産休に入る女性へおすすめプレゼントとNGプレゼント

産休 プレゼント おすすめ

 

職場の上司や同僚、後輩などがいよいよ産休に入るようだ・・・!

 

励ましや応援の気持ちで、何かプレゼントをしたいと考えている人も多いのでは?

 

ただ、その品物選びがけっこう難しいんですよね。値段の相場や、連名にするか個人にするかを悩んでいる人も。

 

どんなプレゼントなら、相手に喜ばれるのでしょう?マナーや実用性なども考慮して考えたいものです。

 

 

赤ちゃん用品はNG!

 

産休 プレゼント おすすめ

 

意外に知らない人が多いのは、赤ちゃんが生まれる前にベビー用品をプレゼントしてはいけないこと。

 

これは、マナー違反になってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

 

なぜかというと、出産に絶対安全という保証がないからです。絶対に赤ちゃんが無事に生まれてくるとは限らないということ。

 

赤ちゃん用品のプレゼントは、産休ではなく出産後に贈るのが鉄則です。

 

 

彼女自身が使えるもの、産休中に使えそうなもの

 

赤ちゃん用品がNGとなると、やっぱり産休に入る彼女自身が使えるものが良いのでは。

 

妊娠中はお腹や足元を冷やしてはいけないので、ひざかけや靴下、羽織ものなど・・・。

 

あとは、マタニティ用のハーブティーや、ノンカフェインのコーヒーなどもプレゼントに喜ばれます。

 

 

メッセージカードや、色紙など

 

物をプレゼントするとなると、やっぱり相手の方は「お返し」を考えると思います。

 

こちらの気持ちを伝えたいけれど、これから出産で忙しくなる相手にお返しの心配をさせるのもちょっと・・・。

 

そんな風に心配しているなら、メッセージカードや色紙などの簡単なプレゼントでも良いと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

メッセージカードや色紙にお返し・・・というのはまずないですよね。産休のプレゼントというのは、「出産頑張って!」「赤ちゃん楽しみにしています!」という気持ちを伝えるためですよね。

 

それをそのままストレートに、メッセージとして送るのもかなり良いプレゼントだと思いますよ。

 

 

食事などの”形のないもの”もアリ

 

プレゼントを贈ると、相手も気を遣ったりお返しの心配をしたりするもの。そこで、形のないプレゼントをするというのもアリだと思います。

 

例えば職場の仲間で、ランチしたり、食事会の計画なんかも良いですね。出産後は、ゆっくり食事をしたり美味しいものを食べにいくこともなかなかできなくなります。

 

そういった意味で、食事のプレゼントというのもかなり喜ばれると思います。食事のプレゼント+楽しい時間のプレゼントということにもなりますね。

 

 

そもそも、産休にプレゼントはなし!という意見も

 

様々な意見があると思いますが、中には産休でのプレゼントは必要ないという意見もあるようですね。

 

何か贈るのであれば、産休から復帰したときに「出産祝い」として送る方が無難だという声も多数。

 

確かに、産休に入るのは「お祝い」ではありませんので、選べる品物も限られてしまいます。

 

出産祝いで贈るのであれば、ベビー用品や花束なども加わって選択肢の幅も広がるでしょう。贈る側としてもプレゼントを選びやすいですね。

 

ただ、出産経験のある筆者から言わせてもらえば、産休に入るときに何かしらのサプライズがあったら、かなり嬉しいと思いますね。

 

妊娠や出産はプライベートなことですし、それによって職場に迷惑をかけてしまっているという負い目を感じている人もいるはず。

 

しかし、「出産頑張って!」という応援を、言葉だけ出なく「贈り物」として受け取るのはとてもありがたく感じると思います。

 

産後に職場復帰するのも楽しみになりますし、仕事もプライベートも充実していると実感できるはずなので、贈って損をするということはないと思いますよ。

関連記事(一部広告)


人気記事ランキング
  1. 妊娠中に起こる腰痛の原因と改善方法
  2. 立ち会い出産のメリットとは?
  3. 出産が怖い女性はイメージトレーニングで乗り切ろう!
  4. 妊娠と着床出血のウソ・ホント
  5. 出産後の生理はいつから始まる?
  6. 流産後の妊娠はいつから大丈夫?
  7. 食欲をセーブする3つの方法
  8. 飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?
  9. 子供の発熱に関するQ&A
  10. 妊婦さんのストレス発散…!みんなはどうしてる?


出生前診断について
  1. ザックリわかりやすく!出生前診断の種類・概要・受ける時期
  2. 【実体験】絨毛検査と費用
  3. 【実体験】初期・中期胎児ドッグと費用


妊娠中・産後の症状について
  1. 妊娠中の感染に気を付けて!サイトメガロウイルスって何?
  2. 妊婦さんはお寿司を食べていいの?嘘?ホント?
  3. 凄すぎる出産!妊娠に気付かない女性
  4. 妊娠中の性病は危険!性病の母子感染リスク
  5. 産後の腹痛は危険だった
  6. 産後うつと育児ノイローゼの症状の違い
  7. 産後の気になる”出血”のあれこれ
  8. 出産後の生理はいつから始まる?生理痛の変化
  9. 産後の生理不順との付き合い方≪原因や解消法≫


気をつける重要な事
  1. 食事で気をつける重要な事
  2. 食欲をセーブする3つの方法
  3. 妊娠中のカフェインは危険!?
  4. 飲酒・喫煙を止められない人へ!


辛いつわりについて
  1. つら〜い”つわり”はいつまで続くの?
  2. ”つわり”を乗り切る5つの対処法
  3. つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!
  4. つわりは赤ちゃんが元気な証拠…は嘘?


働くお母さんへ
  1. つわりが辛い…!妊娠初期の仕事との付き合い方
  2. 産休中も手当てがもらえる出産手当金について
  3. 産休中の給料減…赤ちゃん用品や生活費の節約方法
  4. いつから産休に入るか悩んでいる人へ!産休の取り方
  5. 産休に入るための正しい挨拶方法


赤ちゃんに起こる症状
  1. 赤ちゃんの鼻詰まり解消方法
  2. 夜泣きとの上手な付き合い方
  3. 赤ちゃんはいつから外出してOK?初めての外出の注意点
  4. 新生児の授乳間隔のどれぐらいがベストなの?
  5. 赤ちゃんの顔にできる乳児湿疹の原因と対処法
  6. 赤ちゃんの肌がボロボロに!乳児湿疹の原因と改善策
  7. 新生児がミルクをすぐに吐くその理由とは!?
  8. 赤ちゃんの夜泣きとの上手な付き合い方

スポンサーリンク



産休 プレゼント おすすめ
妊娠から出産まで!元気な赤ちゃんを産むための過ごし方(ホーム)