赤ちゃんが38℃以上の高熱を出したときの正しい対処法

赤ちゃん 高熱 対処法

 

赤ちゃんの高熱は38.0℃以上のこと、37.5℃以上ならば発熱(微熱)と言います。

 

赤ちゃんは基本的に体温が高めなので、大人の感覚で高熱だと思ってもそれほど心配がないことも多いです。

 

中には37℃を超えると慌ててしまうお母さんもいますが、その赤ちゃんの平熱にもよりますし時間帯にもよります。

 

心配な気持ちは分かりますが、赤ちゃんの機嫌が悪くなければ38℃までは様子を見ても大丈夫だと考えて良いでしょう。

 

 

毎日の検温が大事!

 

赤ちゃん 高熱 対処法

 

赤ちゃんの高熱や体調の変化にいち早く気付くには、普段の平熱を知っておくことが大事です。毎日決まった時間に検温をし、平熱を把握しておきましょう。

 

また、小さいうちは1日の中でも気温や活動量などによって1℃くらいの変動があるものです。毎日でなくても構いませんが、気付いたときに朝・昼・晩の体温を測ってメモしておくと良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

体温の変動は大人と一緒で、明け方から朝にかけてが最も低くなります。昼までに少しずつ上がり、夕方から夜にかけては最も体温が高くなるとき。

 

もちろん、入浴後や気温の高い猛暑日などは体温も高くなりやすいでしょう。

 

 

赤ちゃんが38℃以上の高熱を出したらどうする?

 

赤ちゃんの体温を測ったら、38℃越え!これはすぐに病院に連れて行った方が安心でしょう。

 

インフルエンザなどの感染症は突然高熱が出るという特徴があります。

 

スポンサーリンク

 

 

抱っこをしていればよく分かると思いますが、ベッドなど離れた場所で寝ていると気付くのが遅くなることも。

 

お世話の際は首、脇の下、足の付け根などの動脈を触って温度を確かめる習慣を付けましょう。

 

熱い夏に増えている熱中症なども、突然高熱を出すことがあります。体の小さな赤ちゃんは熱中症にもなりやすいため、気温の高い日は特に高熱に注意して下さい。

 

 

赤ちゃんの機嫌が悪いなら受診を

 

赤ちゃん 高熱 対処法

 

赤ちゃんの機嫌が良くない、でも体温を測ったら普段より少し高め・・・。このくらいの変化だと受診するかどうか迷うお母さんも多いかもしれませんね。

 

しかし、機嫌が明らかに良くないと思ったら何かしらの症状を感じていると思ってあげましょう。これから徐々に高熱が出てくるサインである可能性もあるので、早めに対応しておくと安心です。

 

診療時間内ですぐに病院に行ける状態であれば、迷わず受診をしましょう。

 

夜間や休日などは電話で状態説明をしたり、小児救急医療電話相談事業(#8000)などのサービスを利用して様子をみても構いません。

 

 

解熱剤の使用について

 

赤ちゃん 高熱 対処法

 

高熱が出ると、「赤ちゃんの脳に障害が出るかも?」「体力を消耗してしまうかも?」と焦ってしまうお母さんも多いですね。

 

しかし、高熱が出たからと言って無闇に解熱剤を飲ませるのは良くないと言われています。

 

病院では38.2℃〜38.5℃以上になったら飲ませても良いとか、苦しそうだったら飲ませて良いなどと指導を受けることも多いでしょう。その指示には必ず従って下さい。

 

慣れているお母さんだと、前回の風邪でもらった解熱剤を取っておき、高熱が出たら自分で判断してすぐに飲ませるということもよくあります。

 

しかしやたらに解熱剤を使用すると、防御する力がつかないので治りが遅くなることも考えられます。

 

また、何度も使用したり容量を誤ったりすることで、赤ちゃんがショック状態に陥る危険性も指摘されています。高熱が出たら必ず病院へ行き、解熱剤使用の目安を相談して下さい。

 

高熱は体が菌と闘っている証拠なので、安易に下げてしまうと抵抗力の弱い体質になったりするとも言われているんですよ。

関連記事(一部広告)


人気記事ランキング
  1. 妊娠中に起こる腰痛の原因と改善方法
  2. 立ち会い出産のメリットとは?
  3. 出産が怖い女性はイメージトレーニングで乗り切ろう!
  4. 妊娠と着床出血のウソ・ホント
  5. 出産後の生理はいつから始まる?
  6. 流産後の妊娠はいつから大丈夫?
  7. 食欲をセーブする3つの方法
  8. 飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?
  9. 子供の発熱に関するQ&A
  10. 妊婦さんのストレス発散…!みんなはどうしてる?


出生前診断について
  1. ザックリわかりやすく!出生前診断の種類・概要・受ける時期
  2. 【実体験】絨毛検査と費用
  3. 【実体験】初期・中期胎児ドッグと費用


妊娠中・産後の症状について
  1. 妊娠中の感染に気を付けて!サイトメガロウイルスって何?
  2. 妊婦さんはお寿司を食べていいの?嘘?ホント?
  3. 凄すぎる出産!妊娠に気付かない女性
  4. 妊娠中の性病は危険!性病の母子感染リスク
  5. 産後の腹痛は危険だった
  6. 産後うつと育児ノイローゼの症状の違い
  7. 産後の気になる”出血”のあれこれ
  8. 出産後の生理はいつから始まる?生理痛の変化
  9. 産後の生理不順との付き合い方≪原因や解消法≫


気をつける重要な事
  1. 食事で気をつける重要な事
  2. 食欲をセーブする3つの方法
  3. 妊娠中のカフェインは危険!?
  4. 飲酒・喫煙を止められない人へ!


辛いつわりについて
  1. つら〜い”つわり”はいつまで続くの?
  2. ”つわり”を乗り切る5つの対処法
  3. つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!
  4. つわりは赤ちゃんが元気な証拠…は嘘?


働くお母さんへ
  1. つわりが辛い…!妊娠初期の仕事との付き合い方
  2. 産休中も手当てがもらえる出産手当金について
  3. 産休中の給料減…赤ちゃん用品や生活費の節約方法
  4. いつから産休に入るか悩んでいる人へ!産休の取り方
  5. 産休に入るための正しい挨拶方法


赤ちゃんに起こる症状
  1. 赤ちゃんの鼻詰まり解消方法
  2. 夜泣きとの上手な付き合い方
  3. 赤ちゃんはいつから外出してOK?初めての外出の注意点
  4. 新生児の授乳間隔のどれぐらいがベストなの?
  5. 赤ちゃんの顔にできる乳児湿疹の原因と対処法
  6. 赤ちゃんの肌がボロボロに!乳児湿疹の原因と改善策
  7. 新生児がミルクをすぐに吐くその理由とは!?
  8. 赤ちゃんの夜泣きとの上手な付き合い方

スポンサーリンク



赤ちゃん 高熱 対処法
妊娠から出産まで!元気な赤ちゃんを産むための過ごし方(ホーム)