妊娠から出産までにかかる費用あれこれ

出産 出産 費用

 

出産費用というのは、主に産婦人科で分娩をするときの費用と考えている人が多いのではないでしょうか。

 

しかし実際にかかるお金というのは、陣痛がきて入院してから退院するまでだけではありません。妊娠から出産、一通りの育児生活を不自由なく過ごす準備までの全体の費用のことを言います。

 

例えば、最初にかかる「妊婦健診」のためのお金も必要ですし、自分の体に合ったマタニティ用品も必要です。もちろん、産まれてくる赤ちゃんのためのグッズを揃える費用も。

 

これら全体をまとめて、平均50万円〜100万円がかかると言われています。

 

 

妊婦健診にかかる費用

 

これは市町村によって異なるので、不安な点は市役所保健センターなどに問い合わせてみましょう。

 

多くの場合、健診で使用できる無料券・補助券がもらえるようになっています。

 

母子手帳の交付と共にこの券がもらえるので、それまでの受診は実費だと思っておいた方が良いですね。初回〜2回目くらいまでは実費、血液検査にかかる費用が実費となることもあります。

 

予定日を過ぎてもまだ陣痛が起こらず、病院を受診する場合も実費での診察になります。

 

予定日を過ぎると毎日健診に行かなければならないケースもあるので、お財布事情は厳しくなるかも・・・?

 

スポンサーリンク

 

産婦人科で請求される出産費用は、その産院によって異なります。

 

総合病院などの場合比較的低価格で出産することができますが、個人の産婦人科では40〜50万円の入院・分娩費用が必要です。

 

これに、無痛・和痛分娩、水中分娩などの特殊なお産費用が上乗せされる産院も増えてきていますね。

 

分娩の時間が深夜、休日などになった場合も追加料金が発生する産院が多いもの。こればかりは妊婦の意志で選ぶことはできないので、少々痛いところです。

 

 

出産育児一時金を使おう

 

出産 出産 費用

 

そこで心強いのは、「出産育児一時金」の支給です。これは日本国内で健康保険に加入している人なら誰でももらうことができます。

 

平成21年から42万円に金額が引き上げられ、これで産婦人科から請求される出産費用のほとんどを賄えるケースもあります。

 

医療機関によっては書類の申請をするだけで、健康保険組合から直接費用を入金してくれる「直接支払制度」というものも利用できます。

 

スポンサーリンク

 

被保険者が現金を手元に置かなくても良いので安心ですし、まとまったお金を工面できない場合にも助かります。

 

費用が42万円を超える金額だった場合、その差額を現金で医療機関に支払います。反対に42万円に満たない場合、その差額が被保険者に支払われることになります。

 

産婦人科でかかるのが、出産費用の中では大半を占めるかもしれませんね。しかし、中には赤ちゃんを迎えるのをきっかけに家を購入したり、車を買い替えたりするという家庭もあります。

 

厳密に言えば含まれないのかもしれませんが、出産を機に検討するべきことや変化することはたくさんあります。

 

出産後に不都合が生じたりすることのないよう、準備の段階からしっかりとお金の管理と計画をしておく必要はあると思いますよ。

 

他にこんな記事も読まれています





スポンサーリンク


出産と育児を10倍楽しむ方法



出産 出産 費用
妊婦さんは妊娠後期まで葉酸が必要だった!


人気記事ランキング
  1. 自宅出産は本当に大丈夫?メリットやデメリットは?
  2. 立ち会い出産のメリットとは?
  3. 出産が怖い女性はイメージトレーニングで乗り切ろう!
  4. 妊娠と着床出血のウソ・ホント
  5. 水中出産のメリット・デメリット
  6. 妊娠中のカフェインは危険!?流産のリスクなど
  7. 食欲をセーブする3つの方法
  8. 飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?
  9. 子供の発熱に関するQ&A
  10. 妊婦さんのストレス発散…!みんなはどうしてる?


妊娠中の症状について
  1. 産後の腹痛は危険だった
  2. 産後うつと育児ノイローゼの症状の違い
  3. 産後の気になる”出血”のあれこれ
  4. 出産後の生理はいつから始まる?生理痛の変化
  5. 産後の生理不順との付き合い方≪原因や解消法≫


気をつける重要な事
  1. 食事で気をつける重要な事
  2. 食欲をセーブする3つの方法
  3. 妊娠中のカフェインは危険!?
  4. 飲酒・喫煙を止められない人へ!


辛いつわりについて
  1. つら〜い”つわり”はいつまで続くの?
  2. ”つわり”を乗り切る5つの対処法
  3. つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!
  4. つわりは赤ちゃんが元気な証拠…は嘘?


赤ちゃんに起こる症状
  1. 赤ちゃんの鼻詰まり解消方法
  2. 夜泣きとの上手な付き合い方
  3. 赤ちゃんはいつから外出が可能?
  4. 38℃以上の高熱を出したときの対処法
  5. 赤ちゃんの便秘に効果があるオリゴ糖とは?
  6. 赤ちゃんの虫刺されは甘く見ちゃダメ!
  7. 新生児がミルクをすぐに吐くその理由とは!?
  8. 赤ちゃんの夜泣きとの上手な付き合い方


出産 出産 費用
妊娠から出産まで!元気な赤ちゃんを産むための過ごし方


出産 出産 費用
妊婦さんの便秘対策No.1はオリゴ糖だった!