双子がGCU(継続保育室)へ!母子同時退院の条件

双子,出産,GCU,母子同室,同時退院GCU

【2100gで生まれたお姉ちゃん 生後2日目】

 

出産後、双子が身体を綺麗にしてもらったところで「体重はどれくらいありますか?」

 

と聞いたら準備してくれていた体重計で測って教えてくれました。

 

私が体重を気にしていたので事前に見易いように体制を整えてくれていました。

 

女男の双子ですが、体重はお姉ちゃんが2100gで弟が2250gくらいでした。

 

妊娠週数(36週5日)から考えると体の機能は出来ているはずですけど、特に2100gの子はとてもとても小さくて、少し怖くなるぐらいでした。

 

早産で2000gを切って生まれてくる赤ちゃんの話等をたまに耳にしますが、とても危険だろうなと改めて感じさせられました。

 

スポンサーリンク

 

出産後しばらくすると双子はGCU(継続保育室)に移動していきました。

 

実は管理入院中の診察で、

 

「赤ちゃんの体重が2300g以上なら、出産後赤ちゃんと同室で一緒に退院できますが、どうやら2300gに足りなさそうです。1人はほぼ確実にNICU(新生児集中治療室)かGCU(継続保育室)へ入ることになり、もしかしたら2人共入るかも・・・」

 

という話を医師から聞いていたので、無事に産ませてくださったことに感謝しつつ、一緒に帰ることはできない(同時退院できない)のか〜と思った程度でした。

 

呼吸機能次第で行き先が変わるけど産まれてみないと分からない」とも言われていたのでNICUではなくGCUだった事は嬉しかったです。

 

その後、私は個室で寝たきり状態でしたが、夫はGCUに呼ばれて双子の入院に関するとてもたくさんの書類にサインしたらしいです。

 

「2人分やからとにかく多かった。住所やら名前やら8枚は書いたぞ!手痛ぁ〜」とのこと。

 

何のサインか全く覚えてないみたいで全く頼りにならん!

 

また、双子の入院にあたり別世帯の連帯保証人のサインも必要でした。

 

提出は後日でOKでしたが、「できるだけ早く提出してください」と言われました。

 

幸い私は義親が隣町に住んでいるので、2〜3日後には提出できました。

 

実家や親戚が遠い方は郵送のやり取りとかになるのかな?

 

なかなか大変かと思いますが、頻繁にあることでもないですしね!

 

 

私の病院の場合、2300g以上なら母子同室で同時退院出来る

 

深刻な未熟の場合NICU(新生児集中治療室)に入る

 

単なる低体重の場合等はGCU(継続保育室)に入る

 

スポンサーリンク

 

3週間のGCU生活

 

GCUでは看護士さんや先生は、双子のお姉ちゃんを『1子(いちこ)ちゃん』、弟を『2子(にこ)ちゃん』と呼んでくれていました。

 

記事トップの写真は足に『@』と書いてあるので、お姉ちゃんの写真ですね。

 

双子は生後3週間GCUに入院していました。

 

私は36週6日での出産だったので、体重は少ないものの2人共、呼吸や体温調整等は自力でできる状態でした。

 

保育器の利用はありませんでしたが、出生時に2人共『低血糖』だったので2〜3日間点滴をしていました。

 

最初は小さいので体力がなく、会いに行ってもほとんど寝ていて、ミルクをあげていてもいつも途中で寝てしまう状態でした。

 

1回のミルク量は20mlと少ないのに、飲みきるまでにすごく時間がかかっていました。

 

日を追うごとにミルク量は増えていき、退院時には70〜80mlを飲むくらいになっていました。

 

産まれてすぐの時は、皮下脂肪が少なく折れてしまいそうで抱くのも怖い感じでしたが、3週間後の退院時には

  • 姉 2100g→2500g台
  •  

  • 弟 2250g→2600g台

 

にまで増えていて、生まれてすぐの時よりもややふっくらとして赤ちゃんっぽさが増していました♪