妊娠中の食事で気をつける4つの重要なポイントとは?

妊娠 食事 気をつけること

 

お腹の赤ちゃんは、お母さんが食べたものの栄養を吸収して育ちます。ですから、やっぱり栄養バランスの良い食事をしっかりとるべきだと言えます。

 

また、なるべく避けるべき食べ物なんかも増えますよね。最近では体重管理にもうるさい医師が多いですし、食べすぎには注意が必要。でもでも、実際に世の中の妊婦さんはどのくらい食事に注意しているのか、気になったりしませんか?

 

制限されるものが多い上に、好きな物を食べるのもダメ・・・。そうなると却ってストレスを感じてしまう人も多いかもしれません。

 

 

3食きっちり、品数の多い和食を食べなきゃダメ!?

 

妊娠 食事 気をつけること

 

妊娠しているんだから、やっぱりバランスがよくて栄養がつくもの、さらにカロリーは控えめで・・・・。こうやってあまりにも神経質になってしまうと、却ってストレスが溜まってしまうと思います。

 

経産婦さんの多くは「葉酸・鉄分・カルシウム」などの妊娠中特に必要となる栄養素をしっかりとるように心がけていると言います。しかし、それ以外は普通の食事と変わらないメニューを食べていることが多いもの。妊娠していると、つわりや眠気で家事をするのも億劫になるもの。

 

お腹が大きくなれば長時間キッチンに立っているのだってつらいです。ですから、あまり手の込んだものをたくさん作る必要はありません。サッと食べられるもの、食べやすい食事メニューでOKなんですよ。

 

 

生活習慣病を引き起こすものを避けるべし!

 

妊娠中は、高カロリー過ぎるものやジャンクフード、スナック菓子などの体に悪い物を食べすぎないようにしましょう。

 

あくまでも「食べ過ぎない」ことが大事なわけで、絶対食べてはいけないのではありません。

 

スポンサーリンク

 

 

たまにはパフェやケーキを食べたってOK。マクドナルドが無性に食べたくなることもあるでしょう。何だか疲れてしまって、レトルト食品で済ませる日があるかもしれません。

 

そんな食事が毎日では困りますが、たまにだったら全く問題はありません。

 

これって、妊婦さんに限ったことではないんですよね。生活習慣病予防には、高カロリーなものや脂質・糖分の多いものは「食べ過ぎない」ことと言われています。

 

それと同じですから、普通の人の食事への注意点とさほど変わりはないと考えても良いでしょう。

 

 

鉄分不足やカルシウム不足には注意を!

 

妊娠 食事 気をつけること

 

妊娠中に起こりやすいのは、貧血。産婦人科で鉄剤を処方されることは珍しくありません。

 

やはり、お腹の赤ちゃんへ血液を送り、さらにそこから栄養を取られているわけですから貧血にもなるでしょう。なるべく鉄分を意識してとるように心がける必要があります。

 

スポンサーリンク

 

 

さらに、妊娠中は骨がもろくなりやすいと言われます。赤ちゃんへのカルシウムはお母さんの骨や歯のカルシウムから提供されます。赤ちゃんにカルシウムがいく分、お母さんの骨や歯が弱くなってしまうというわけ。

 

カルシウムを意識して摂取することと、カルシウムを破壊するカフェインの取りすぎに注意しましょうね。栄養素の補給はサプリメントもいいですが、なるべく食事からとるのが理想です。

 

 

体重管理を気にしすぎないで!

 

現代の産院では、体重の増加に厳しいところが増えていると言います。確かに体重の増えすぎや脂肪の増えすぎは、難産を引き起こしたり妊娠中毒症のリスクを高めます。

 

産道に脂肪がついたり、赤ちゃんが太りすぎたりすると、出産はとても大変になってしまうのです。

 

しかし、今度は反対に増えすぎることを怖がって、ダイエット中のような食事をしたりする女性が増えはじめています。確かに体重が増えると産院で注意されたりして、けっこう落ち込むもの。

 

でも、妊婦の体重が増えることは当たり前です。「食べすぎ、増えすぎ、太りすぎ」がNGなのであって、絶対太ってはいけないわけではありません。

関連記事(一部広告)


人気記事ランキング
  1. 妊娠中に起こる腰痛の原因と改善方法
  2. 立ち会い出産のメリットとは?
  3. 出産が怖い女性はイメージトレーニングで乗り切ろう!
  4. 妊娠と着床出血のウソ・ホント
  5. 出産後の生理はいつから始まる?
  6. 流産後の妊娠はいつから大丈夫?
  7. 食欲をセーブする3つの方法
  8. 飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?
  9. 子供の発熱に関するQ&A
  10. 妊婦さんのストレス発散…!みんなはどうしてる?


出生前診断について
  1. ザックリわかりやすく!出生前診断の種類・概要・受ける時期
  2. 【実体験】絨毛検査と費用
  3. 【実体験】初期・中期胎児ドッグと費用


妊娠中・産後の症状について
  1. 妊娠中の感染に気を付けて!サイトメガロウイルスって何?
  2. 妊婦さんはお寿司を食べていいの?嘘?ホント?
  3. 凄すぎる出産!妊娠に気付かない女性
  4. 妊娠中の性病は危険!性病の母子感染リスク
  5. 産後の腹痛は危険だった
  6. 産後うつと育児ノイローゼの症状の違い
  7. 産後の気になる”出血”のあれこれ
  8. 出産後の生理はいつから始まる?生理痛の変化
  9. 産後の生理不順との付き合い方≪原因や解消法≫


気をつける重要な事
  1. 食事で気をつける重要な事
  2. 食欲をセーブする3つの方法
  3. 妊娠中のカフェインは危険!?
  4. 飲酒・喫煙を止められない人へ!


辛いつわりについて
  1. つら〜い”つわり”はいつまで続くの?
  2. ”つわり”を乗り切る5つの対処法
  3. つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!
  4. つわりは赤ちゃんが元気な証拠…は嘘?


働くお母さんへ
  1. つわりが辛い…!妊娠初期の仕事との付き合い方
  2. 産休中も手当てがもらえる出産手当金について
  3. 産休中の給料減…赤ちゃん用品や生活費の節約方法
  4. いつから産休に入るか悩んでいる人へ!産休の取り方
  5. 産休に入るための正しい挨拶方法


赤ちゃんに起こる症状
  1. 赤ちゃんの鼻詰まり解消方法
  2. 夜泣きとの上手な付き合い方
  3. 赤ちゃんはいつから外出してOK?初めての外出の注意点
  4. 新生児の授乳間隔のどれぐらいがベストなの?
  5. 赤ちゃんの顔にできる乳児湿疹の原因と対処法
  6. 赤ちゃんの肌がボロボロに!乳児湿疹の原因と改善策
  7. 新生児がミルクをすぐに吐くその理由とは!?
  8. 赤ちゃんの夜泣きとの上手な付き合い方

スポンサーリンク



妊娠 食事 気をつけること
妊娠から出産まで!元気な赤ちゃんを産むための過ごし方(ホーム)