つと、それだけ腰への負担も大きくなるため。

 

家事などで無理な姿勢をとることも多いでしょう。布団の上げ下ろしやお風呂掃除など、腰痛の原因となる動きを伴う作業はご主人やご家族にお願いしてみましょう。

 

 

妊婦特有の腰痛経験談

 

妊婦 腰痛 原因

 

筆者もただいま妊婦生活を送っています。現在妊娠6ヶ月になりますが、妊娠初期に比べて症状が改善されてきたように思います。

 

まだお腹の出ていない妊娠4ヶ月ごろから腰痛がかなりひどくなりました。特に、寝ているときに自然と仰向けに寝てしまうことが多く、朝起きると激痛が走り、起き上がるのに5分くらいかかったことも。

 

しかし、妊娠5ヶ月の終わり頃からだんだん症状が改善してきたんです。最近も寝ている間に仰向けになってしまう場合もあるのですが、朝もすんなり起きられますし、痛みもそれほどありません。

 

やはり妊婦特有のリラキシンが原因の腰痛だったと実感しています。ですから、妊娠初期の腰痛はしばらく我慢すると自然と緩和されるケースも多いのです。

 

例え症状がひどくても、妊婦さんは安易に湿布を張ったりしてはダメですよ。

関連記事(一部広告)


人気記事ランキング
  1. 妊娠中に起こる腰痛の原因と改善方法
  2. 立ち会い出産のメリットとは?
  3. 出産が怖い女性はイメージトレーニングで乗り切ろう!
  4. 妊娠と着床出血のウソ・ホント
  5. 出産後の生理はいつから始まる?
  6. 流産後の妊娠はいつから大丈夫?
  7. 食欲をセーブする3つの方法
  8. 飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?
  9. 子供の発熱に関するQ&A
  10. 妊婦さんのストレス発散…!みんなはどうしてる?


出生前診断について
  1. ザックリわかりやすく!出生前診断の種類・概要・受ける時期
  2. 【実体験】絨毛検査と費用
  3. 【実体験】初期・中期胎児ドッグと費用


妊娠中・産後の症状について
  1. 妊娠中の感染に気を付けて!サイトメガロウイルスって何?
  2. 妊婦さんはお寿司を食べていいの?嘘?ホント?
  3. 凄すぎる出産!妊娠に気付かない女性
  4. 妊娠中の性病は危険!性病の母子感染リスク
  5. 産後の腹痛は危険だった
  6. 産後うつと育児ノイローゼの症状の違い
  7. 産後の気になる”出血”のあれこれ
  8. 出産後の生理はいつから始まる?生理痛の変化
  9. 産後の生理不順との付き合い方≪原因や解消法≫


気をつける重要な事
  1. 食事で気をつける重要な事
  2. 食欲をセーブする3つの方法
  3. 妊娠中のカフェインは危険!?
  4. 飲酒・喫煙を止められない人へ!


辛いつわりについて
  1. つら〜い”つわり”はいつまで続くの?
  2. ”つわり”を乗り切る5つの対処法
  3. つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!
  4. つわりは赤ちゃんが元気な証拠…は嘘?


働くお母さんへ
  1. つわりが辛い…!妊娠初期の仕事との付き合い方
  2. 産休中も手当てがもらえる出産手当金について
  3. 産休中の給料減…赤ちゃん用品や生活費の節約方法
  4. いつから産休に入るか悩んでいる人へ!産休の取り方
  5. 産休に入るための正しい挨拶方法


赤ちゃんに起こる症状
  1. 赤ちゃんの鼻詰まり解消方法
  2. 夜泣きとの上手な付き合い方
  3. 赤ちゃんはいつから外出してOK?初めての外出の注意点
  4. 新生児の授乳間隔のどれぐらいがベストなの?
  5. 赤ちゃんの顔にできる乳児湿疹の原因と対処法
  6. 赤ちゃんの肌がボロボロに!乳児湿疹の原因と改善策
  7. 新生児がミルクをすぐに吐くその理由とは!?
  8. 赤ちゃんの夜泣きとの上手な付き合い方

スポンサーリンク



妊婦 腰痛 原因
妊娠から出産まで!元気な赤ちゃんを産むための過ごし方(ホーム)