妊娠中に起こる腹痛で注意しなければいけない事

妊娠中 腹痛 注意

 

妊娠すると、お腹の中の環境は大きく変化します。そのため、お腹の違和感などを感じやすくなると思います。

 

中には危険な腹痛もあるので注意しましょう。さほど気にしなくても良い腹痛と、病院の受診の必要がある場合がありますのでしっかり見極めて下さいね。

 

それでは、妊娠中に起こる腹痛にはどのような種類があるのかを見ていきましょう。

 

 

子宮が広がるために起こる腹痛

 

早い人で妊娠初期ごろから、下腹部に鋭い痛みを感じることがあります。これは、子宮が大きくなっているとき、それを支えているじん帯が引っ張られるために起こる痛みです。

 

例えば急に動いたり、寝ているときに体勢を変えたりすときなどによく感じられる腹痛だと思います。普段、妊娠していないときには感じることのない感覚だと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

しかし、このような軽度の下腹部の痛みはそれほど気にしなくてOK。

 

あまりに激痛の場合は、妊娠経過に影響があるかもしれないので主治医に相談しましょう。

 

この種の腹痛への対処法は、無理な体勢をとならないことや無理な運動をしない。また体が疲れたり、お腹に違和感を感じたらすぐに休むことです。

 

 

腸の動きで起こる腹痛

 

妊娠中 腹痛 注意

 

妊娠したことで、便通に変化を感じている人も多いのではないでしょうか。

 

大きくなった子宮に押されて、胃腸の働きが鈍くなってしまうことはよくあります。このせいで、時折激しい腹痛に襲われることもあるでしょう。

 

便秘意外にも、下痢気味になったり便通のリズムが変わるなどの症状が現れることもあります。なるべく胃腸に優しいものを食べたり、乳酸菌製品など利用して腸内環境を整えるような工夫も必要かもしれません。

 

 

子宮収縮による腹痛

 

妊娠中期を迎えると、お腹の張りを感じるようになります。子宮がキューっと収縮して、何となく痛む状態を「お腹が張る」と言います。

 

この子宮収縮は陣痛と同じなので、痛みを感じる人も多いと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

これはあまり良くない腹痛状態なので、お腹が張ったら体が無理をしている証拠だと思って休みましょう。

 

お腹の張りは、切迫早産・切迫流産などの危険を伴うことも。無理をしすぎると入院することになる場合も多いので、くれぐれも注意して欲しいと思います。

 

 

切迫早産・切迫流産の危険性

 

妊娠中 腹痛 注意

 

妊娠22週未満の腹痛にともなう出血は非常に危険です。切迫流産といって、『流産の危険が迫っている状態』になります。腹痛があっても、自宅で安静にできれば問題ない場合もあります。

 

しかし、出血を伴う場合は危険度が更に上がりますので要注意。少量の出血が断続的にあるケースが多いですが、危険度が増すと出血量も増え、痛みが増すことも。

 

妊娠22週以降になると、切迫早産となります。正期産に入る妊娠38週未満までの間は早産という扱いになります。

 

これも切迫流産と同じで、腹痛と断続的にある出血が症状になります。気になることがあればすぐに病院を受診し、危険を防ぐよう心がけて下さい。

 

 

胎盤剥離にも

 

胎盤剥離とは、分娩の前に胎盤が子宮壁から剥がれ落ちてしまうことを言います。主に妊娠後期、分娩予定日が近くなってから起こることが多いようです。

 

これも切迫流産・切迫早産と同じで、腹痛出血を伴います。

 

そのほか、下腹部の圧迫感や硬直などの症状も見られ、特徴としては徐々に痛みが強くなってくること。最初は前駆陣痛かなぁ?という程度の痛みですが、規則的な痛みではなく、痛みっぱなし・張りっぱなしのような状態になります。

 

妊娠後期のおかしな腹痛には要注意。すぐに病院へ電話確認するか、受診しましょう!

関連記事(一部広告)


人気記事ランキング
  1. 妊娠中に起こる腰痛の原因と改善方法
  2. 立ち会い出産のメリットとは?
  3. 出産が怖い女性はイメージトレーニングで乗り切ろう!
  4. 妊娠と着床出血のウソ・ホント
  5. 出産後の生理はいつから始まる?
  6. 流産後の妊娠はいつから大丈夫?
  7. 食欲をセーブする3つの方法
  8. 飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?
  9. 子供の発熱に関するQ&A
  10. 妊婦さんのストレス発散…!みんなはどうしてる?


出生前診断について
  1. ザックリわかりやすく!出生前診断の種類・概要・受ける時期
  2. 【実体験】絨毛検査と費用
  3. 【実体験】初期・中期胎児ドッグと費用


妊娠中・産後の症状について
  1. 妊娠中の感染に気を付けて!サイトメガロウイルスって何?
  2. 妊婦さんはお寿司を食べていいの?嘘?ホント?
  3. 凄すぎる出産!妊娠に気付かない女性
  4. 妊娠中の性病は危険!性病の母子感染リスク
  5. 産後の腹痛は危険だった
  6. 産後うつと育児ノイローゼの症状の違い
  7. 産後の気になる”出血”のあれこれ
  8. 出産後の生理はいつから始まる?生理痛の変化
  9. 産後の生理不順との付き合い方≪原因や解消法≫


気をつける重要な事
  1. 食事で気をつける重要な事
  2. 食欲をセーブする3つの方法
  3. 妊娠中のカフェインは危険!?
  4. 飲酒・喫煙を止められない人へ!


辛いつわりについて
  1. つら〜い”つわり”はいつまで続くの?
  2. ”つわり”を乗り切る5つの対処法
  3. つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!
  4. つわりは赤ちゃんが元気な証拠…は嘘?


働くお母さんへ
  1. つわりが辛い…!妊娠初期の仕事との付き合い方
  2. 産休中も手当てがもらえる出産手当金について
  3. 産休中の給料減…赤ちゃん用品や生活費の節約方法
  4. いつから産休に入るか悩んでいる人へ!産休の取り方
  5. 産休に入るための正しい挨拶方法

スポンサーリンク



赤ちゃんに起こる症状
  1. 赤ちゃんの鼻詰まり解消方法
  2. 夜泣きとの上手な付き合い方
  3. 赤ちゃんはいつから外出してOK?初めての外出の注意点
  4. 新生児の授乳間隔のどれぐらいがベストなの?
  5. 赤ちゃんの顔にできる乳児湿疹の原因と対処法
  6. 赤ちゃんの肌がボロボロに!乳児湿疹の原因と改善策
  7. 新生児がミルクをすぐに吐くその理由とは!?
  8. 赤ちゃんの夜泣きとの上手な付き合い方



厳選8記事】妊娠中〜0歳児のお母さん必見!
妊娠中 腹痛 注意
夜泣き・ダダこねさようなら〜!0歳からの幼児教育


双子専門サイト
妊娠中 腹痛 注意
双子の妊娠・出産から育児まで!双子ママのあれこれ体験談まとめ



妊娠から出産まで!
妊娠中 腹痛 注意
ママが元気な赤ちゃんを産むための過ごし方(全記事一覧)