ここしかない!双子もクリフムでの出生前診断を固く決意!

双子,出生前診断,クリフムクリフム

 

私は結婚前から『もし妊娠したら自分の年齢に関わらず絶対に出生前診断を受けたい』という考えでした。

 

理由は、私の実姉に第一級の障害があり、その苦労を見てきたし、私自身も家族の一員として体験してきたからです。

 

そして、自分の子供にも障害がでるかもしれないという漠然とした不安があったからです。

 

ただ、両親から「姉は出生時の処置遅れが原因で脳性まひになった」と聞いており、

 

親族には他に障害がある人がいない事からも遺伝の可能性は低いとは思っていたし、自分で色々と調べてみたりもしましたが両親の話は本当なんだろうなとも思っています。

 

スポンサーリンク

 

初めての妊娠!産婦人科でクリフムのパンフレットをもらう

 

長女を妊娠した時に産婦人科の先生に出生前診断について相談しました。

 

 

お腹の赤ちゃんの障害が気になるんですが・・・


 

あなたの年齢と血縁者のことから考えて、そんなに心配いらないと思います。でも気になるのなら調べたらいいですよ。


 

はい、気になるので調べたいです!


 

ここなら誰でも出生前診断を受けれますよ。


 

といったやりとりのあと、先生から『クリフム夫律子マタニティドッグ』のパンフレットをもらいました。

 

産婦人科の担当の先生の事は信頼していたので、何も疑うことなくクリフム夫律子マタニティドッグに電話をかけ予約し、

 

初期胎児ドッグ (【番外編】長女のクリフム初期胎児ドッグ!)

 

絨毛検査 (【番外編】長女のクリフム絨毛検査!)

 

中期胎児ドッグ (【番外編】長女のクリフム中期胎児ドッグ!)

 

を受けました。

 

産婦人科の先生に言われるがまま来院したのですが、全ての検査が終わった後、もしも、また赤ちゃんを妊娠したら必ずクリフムで出生前診断を受けようと固く決意していました。

 

それから2年が経ち双子を授かったわけですが、決意は揺るぐことなく同院で出生前診断を受けました。

 

 

どんな病院?待ち時間は?クリフムで検査を受ける為の条件

 

後々調べて知りましたが、同院は専門性が高く、出生前診断を受けるならココ!というくらいに有名で、遠方の人も多く来院している病院でした。

 

希望すれば誰でも検査してもらえますが、下記の条件がありました。

 

胎児ドックを受けずに、確定検査(絨毛・羊水検査)は受けられない

 

夫婦で胎児ドッグの結果を聞きに来られない場合は、確定検査は受けられない

 

いきなり確定検査だけを受けることができないのは、『胎児を診ずに胎児を診断するのはありえない』という院長の方針で、個人的にとても好感を持ちました。

 

確定検査結果を『夫婦で聞く』という当たり前のようなことが条件なのもいいな〜と思いました。

 

結果だけなら(妊婦)一人でもいいでしょ』と思ってしまう人もいると思うのですが、

 

受ける検査内容を考えたら夫婦で聞くべきだと思います。

 

スポンサーリンク

 

院長先生(女性)はハキハキとした印象で気さくに話しかけてくれ、個人的にも好きな雰囲気の方でした。

 

未知の世界の検査を受けるにあたり、とても安心できて、ほんとめちゃくちゃ頼もしいですよ(笑)

 

 

また、クリフムで検査を受けるには事前に電話での予約が必要です。

 

予約時間に呼ばれる時もあれば、待ち時間がとても長くなる時もあります。

 

補助的な前検査や準備などは助手の方が行うのですが、胎児ドックや確定検査は院長先生1人が行います。

 

検査時に赤ちゃんの位置やポーズがよくない場合診断できないので、妊婦さんが食事や散歩にでて時間を空けた後、再検査になることもあります。

 

例えばの話しですが、10分15分検査を行ったがどうにも赤ちゃんの場所が悪い・・・午後から再検査しましょうとなれば、午後に予約を入れている人の検査が遅れる可能性がありますよね?!

 

赤ちゃんの位置というのは妊婦さんにはどうしようもないことなので、予約時間になっても呼ばれないことがあるというのは仕方ないと思います。

 

場合によってはカウンセリングを院長先生が担当することもあるようなで、その間は検査が一時的にストップしている状態な事もあるのではないかな〜と、思ったり思わなかったり・・・長時間待ちの時には色々と内部事情の事まで勝手に妄想してしまいます。

 

数時間待ちというのは確かに何度かはありましたが、出生前診断は長期間通院するというものでもないし、早い安いの牛丼屋でもありませんので、私はいつも丸一日潰すつもりで行っていました。

 

なぜこんな事を長々と書くのかというと・・・・ウン時間待ちが発生していた日に廊下で「予約の意味ないやん。」といったご夫婦の愚痴を何度か聞いているからです(笑)

 

愚痴りたくなる気持ちは分からないでもないですが、やはり検査を受ける側がそれらを理解した上で待ち時間はあるものだと余裕をもって来院する必要があります。

 

あなたが再検査になって他の患者さんを待たせる可能性も十分あるのですよーー!!

 

スポンサーリンク

 

双子も必ず同院で出生前診断を受けようと決意した理由

 

前項で色々と書いてきましたが、今回の双子もクリフムで受けさせたいと思った理由を箇条書きにしました。

 

  • 上述した院長の考え方にとても共感できる
  •  

  • 院長のエコーがとても上手
  •  

  • エコー中の院長の説明はとても気さくにハキハキ話してくれてわかりやすい
  •  

  • お腹の赤ちゃんの各部位の計測中の院長がテキパキですご過ぎる
  •  

  • 初期ドッグ後のカウンセラーのカウンセリングに好感が持てた
  •  

  • 絨毛検査・中期ドッグ後の副院長のカウンセリングに好感が持てた

 

一言でいうと実際に検査を受けて、私の様な素人でも病院として信頼できるとひしひし感じたからです。

 

 

待ち時間に関しては、私達は各自、本を持参(長女に読み聞かせる絵本も)して読書していたので全く気になりませんでした。

 

また、子供連れの方もたくさんおります。

 

私は利用しませんでしたが、同ビルの別階に子供が遊べる施設があり、そこの無料券を受付でもらったのを覚えています。。

 

スマホ以外にも待ち時間対策になるものを各自持っていったり、考えたりしておこう♪