新生児は38℃以上の熱があると危険だった…│子育てナビ

新生児 38℃以上熱 危険

 

新生児を始め、赤ちゃんの平熱は基本的に高め。大人の場合36℃代のことが多いですが、新生児は37℃代でもさほど気にしなくて良いでしょう。

 

ただし、その赤ちゃんによって平熱は違うので注意が必要。できれば毎日検温し、自分の子供の平熱がどれくらいか平均値を知っておくと安心です。

 

機嫌も良いし、変わったところはないけれど熱を測ったら37.5℃…これって風邪??と戸惑ってしまうことはよくあることなのです。

 

基本的にしっかりおっぱいやミルクを飲んでいて、惜しい子も出る、機嫌も悪くないのであれば37℃代の熱があっても許容範囲です。

 

夏場の気温の高いときは、赤ちゃんの体温も高くなりやすいので注意しましょう。風邪での発熱でなくても、熱中症などの可能性は高いのでお部屋の環境や服の枚数などに注意が必要です。

 

 

38℃以上の熱があると危険

 

新生児 38℃以上熱 危険

 

新生児の場合、発熱と呼べるのは38℃以上

 

しかし生後3ヶ月以上の赤ちゃんよりも危険度が高まります。夜間や小児科の休診日であっても、なるべく早く医師に診てもらう必要があります。

 

新生児は特に体温調節機能が未熟なので、発熱すると悪化しやすいのです。

 

もう少し大きくなった赤ちゃんの場合、様子を見て病院が開く時間を待ってもよいと言われますが、新生児の場合は夜間救急や当番医などに連れていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

新生児が発熱した場合、まず病院に行くための準備をします。その間、医師に正しく状況説明できるように経過を観察し、記録しておきましょう。

 

一番大事なのはお母さんが冷静に状況を把握すること。

 

その日は何度授乳して、どのくらいのペースで熱が上がったのか、うんちやおしっこの回数などを的確に医師に伝えられるようにしましょう。

 

また、新生児が発熱しているときは洋服の着せすぎや、布団のかけすぎに注意して下さい。熱のときは体を温め、汗をたくさんかいて放熱させなきゃ!と思うかもしれませんが、これは危険です。

 

新生児は体温調節がうまくできないので、温めすぎると熱がどんどんこもって体温上昇します。

 

熱が高くなってきたら薄着にさせて、布団の中や服の中に熱がこもらないように気をつけましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

また、おっぱいやミルクを普通どおりに飲めていれば問題ありませんが、あまり飲みたがらない場合脱水症状を起こす可能性があります。

 

イオン飲料や白湯など、飲みやすいものを少しずつ与えて水分補給をこまめに行いましょう。もちろん汗をかいたらすぐに着替えさせて、汗冷えを防ぐこともお忘れなく。

 

また、発熱している新生児は安静に寝かせておくことが大事です。「心配なので抱っこしていたい」という気持ちも分かりますが、抱っこしていると熱がこもってしまいますし、ゆらゆらすることで体に負担となります。

 

ベッドや布団に寝かせて安静にしておきましょう。

 

 

熱と共に出る危険な症状とは

 

新生児 38℃以上熱 危険

 

機嫌が特別悪くなく、おっぱいやミルクを普通に飲めるのであれば、熱があってもそれほど緊急性はないでしょう。(ただし病院にはすぐ連れていきましょう)

 

しかし、以下のようなし症状が発熱と共に見られるときは要注意

 

  • 何度も吐く
  • 痙攣があった
  • 顔色が悪くぐったりしている
  • 呼吸が早くなる

 

このような症状があるときは、すぐに夜間救急を受診するか救急車を呼びます。

 

新生児は病状の進行が早いので、グズグズしていると危険度が高まってしまうこともあります。

 

特に低月齢での熱性痙攣は危険ですし、3ヶ月以上の赤ちゃんでも5分以上続く痙攣はとても危険度が高いと言われています。

 

もしもすぐに病院へ行ける状況でなければ、躊躇せず救急車を呼んで下さい。

関連記事(一部広告)


人気記事ランキング
  1. 妊娠中に起こる腰痛の原因と改善方法
  2. 立ち会い出産のメリットとは?
  3. 出産が怖い女性はイメージトレーニングで乗り切ろう!
  4. 妊娠と着床出血のウソ・ホント
  5. 出産後の生理はいつから始まる?
  6. 流産後の妊娠はいつから大丈夫?
  7. 食欲をセーブする3つの方法
  8. 飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?
  9. 子供の発熱に関するQ&A
  10. 妊婦さんのストレス発散…!みんなはどうしてる?


出生前診断について
  1. ザックリわかりやすく!出生前診断の種類・概要・受ける時期
  2. 【実体験】絨毛検査と費用
  3. 【実体験】初期・中期胎児ドッグと費用


妊娠中・産後の症状について
  1. 妊娠中の感染に気を付けて!サイトメガロウイルスって何?
  2. 妊婦さんはお寿司を食べていいの?嘘?ホント?
  3. 凄すぎる出産!妊娠に気付かない女性
  4. 妊娠中の性病は危険!性病の母子感染リスク
  5. 産後の腹痛は危険だった
  6. 産後うつと育児ノイローゼの症状の違い
  7. 産後の気になる”出血”のあれこれ
  8. 出産後の生理はいつから始まる?生理痛の変化
  9. 産後の生理不順との付き合い方≪原因や解消法≫


気をつける重要な事
  1. 食事で気をつける重要な事
  2. 食欲をセーブする3つの方法
  3. 妊娠中のカフェインは危険!?
  4. 飲酒・喫煙を止められない人へ!


辛いつわりについて
  1. つら〜い”つわり”はいつまで続くの?
  2. ”つわり”を乗り切る5つの対処法
  3. つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!
  4. つわりは赤ちゃんが元気な証拠…は嘘?


働くお母さんへ
  1. つわりが辛い…!妊娠初期の仕事との付き合い方
  2. 産休中も手当てがもらえる出産手当金について
  3. 産休中の給料減…赤ちゃん用品や生活費の節約方法
  4. いつから産休に入るか悩んでいる人へ!産休の取り方
  5. 産休に入るための正しい挨拶方法


赤ちゃんに起こる症状
  1. 赤ちゃんの鼻詰まり解消方法
  2. 夜泣きとの上手な付き合い方
  3. 赤ちゃんはいつから外出してOK?初めての外出の注意点
  4. 新生児の授乳間隔のどれぐらいがベストなの?
  5. 赤ちゃんの顔にできる乳児湿疹の原因と対処法
  6. 赤ちゃんの肌がボロボロに!乳児湿疹の原因と改善策
  7. 新生児がミルクをすぐに吐くその理由とは!?
  8. 赤ちゃんの夜泣きとの上手な付き合い方

スポンサーリンク



新生児 38℃以上熱 危険
妊娠から出産まで!元気な赤ちゃんを産むための過ごし方(ホーム)