出産が怖い場合はイメージトレーニングで乗り切ろう!

出産 怖い 乗り切る方法

 

多くの女性が、出産に対して「怖い」「緊張」などのマイナスイメージを持っているのではないでしょうか。もちろん陣痛は痛いのが当たり前、分娩の際の様々な処置にも痛みや怖さというのが付きまとうのは仕方のないことですね。

 

しかし無事出産を終えた女性のほとんどが、産んだ後は「怖い」「痛い」などの感情を忘れてしまう・・・とも言います。

 

怖さに負けてしまい、赤ちゃんが産めなかったという事例だって聞いたことがありません。そう、誰でも土壇場になれば頑張れるのは確かなんですよね。

 

それでも出産が近付くに連れ「無事に産めるか心配」「痛みに耐えられるか不安」という気持ちが強くなってしまう人も多いのです。身に覚えのある方も多いのではないでしょうか?

 

 

「怖い」「痛い」話ではなく、プラスイメージを伝えよう!

 

出産 怖い 乗り切る方法

 

既に経験のある女性は、これから赤ちゃんを産む人に対してアドバイスをすることもあるでしょう。

 

新米のプレママにとっても先輩ママの話は非常に参考になるもの。しかし、そこで先輩ママが怖がらせるような発言をしたり、自分の出産の苦労ばかり語ったりすることは止めるべきだと感じます。

 

例えば、筆者は親戚の女性一同から「お産は本当に地獄だよ〜!痛いなんてもんじゃないから覚悟した方がいい!」なんて言われたことがあります。

 

確かにその通りでしょう、でもこれってアドバイスでも何でもないと思いませんか?

 

スポンサーリンク

 

 

正直なところ、出産が死ぬほど痛いってことは十分承知していますよね。こうやって「痛い」「怖い」「苦しい」という側面ばかりをクローズアップして話すのは意味がないと思うのです。

 

死ぬほど痛いことを前提に、どうやって痛みやいきみを逃すといいか、どんな方法・どんなグッズが役に立ったのかを語って欲しいのです。

 

また、出産した直後の気持ち、赤ちゃんと対面したときの気持ち。

 

もしくは医師や助産師との会話やコミュニケーションで面白かったこと、印象に残ったことなど、楽しいイメージの沸くことを話して欲しいと思います。

 

 

貴重な経験を楽しむ心意気が大切

 

出産 怖い 乗り切る方法

 

出産は確かに自分との闘い、しんどいものです。

 

しかし、世の中全ての人が体験できることではありません。男性はもちろん、経験してみたくても無理。女性であっても、結婚しない人や子供を授かれない人はたくさんいるのです。

 

そのような人と比べるわけではありませんが、出産を経験できるのはとてもありがたいことなのです。ですから怖い怖いと物怖じしてばかりではなく、出産を是非楽しんで欲しいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

もちろん、そのためには念入りなイメージトレーニング勉強が必要でしょう。様々なパターンの出産記録を読むなどして、予備知識をたくさん得ておきます。

 

例えばSNSサイトのコミュニティや、質問サイトなどで出産記録をアップしている人はたくさんいます。

 

どんな流れで陣痛が進み、どんなハプニングがあり、どれくらいの時間が掛かるのか、本当に多様なパターンがあります。色々な方に体験談を聞くことで、よりイメージが膨らませやすくなり心の準備も整ってきます。

 

出産体験談を読むことで、返って怖いという気持ちが強くなってしまうという人もいるかもしれません。性格や感受性によって、出産へのイメージは異なるでしょう。そのような場合でもやはりイメージトレーニングは大切。

 

安産スピード出産の体験談をたくさん読むようにするのもおすすめです。

 

まずは自分がどんなお産をしたいか想像し、それに近い体験談を探して読んでみましょう。怖いという思いを感じる人ほど、イメージや自己暗示の効果が出ると思いますよ。

 

ソフロロジー式分娩方法など、呼吸法やリラックス法を取り入れたお産を勉強してみるのもおすすめです。

 

怖さとは無縁の落ち着いていて、自然な出産に近付けるよう頑張って下さいね!

関連記事(一部広告)


人気記事ランキング
  1. 妊娠中に起こる腰痛の原因と改善方法
  2. 立ち会い出産のメリットとは?
  3. 出産が怖い女性はイメージトレーニングで乗り切ろう!
  4. 妊娠と着床出血のウソ・ホント
  5. 出産後の生理はいつから始まる?
  6. 流産後の妊娠はいつから大丈夫?
  7. 食欲をセーブする3つの方法
  8. 飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?
  9. 子供の発熱に関するQ&A
  10. 妊婦さんのストレス発散…!みんなはどうしてる?


出生前診断について
  1. ザックリわかりやすく!出生前診断の種類・概要・受ける時期
  2. 【実体験】絨毛検査と費用
  3. 【実体験】初期・中期胎児ドッグと費用


妊娠中・産後の症状について
  1. 妊娠中の感染に気を付けて!サイトメガロウイルスって何?
  2. 妊婦さんはお寿司を食べていいの?嘘?ホント?
  3. 凄すぎる出産!妊娠に気付かない女性
  4. 妊娠中の性病は危険!性病の母子感染リスク
  5. 産後の腹痛は危険だった
  6. 産後うつと育児ノイローゼの症状の違い
  7. 産後の気になる”出血”のあれこれ
  8. 出産後の生理はいつから始まる?生理痛の変化
  9. 産後の生理不順との付き合い方≪原因や解消法≫


気をつける重要な事
  1. 食事で気をつける重要な事
  2. 食欲をセーブする3つの方法
  3. 妊娠中のカフェインは危険!?
  4. 飲酒・喫煙を止められない人へ!


辛いつわりについて
  1. つら〜い”つわり”はいつまで続くの?
  2. ”つわり”を乗り切る5つの対処法
  3. つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!
  4. つわりは赤ちゃんが元気な証拠…は嘘?


働くお母さんへ
  1. つわりが辛い…!妊娠初期の仕事との付き合い方
  2. 産休中も手当てがもらえる出産手当金について
  3. 産休中の給料減…赤ちゃん用品や生活費の節約方法
  4. いつから産休に入るか悩んでいる人へ!産休の取り方
  5. 産休に入るための正しい挨拶方法


赤ちゃんに起こる症状
  1. 赤ちゃんの鼻詰まり解消方法
  2. 夜泣きとの上手な付き合い方
  3. 赤ちゃんはいつから外出してOK?初めての外出の注意点
  4. 新生児の授乳間隔のどれぐらいがベストなの?
  5. 赤ちゃんの顔にできる乳児湿疹の原因と対処法
  6. 赤ちゃんの肌がボロボロに!乳児湿疹の原因と改善策
  7. 新生児がミルクをすぐに吐くその理由とは!?
  8. 赤ちゃんの夜泣きとの上手な付き合い方

スポンサーリンク



出産 怖い 乗り切る方法
妊娠から出産まで!元気な赤ちゃんを産むための過ごし方(ホーム)