厄介な産後の悪露は子宮回復バロメーターだった!?

産後 悪露 子宮回復

 

悪露(おろ)とは、産後の子宮からの出血をいいます。

 

自然分娩の場合、子宮内の血液や胎盤、分泌物などは全て経膣で排出されていきます。そのため、出産直後から産後1ヶ月程度までは悪露という、分泌液の排出が行われるのです。

 

出産した直後はやはり、非常に悪露の量が多いでしょう。病院に入院している間は特に、産褥ショーツやサニタリーショーツを履く必要があるくらいの出血が普通です。

 

中には、用意していたナプキンでは足りずに、家族に買って来てもらったという人も多いです。

 

人により個人差はありますが、安心して入院するために産後のお産パットナプキンは多めに用意しておいても良いかもしれません。

 

 

産後の悪露と後陣痛

 

産後 悪露 子宮回復

 

悪露の量が多い間は後陣痛という子宮収縮の痛みを感じることがあります。子宮が元の大きさに戻るときの収縮活動により、痛みが発生します。

 

悪露が子宮から排出されるときに、ぎゅーっと絞られるような痛みを感じることがあると思います。これは、産後2〜3日程度続くことが多く、経産婦さんやお産の進みが早かった人に多いもの。

 

スポンサーリンク

 

 

さらに母乳の出が良い人ほど、子宮の収縮活動が活発になり、痛みを強く感じるとも言われています。

 

やっと苦しい陣痛を終えて出産したのに、また痛みを我慢するのか・・・とうんざりするかもしれませんね。

 

しかし、入院中の前半で治まるのが大半ですし、人によっては軽い生理痛程度で済むことも。赤ちゃんの可愛い寝顔を見て、頑張って乗りきりましょう!

 

 

悪露の異常は早めに察知を!

 

産後 悪露 子宮回復

 

悪露は産後の回復の目安でもあると考えられます。大体、産後すぐは赤い血液ですが10日程度でピンク色くらいまで薄くなります。

 

その後は、生理の終わりかけのような茶褐色になっていくのが一般的です。

 

期間は通常、産後2ヶ月までに終われば問題ないと言われています。2ヶ月を過ぎても悪露が治まらない場合、医師の診察を受けるようにしましょう。

 

正しく子宮内容物が排出されていない場合、それを吐き出す処置をする必要がある場合もあるのでご注意を。

 

スポンサーリンク

 

 

また、どろっとした血の塊が出たり、出血の量が急激に増えた場合なども要注意です。

 

血の塊が出るのは差ほど緊急性のある異常ではありませんが、その大きさが大きければ大きいほど異常である可能性も高まります。病院に電話して診察の必要が有るかを確認するだけでも良いので、医師の指示を仰ぎましょう。

 

 

生理再開の見極めを!

 

産後しばらくは悪露が出るものだし、しばらくは生理もこないもの・・・。そう思っている人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、悪露が出る期間も生理再開の時期も個人差が非常に大きいものです。

 

中には、悪路が終わるのと同時に生理が再開したという人もいます。この場合、違いをしっかり判断することが大事です。

 

産後1〜2ヶ月で、突然出血量が増えたりしたときは「生理の再開」も疑う必要があります。(事実産後1ヶ月で生理が来ることもあります。)

 

 

体が無理をしていると悪露が増える!?

 

産後、十分に休める環境でなく、少し無理をしてしまう人もいるでしょう。その場合悪露の状態に異変がないかを確認して下さいね。

 

悪露って実は、ただの排出ではなく「回復のバロメーター」であることも。

 

急に出血量が増えたり、血の塊が出たので病院を受診したら「体を休めていないことが原因」とされたケースは多いです。

 

体をしっかり休めて子宮を回復させないと、排出されるべきものが正しく外に出せずに溜まってしまうことがあるのです。

 

それが突然の出血、塊になってドッと出てくるというわけです。集中して休養させないと、却ってだらだらと悪露が続き回復が遅くなることもあるようです。

関連記事(一部広告)


人気記事ランキング
  1. 妊娠中に起こる腰痛の原因と改善方法
  2. 立ち会い出産のメリットとは?
  3. 出産が怖い女性はイメージトレーニングで乗り切ろう!
  4. 妊娠と着床出血のウソ・ホント
  5. 出産後の生理はいつから始まる?
  6. 流産後の妊娠はいつから大丈夫?
  7. 食欲をセーブする3つの方法
  8. 飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?
  9. 子供の発熱に関するQ&A
  10. 妊婦さんのストレス発散…!みんなはどうしてる?


出生前診断について
  1. ザックリわかりやすく!出生前診断の種類・概要・受ける時期
  2. 【実体験】絨毛検査と費用
  3. 【実体験】初期・中期胎児ドッグと費用


妊娠中・産後の症状について
  1. 妊娠中の感染に気を付けて!サイトメガロウイルスって何?
  2. 妊婦さんはお寿司を食べていいの?嘘?ホント?
  3. 凄すぎる出産!妊娠に気付かない女性
  4. 妊娠中の性病は危険!性病の母子感染リスク
  5. 産後の腹痛は危険だった
  6. 産後うつと育児ノイローゼの症状の違い
  7. 産後の気になる”出血”のあれこれ
  8. 出産後の生理はいつから始まる?生理痛の変化
  9. 産後の生理不順との付き合い方≪原因や解消法≫


気をつける重要な事
  1. 食事で気をつける重要な事
  2. 食欲をセーブする3つの方法
  3. 妊娠中のカフェインは危険!?
  4. 飲酒・喫煙を止められない人へ!


辛いつわりについて
  1. つら〜い”つわり”はいつまで続くの?
  2. ”つわり”を乗り切る5つの対処法
  3. つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!
  4. つわりは赤ちゃんが元気な証拠…は嘘?


働くお母さんへ
  1. つわりが辛い…!妊娠初期の仕事との付き合い方
  2. 産休中も手当てがもらえる出産手当金について
  3. 産休中の給料減…赤ちゃん用品や生活費の節約方法
  4. いつから産休に入るか悩んでいる人へ!産休の取り方
  5. 産休に入るための正しい挨拶方法


赤ちゃんに起こる症状
  1. 赤ちゃんの鼻詰まり解消方法
  2. 夜泣きとの上手な付き合い方
  3. 赤ちゃんはいつから外出してOK?初めての外出の注意点
  4. 新生児の授乳間隔のどれぐらいがベストなの?
  5. 赤ちゃんの顔にできる乳児湿疹の原因と対処法
  6. 赤ちゃんの肌がボロボロに!乳児湿疹の原因と改善策
  7. 新生児がミルクをすぐに吐くその理由とは!?
  8. 赤ちゃんの夜泣きとの上手な付き合い方

スポンサーリンク



産後 悪露 子宮回復
妊娠から出産まで!元気な赤ちゃんを産むための過ごし方(ホーム)