凄すぎる出産!妊娠に全く気付かない女性たち…

出産 妊娠 気付かない

 

ちょくちょく目にするニュースで、信じられない内容のものが。『激しい腹痛に見舞われ病院へ行ったら、陣痛だった――。』誰もが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

 

筆者も同じ女性で、妊娠〜出産を経験したことのある身。なので、正直出産と同時に妊娠発覚というのは信じられませんがこれは実際によく起こる問題なのです。身近にも、職場で陣痛が起きていきなり搬送された人を知っています。

 

陣痛が来るまで全く分からないとなると、その先の生活も非常に不安です。出産までに妊婦さんは様々な生活の準備を整え、心の準備だってとても大事。

 

それを通り越していきなり出産というのは、やはり精神的ショックが大きすぎるものだと思います。なぜ出産まで妊娠が発覚しないのか・・・とても気になるところです。

 

 

アメリカではマラソン後、突然出産した女性が

 

アメリカのミネソタ州ではマラソンに参加したトリシュ・ステインさんという女性がゴール後、突然産気づいて出産した例があります。

 

彼女はそのとき、妊娠9ヶ月だったそうで結果的には早産だったよう。しかし母子共に健康だったと言います。

 

スポンサーリンク

 

マラソンのゴール後、激しい腹痛に見舞われたステインさん。椎間板を損傷したか若しくは肉離れを起こしたと思ったのだそう。
に搬送されると妊娠していることが分かり、翌日には出産となったそうです。

 

驚くべきことにステインさんは、妊娠しても体重の大きな変化はなかったのだそう。胎動を感じたり、体調に異変を感じることもなく9ヶ月まで普通どおりの生活をしていたとのこと。

 

何とも信じられませんが、妊娠発覚が出産前日というのはどういう心境なのでしょうか。

 

 

イギリスの17歳の少女も突然出産

 

2011年には、17歳の少女が母親と買い物中に突然腹痛を訴え病院に搬送されました。診断結果は、陣痛!彼女も産まれるその日まで、妊娠に気が付かなかったのだそう。

 

一番の驚きは、病院に搬送されてからもしばらくは、看護師も彼女が妊婦であることに気が付かなかったと言います。

 

やはり外見では妊娠していることが全く分からない体系だったということ。出産間近の妊婦となれば、誰が見てもお腹が大きいことが分かるように思うのですが・・・実に信じられない事例です。

 

さらには彼女の話では、体調の変化もなく、月経も毎月あったというから不思議です。医学的には考えられませんが、17歳の妊娠発覚が「陣痛」というのも衝撃ですよね。

 

スポンサーリンク

 

日本でも高校生がトイレで出産

 

日本国内でも、若い女性がトイレで出産してしまうニュースを何度か耳にしたことがあります。中にはやはり、陣痛が起こるまで妊娠発覚しなかった例もあるようです。

 

新潟の高校3年生の女の子が、突然の腹痛を感じてトイレで出産。

 

残念ながら赤ちゃんは亡くなってしまったという痛ましい事例もあります。このケースでも、陣痛が起こるまで妊娠は発覚せず、周囲にも彼女が妊娠しているのが分からなかったそう。

 

 

妊娠発覚が遅れると、もちろん母子共に危険を伴う

 

陣痛がくるまで全く気付かなかった例は多く、中には無事に赤ちゃんが産まれたケースもあります。しかし、そんなおめでたい話ばかりではありません。

 

初めての出産を突然経験し、さらには死産などということになれば、一生精神的ショックを抱えることになります。

 

女性は自分の体の観察を正しく行い、妊娠経過についての知識を正しく持つべきでしょう。

 

特に中高生などの10代での妊娠・出産は増えています。望まない妊娠の問題とも、切り離せないこの問題。

 

全ての女性には、「子供を授かる可能性」を自覚し、体の管理を怠らないよう注意してほしいものです。

他にこんな記事も読まれています





スポンサーリンク


出産と育児を10倍楽しむ方法



出産 妊娠 気付かない
妊婦さんは妊娠後期まで葉酸が必要だった!


人気記事ランキング
  1. 自宅出産は本当に大丈夫?メリットやデメリットは?
  2. 立ち会い出産のメリットとは?
  3. 出産が怖い女性はイメージトレーニングで乗り切ろう!
  4. 妊娠と着床出血のウソ・ホント
  5. 水中出産のメリット・デメリット
  6. 妊娠中のカフェインは危険!?流産のリスクなど
  7. 食欲をセーブする3つの方法
  8. 飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?
  9. 子供の発熱に関するQ&A
  10. 妊婦さんのストレス発散…!みんなはどうしてる?


妊娠中の症状について
  1. 産後の腹痛は危険だった
  2. 産後うつと育児ノイローゼの症状の違い
  3. 産後の気になる”出血”のあれこれ
  4. 出産後の生理はいつから始まる?生理痛の変化
  5. 産後の生理不順との付き合い方≪原因や解消法≫


気をつける重要な事
  1. 食事で気をつける重要な事
  2. 食欲をセーブする3つの方法
  3. 妊娠中のカフェインは危険!?
  4. 飲酒・喫煙を止められない人へ!


辛いつわりについて
  1. つら〜い”つわり”はいつまで続くの?
  2. ”つわり”を乗り切る5つの対処法
  3. つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!
  4. つわりは赤ちゃんが元気な証拠…は嘘?


赤ちゃんに起こる症状
  1. 赤ちゃんの鼻詰まり解消方法
  2. 夜泣きとの上手な付き合い方
  3. 赤ちゃんはいつから外出が可能?
  4. 38℃以上の高熱を出したときの対処法
  5. 赤ちゃんの便秘に効果があるオリゴ糖とは?
  6. 赤ちゃんの虫刺されは甘く見ちゃダメ!
  7. 新生児がミルクをすぐに吐くその理由とは!?
  8. 赤ちゃんの夜泣きとの上手な付き合い方


出産 妊娠 気付かない
妊娠から出産まで!元気な赤ちゃんを産むための過ごし方


出産 妊娠 気付かない
妊婦さんの便秘対策No.1はオリゴ糖だった!