新生児がミルクをすぐに吐く2つの原因と予防グッズ

新生児 ミルクを吐く 原因

 

「せっかく飲ませたミルクを、赤ちゃんが大量に吐いてしまった・・・!」新生児の赤ちゃんがミルクを吐くことに不安を感じているお母さんも多いのではないでしょうか。

 

吐くというのは、体の異常の現れだと思ってしまいますが、新生児〜生後6ヶ月くらいまでの赤ちゃんにとっては、実は普通なこと。

 

まだ体の構造がしっかり出来上がっていないので、ミルクをしっかり胃に留められないのが普通なのです。ただよくあることとは言え、ちょっとした心がけでミルクを吐く頻度を減らすようにすることはできるでしょう。

 

なぜ新生児がミルクを吐くのか、また改善するのはどうしたら良いのでしょうか?

 

 

飲みすぎが原因かも

 

新生児 ミルクを吐く 原因

 

新生児の赤ちゃんに、ミルクを飲ませすぎてしまうお母さんは多いもの。

 

赤ちゃんは「お腹いっぱい」と意思表示することもできませんし、まず第一に満腹中枢というものがしっかり発達していません。

 

なので、与えれば与えただけのミルクやおっぱいを飲んでしまうのです。ですから、ミルクの場合はあげる量が決まっており、母乳の場合は授乳時間の目安が存在します。

 

スポンサーリンク

 

 

ただ、新生児はよく泣くしすんなりすやすや寝てくれないことも多いですよね。そうなると、熟睡するまでおっぱいを与えてしまうというケースも多いです。

 

また混合栄養の場合、母乳で実は足りているのにミルクを足してしまっているということもあります。

 

最初はなかなか加減が難しいのですが、体重の増え方やおしっこの頻度などを見ながら徐々に調節していきましょう。

 

授乳後、口からミルクがたら〜っと垂れてくるようだと、あげすぎている可能性があります。たくさん飲むと、しばらくぐっすり寝てくれるのでは?と思いがちですが、量や時間はしっかり守っていきましょう。

 

体重が増えすぎている場合や吐く回数が多いときは、ミルクやおっぱいを適量で一度止め、抱っこや添い寝などで寝かしつけるように工夫してみることも必要かもしれませんね。

 

 

横になってミルクを飲んでいる場合

 

新生児のうちは首が安定しないので、仰向けで横に抱っこしてミルクやおっぱいを飲ませると思います。

 

そして、授乳が終わると縦抱きにしてゲップをさせます。

 

スポンサーリンク

 

 

この一連の流れは、どうしてもミルクを吐く流れになっていると言っても良いでしょう。新生児の胃はまだ入り口がしっかり閉まらない上に、大人のように形が完成しておらずまっすぐな形をしています。

 

なので、一度胃に入ったミルクも逆流してしまいやすい構造をしているのです。しかし。ゲップをさせないと苦しいので、飲んだらすぐに起き上がらせなければなりませんよね。

 

ちょっと動かしたり、押したりするささいな刺激でも胃の中のミルクを吐くようになってしまうのです。授乳後しばらく時間が空いていても吐くことがあるのはこのためです。

 

ただ、これは体の構造上仕方のないことですし、成長とともに改善するので神経質にならなくて大丈夫です。

 

 

吐くのを防ぐグッズも

 

新生児 ミルクを吐く 原因

 

新生児がミルクを吐いてしまうことに不安がある場合は、吐き難くなるようなグッズを使ってみるのもおすすめです。

 

哺乳瓶によっては、吐き戻しを軽減するものやゲップを自然と出しやすくするようなものもあるのです。

 

冬場は赤ちゃんが大量に吐くと、着替えも洗濯も手間がかかって大変ですよね。

 

少しでもお母さんの負担を減らすために、工夫された育児グッズはたくさんあります。吐く頻度が多い赤ちゃんの場合、着替えの手間を省くにはスタイをつけるのもおすすめです。

 

新生児にスタイをつけるときは、顔にかからないように十分注意して下さい。

関連記事(一部広告)


人気記事ランキング
  1. 妊娠中に起こる腰痛の原因と改善方法
  2. 立ち会い出産のメリットとは?
  3. 出産が怖い女性はイメージトレーニングで乗り切ろう!
  4. 妊娠と着床出血のウソ・ホント
  5. 出産後の生理はいつから始まる?
  6. 流産後の妊娠はいつから大丈夫?
  7. 食欲をセーブする3つの方法
  8. 飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?
  9. 子供の発熱に関するQ&A
  10. 妊婦さんのストレス発散…!みんなはどうしてる?


出生前診断について
  1. ザックリわかりやすく!出生前診断の種類・概要・受ける時期
  2. 【実体験】絨毛検査と費用
  3. 【実体験】初期・中期胎児ドッグと費用


妊娠中・産後の症状について
  1. 妊娠中の感染に気を付けて!サイトメガロウイルスって何?
  2. 妊婦さんはお寿司を食べていいの?嘘?ホント?
  3. 凄すぎる出産!妊娠に気付かない女性
  4. 妊娠中の性病は危険!性病の母子感染リスク
  5. 産後の腹痛は危険だった
  6. 産後うつと育児ノイローゼの症状の違い
  7. 産後の気になる”出血”のあれこれ
  8. 出産後の生理はいつから始まる?生理痛の変化
  9. 産後の生理不順との付き合い方≪原因や解消法≫


気をつける重要な事
  1. 食事で気をつける重要な事
  2. 食欲をセーブする3つの方法
  3. 妊娠中のカフェインは危険!?
  4. 飲酒・喫煙を止められない人へ!


辛いつわりについて
  1. つら〜い”つわり”はいつまで続くの?
  2. ”つわり”を乗り切る5つの対処法
  3. つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!
  4. つわりは赤ちゃんが元気な証拠…は嘘?


働くお母さんへ
  1. つわりが辛い…!妊娠初期の仕事との付き合い方
  2. 産休中も手当てがもらえる出産手当金について
  3. 産休中の給料減…赤ちゃん用品や生活費の節約方法
  4. いつから産休に入るか悩んでいる人へ!産休の取り方
  5. 産休に入るための正しい挨拶方法


赤ちゃんに起こる症状
  1. 赤ちゃんの鼻詰まり解消方法
  2. 夜泣きとの上手な付き合い方
  3. 赤ちゃんはいつから外出してOK?初めての外出の注意点
  4. 新生児の授乳間隔のどれぐらいがベストなの?
  5. 赤ちゃんの顔にできる乳児湿疹の原因と対処法
  6. 赤ちゃんの肌がボロボロに!乳児湿疹の原因と改善策
  7. 新生児がミルクをすぐに吐くその理由とは!?
  8. 赤ちゃんの夜泣きとの上手な付き合い方

スポンサーリンク



新生児 ミルクを吐く 原因
妊娠から出産まで!元気な赤ちゃんを産むための過ごし方(ホーム)