赤ちゃんの「目やに」の正しい拭き取り方

赤ちゃん 目やに 拭き取り方

 

赤ちゃんの目に、しつこい目やにが張り付いてしまっている…風邪?ばい菌?不安になるお母さんも多いでしょう。基本的に、目やにはよくあることなので、緊急性を伴う病気である可能性は低いでしょう。

 

しかし、まつ毛にくっついて目が開きにくくなったり、目の中に入ってしまったりするのでしっかり取り除いてあげることが大事です。風邪をひくことで目やにが出やすくなっているというケースもあります。

 

まつ毛の長い赤ちゃんや、まだ目が開きにくい新生児の場合、下まつ毛が目に入って涙目になってしまうこともあるようです。

 

いずれにせよ、ある程度はホームケアで改善できるもの。長引いたり、ひどくなってきたと不安になったら小児科に行ってみましょう。

 

 

目やにの拭き取り方

 

赤ちゃん 目やに 拭き取り方

 

目やにが気になるときは、こまめに拭き取ってあげることが大事です。ケアをする前は、お母さんは手をしっかり洗って清潔な状態にしておきましょう。

 

清浄綿や清潔なガーゼを濡らしたもの、麺棒などを使って取り除きます。目頭から目じりにかけて、横に流すように拭き取ってあげるときれいに取れやすいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

同じ面で何度も拭かないのがポイントです。拭く度に面を変えてあげないと、細菌が逆戻りしてしまうので効果がなかったり、逆効果になってしまいますので注意しましょう。

 

安全な場所であれば、乾いた麺棒をくるくる回しながら目やにを絡め取ってあげましょう。赤ちゃんが嫌がって突然動くこともあるので、最善の注意を払って慎重に行います。

 

 

ホームケアで良くならない場合は?

 

お母さんがこまめに拭き取ってあげても目やにが改善しない場合は、小児科か眼科を受診しましょう。新生児の場合は小児科の方が安心かもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

 

点眼薬を処方してもらうことができますので相談してみましょう。赤ちゃんに目薬をさすのはちょっと怖いかもしれませんが、頑張って下さい。

 

ポイントは、赤ちゃんが泣き止んでいるときに点眼すること。泣いているときに点眼しても、涙と一緒に流れてしまうので効果が薄くなってしまうことがあります。機嫌の良いときにサッと済ませましょう。

 

目薬を指す前も、お母さんはしっかり手を洗って下さいね。こぼれた目薬の液は、清潔なガーゼやティッシュで拭き取りましょう。

 

 

風邪の症状の場合も

 

赤ちゃん 目やに 拭き取り方

 

鼻水や咳などの風邪症状と共に目やにが出ている場合、「感染性結膜炎」の可能性もあります。大人でも、風邪をひくと寝起きに目やにがひどくなったりしますよね?

 

風邪による目やには、まず風邪を治してあげなければいけないので、目やにはとりあえず丁寧に拭き取ってあげるようにしましょう。

 

鼻水が鼻涙管という鼻と目を繋ぐ管を通って、目に出ている状態のことが多いです。

 

鼻詰まりがひどい場合は小児科や耳鼻科で、鼻水を吸いとってもらいましょう。鼻の症状が治ってくると、自然と咳や目やになどのその他の風邪症状も軽減してきます。

 

 

充血して涙が出る場合

 

赤ちゃんに目やにだけでなく、充血や涙目などの症状がある場合、結膜炎を起こしている可能性があります。結膜炎は風邪などからくることが多いのですが、それほど慌てる心配はありません。

 

軽度であれば、目やにをしっかり拭き取って清潔にしていれば自然と治ることがほとんどです。しかし、異常に痒がったり不快感を感じているようでしたら、点眼薬を処方してもらいましょう。

 

結膜炎は感染するものなので、赤ちゃんの目やにや涙を触った手で自分の顔などを触らないように注意するべきでしょう。

 

お世話をする前、終わった後の手洗いを徹底し、同じタオルを使わないなどの対策をとって下さい。

関連記事(一部広告)


人気記事ランキング
  1. 妊娠中に起こる腰痛の原因と改善方法
  2. 立ち会い出産のメリットとは?
  3. 出産が怖い女性はイメージトレーニングで乗り切ろう!
  4. 妊娠と着床出血のウソ・ホント
  5. 出産後の生理はいつから始まる?
  6. 流産後の妊娠はいつから大丈夫?
  7. 食欲をセーブする3つの方法
  8. 飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?
  9. 子供の発熱に関するQ&A
  10. 妊婦さんのストレス発散…!みんなはどうしてる?


出生前診断について
  1. ザックリわかりやすく!出生前診断の種類・概要・受ける時期
  2. 【実体験】絨毛検査と費用
  3. 【実体験】初期・中期胎児ドッグと費用


妊娠中・産後の症状について
  1. 妊娠中の感染に気を付けて!サイトメガロウイルスって何?
  2. 妊婦さんはお寿司を食べていいの?嘘?ホント?
  3. 凄すぎる出産!妊娠に気付かない女性
  4. 妊娠中の性病は危険!性病の母子感染リスク
  5. 産後の腹痛は危険だった
  6. 産後うつと育児ノイローゼの症状の違い
  7. 産後の気になる”出血”のあれこれ
  8. 出産後の生理はいつから始まる?生理痛の変化
  9. 産後の生理不順との付き合い方≪原因や解消法≫


気をつける重要な事
  1. 食事で気をつける重要な事
  2. 食欲をセーブする3つの方法
  3. 妊娠中のカフェインは危険!?
  4. 飲酒・喫煙を止められない人へ!


辛いつわりについて
  1. つら〜い”つわり”はいつまで続くの?
  2. ”つわり”を乗り切る5つの対処法
  3. つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!
  4. つわりは赤ちゃんが元気な証拠…は嘘?


働くお母さんへ
  1. つわりが辛い…!妊娠初期の仕事との付き合い方
  2. 産休中も手当てがもらえる出産手当金について
  3. 産休中の給料減…赤ちゃん用品や生活費の節約方法
  4. いつから産休に入るか悩んでいる人へ!産休の取り方
  5. 産休に入るための正しい挨拶方法


赤ちゃんに起こる症状
  1. 赤ちゃんの鼻詰まり解消方法
  2. 夜泣きとの上手な付き合い方
  3. 赤ちゃんはいつから外出してOK?初めての外出の注意点
  4. 新生児の授乳間隔のどれぐらいがベストなの?
  5. 赤ちゃんの顔にできる乳児湿疹の原因と対処法
  6. 赤ちゃんの肌がボロボロに!乳児湿疹の原因と改善策
  7. 新生児がミルクをすぐに吐くその理由とは!?
  8. 赤ちゃんの夜泣きとの上手な付き合い方

スポンサーリンク



赤ちゃん 目やに 拭き取り方
妊娠から出産まで!元気な赤ちゃんを産むための過ごし方(ホーム)