子供の発熱に関するよくある3つの質問

子供 発熱

 

Q.1 子供の発熱って、何度から?

 

子供の急な発熱は不安になってしまいますよね。子供は比較的熱があっても元気に遊んでいたり、食欲があったりすることも多いので発熱に気付き難いということもあると思います。

 

また、発熱しやすい体質の子とほとんど熱を出さない体質の子がいるのも事実。発熱に慣れているお母さんもいれば、あまり経験がないお母さんもいるというものです。

 

しかし、子供の発熱にはあまり神経質になりすぎないことが大事です。一般的に37.5℃以上。38℃を越えると高熱と考えられていますが、40℃くらいまでの熱だったら重篤ではないと考えられているのです。

 

スポンサーリンク

 

 

39℃〜40℃くらいの熱がでると、「どうしよう!大変だ!」という感じで焦ってしまうお母さんも多いと思います。

 

しかし、熱や軽い風邪症状だけであれば緊急性のある病気ではありませんので慌てず対処しましょう。

 

そして注意したいのは、小さな子供の体温の変動は非常に激しいということ。1日のうちに0.5〜0.8℃程度の変動は当たり前だと言われています。

 

例えば朝の検温時は36.8℃で、正常範囲だったのに夕方になったら37.6℃になっているとします。多くのお母さんが発熱していると考えると思いますが、医学的に言えばこれくらいの体温変動は許容範囲です。

 

外気温によっても子供の体温は大きく変化するものなので、環境にも注目してみると良いでしょう。とにかく、単なる発熱であれば慌てず騒がず…ということを心掛けましょう。

 

 

Q.2 子供が発熱したらどうするべき?

 

子供 発熱

 

まず、発熱したらしっかり水分補給をさせて脱水症状を防ぎましょう。熱が高いことで最も心配なのは脱水なんです。

 

熱が高いとそのことばかりに気を取られてしまいますが、温度の高さと症状の重篤さは比例しないもの。高熱そのものよりも脱水症状の方に気を配ってあげましょう。

 

病院の受診ですが、診察時間内ですぐに受診できる状態であれば、すぐに診察を受けましょう。夜間や休日ですぐに受診できないときは、発熱の状態と症状に応じて様子を見ても構わないでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

風邪からくる熱というのは、基本的に治療の必要はありません。発熱しているのは体がウィルスと闘っている証拠と言いますよね。必死になって下げることが必ずしも良いとは言えません。

 

ただし39℃以上になってくると、体がつらくて深く眠れないことも多いでしょう。その場合は体の表面温度を冷やすことで、体温も少し下がってきます。

 

特に体の小さな子供は、少し冷やすだけでも体温が大きく変動します。小学生以上になると体の体積が多くなるために、表面温度を下げてもなかなか体温が下がらなくなってきます。」

 

たくさん着込ませて発汗を促すという方法が昔からあると思いますが、小さな子供は体温調節機能がまだ未熟なので温めすぎると余計に症状が悪化してしまうので注意しましょう。

 

 

Q.3 子供の発熱と一緒に注意すべき症状は?

 

子供 発熱

 

基本的子供の発熱はよくあること、あまり神経質になりすぎる必要はありません。

 

しかし、発熱と一緒に揃って出てくると危険な症状というものもあるので覚えておきましょう。

 

  • 嘔吐
  • けいれん
  • 頭痛
  • 意識障害
  • 発疹

 

これらは、風邪の症状として度々現れるものですが、高熱と一緒になって出ているときは要注意です。特に、意識がボーっとしているときは頭痛など。

 

子供に頭痛が起こるということは普段あまりありません。また、意識が朦朧とするのも髄膜炎や脳炎の症状のひとつなので注意しておきましょう。

 

子供の発熱のときは、熱の高さだけでなく子供の元気、食欲、意欲がどれくらいあるかに注目して観察してあげると良いのではないでしょうか。

関連記事(一部広告)


人気記事ランキング
  1. 妊娠中に起こる腰痛の原因と改善方法
  2. 立ち会い出産のメリットとは?
  3. 出産が怖い女性はイメージトレーニングで乗り切ろう!
  4. 妊娠と着床出血のウソ・ホント
  5. 出産後の生理はいつから始まる?
  6. 流産後の妊娠はいつから大丈夫?
  7. 食欲をセーブする3つの方法
  8. 飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?
  9. 子供の発熱に関するQ&A
  10. 妊婦さんのストレス発散…!みんなはどうしてる?


出生前診断について
  1. ザックリわかりやすく!出生前診断の種類・概要・受ける時期
  2. 【実体験】絨毛検査と費用
  3. 【実体験】初期・中期胎児ドッグと費用


妊娠中・産後の症状について
  1. 妊娠中の感染に気を付けて!サイトメガロウイルスって何?
  2. 妊婦さんはお寿司を食べていいの?嘘?ホント?
  3. 凄すぎる出産!妊娠に気付かない女性
  4. 妊娠中の性病は危険!性病の母子感染リスク
  5. 産後の腹痛は危険だった
  6. 産後うつと育児ノイローゼの症状の違い
  7. 産後の気になる”出血”のあれこれ
  8. 出産後の生理はいつから始まる?生理痛の変化
  9. 産後の生理不順との付き合い方≪原因や解消法≫


気をつける重要な事
  1. 食事で気をつける重要な事
  2. 食欲をセーブする3つの方法
  3. 妊娠中のカフェインは危険!?
  4. 飲酒・喫煙を止められない人へ!


辛いつわりについて
  1. つら〜い”つわり”はいつまで続くの?
  2. ”つわり”を乗り切る5つの対処法
  3. つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!
  4. つわりは赤ちゃんが元気な証拠…は嘘?


働くお母さんへ
  1. つわりが辛い…!妊娠初期の仕事との付き合い方
  2. 産休中も手当てがもらえる出産手当金について
  3. 産休中の給料減…赤ちゃん用品や生活費の節約方法
  4. いつから産休に入るか悩んでいる人へ!産休の取り方
  5. 産休に入るための正しい挨拶方法


赤ちゃんに起こる症状
  1. 赤ちゃんの鼻詰まり解消方法
  2. 夜泣きとの上手な付き合い方
  3. 赤ちゃんはいつから外出してOK?初めての外出の注意点
  4. 新生児の授乳間隔のどれぐらいがベストなの?
  5. 赤ちゃんの顔にできる乳児湿疹の原因と対処法
  6. 赤ちゃんの肌がボロボロに!乳児湿疹の原因と改善策
  7. 新生児がミルクをすぐに吐くその理由とは!?
  8. 赤ちゃんの夜泣きとの上手な付き合い方

スポンサーリンク



子供 発熱
妊娠から出産まで!元気な赤ちゃんを産むための過ごし方(ホーム)