赤ちゃんの厄介な鼻水を改善する正しい方法

赤ちゃん 鼻水 対策

 

抵抗力がまだまだ弱い赤ちゃんは、ちょっとしたことで風邪をひきやすいものです。

 

熱が出る程の重度の風邪をひくのではなく、いつまでも鼻水が止まらずに長引いたり、それが喉に回って咳き込んだりするというケースが多いです。

 

基本的に鼻水程度の風邪は慌てる必要はありません。ただし上に兄弟がいる赤ちゃんは風邪菌をもらってしまう事が多いので、ひとりっこの赤ちゃんよりも風邪をひきやすいと言えます。

 

鼻水は赤ちゃんの呼吸の妨げになったり、咳の原因にもなるので眠りが浅くなったり、ぐずったりすることも増えます。

 

もちろん風邪をひかせないように予防するのが一番大事ですが、ひいてしまったときの対処を知っておくことも大事ですね。

 

 

赤ちゃんは鼻水がかめない!

 

赤ちゃん 鼻水 対策

 

当然ですが、赤ちゃんはまだ鼻水をかむことができません。3歳くらいまでは上手に鼻をかめないので、お母さんがどうにかして鼻水を除去してあげなければなりません。

 

鼻の入り口に垂れてくる鼻水をひたすら拭き取るしかない・・・と思っているお母さんも多いと思いますが、これでは鼻をかんであげたことにはなりません。鼻水を奥から取り除いてあげることが大事です。

 

まず、一番効率がよいのは耳鼻科でこまめに吸い出してもらうことです。市販の吸い出し器などもありますが、これって赤ちゃんは嫌がって泣く割にはしっかり取れないんですよね。

 

スポンサーリンク

 

 

耳鼻科に行くと必ず鼻水を専用の機械で吸い出してくれます。

 

場合によっては、家庭でも使える持ち出し用の吸い取り器を貸してくれることもあります。これでも赤ちゃんは嫌がって泣くと思いますが、しっかり除去できるので治りが早くなります。

 

鼻水が詰まっていて苦しそうなときは、麺棒などで鼻の中を掃除するように取り出してあげるのも効果的です。

 

中で鼻水が固まって、鼻くそ状態になっていることがあり、これで余計に呼吸が苦しくなってしまうことも。

 

優しく粘り気を取り除くようにし、奥まで差し込み過ぎないように中止しながら行って下さいね。

 

また、ティッシュで鼻水を拭き取るときも、鼻の軟骨部分を押しながら拭いてあげると、中の方に詰まっているものも取れやすくなります。

 

 

肌荒れの原因に…

 

赤ちゃん 鼻水 対策

 

鼻水がダラダラ出ていると、何度も鼻をふくために肌が荒れてしまったり、乾燥ぎみになってしまうことがあります。大人でも鼻をかみ過ぎると、鼻周辺の皮膚がヒリヒリして痛みますよね。

 

これを解消するには、おしりふきやウエットティッシュなどを使用すると良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

ガーゼを水で湿らせたものでもOKです。乾燥させてしまうことで鼻水が固まり、余計に拭き取りにくくなってしまいます。

 

赤ちゃんの肌は敏感なので、水分を含んだもので優しく触れてあげましょう。また、拭いたあとにクリームやワセリンなどを塗って保護してあげることも大事です。

 

 

赤ちゃんの鼻水が黄色いときは?

 

水のように透明でさらさらした鼻水はあまり心配いりませんが、黄色だったり緑がかった色は要注意です。中耳炎や副鼻腔炎などになってしまう可能性があるので、小児科や耳鼻科を受診するようにしましょう。

 

赤ちゃんでも中耳炎になる子は多いですし、体質によっては繰り返すこともあるので気をつけて下さい。

 

黄色や緑がかった鼻水は、透明のものよりも鼻の奥で詰まりやすく、細菌が溜まりやすいので注意が必要。

 

透明の鼻水が1週間以上長引くのはよくあることで、さほど心配はいりません。

 

しかし、黄色や緑っぽい鼻水が10日以上続く場合は蓄膿症などの可能性も考えられると言われています。場合によっては抗生剤の投与が必要になることもあります。

関連記事(一部広告)


人気記事ランキング
  1. 妊娠中に起こる腰痛の原因と改善方法
  2. 立ち会い出産のメリットとは?
  3. 出産が怖い女性はイメージトレーニングで乗り切ろう!
  4. 妊娠と着床出血のウソ・ホント
  5. 出産後の生理はいつから始まる?
  6. 流産後の妊娠はいつから大丈夫?
  7. 食欲をセーブする3つの方法
  8. 飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?
  9. 子供の発熱に関するQ&A
  10. 妊婦さんのストレス発散…!みんなはどうしてる?


出生前診断について
  1. ザックリわかりやすく!出生前診断の種類・概要・受ける時期
  2. 【実体験】絨毛検査と費用
  3. 【実体験】初期・中期胎児ドッグと費用


妊娠中・産後の症状について
  1. 妊娠中の感染に気を付けて!サイトメガロウイルスって何?
  2. 妊婦さんはお寿司を食べていいの?嘘?ホント?
  3. 凄すぎる出産!妊娠に気付かない女性
  4. 妊娠中の性病は危険!性病の母子感染リスク
  5. 産後の腹痛は危険だった
  6. 産後うつと育児ノイローゼの症状の違い
  7. 産後の気になる”出血”のあれこれ
  8. 出産後の生理はいつから始まる?生理痛の変化
  9. 産後の生理不順との付き合い方≪原因や解消法≫


気をつける重要な事
  1. 食事で気をつける重要な事
  2. 食欲をセーブする3つの方法
  3. 妊娠中のカフェインは危険!?
  4. 飲酒・喫煙を止められない人へ!


辛いつわりについて
  1. つら〜い”つわり”はいつまで続くの?
  2. ”つわり”を乗り切る5つの対処法
  3. つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!
  4. つわりは赤ちゃんが元気な証拠…は嘘?


働くお母さんへ
  1. つわりが辛い…!妊娠初期の仕事との付き合い方
  2. 産休中も手当てがもらえる出産手当金について
  3. 産休中の給料減…赤ちゃん用品や生活費の節約方法
  4. いつから産休に入るか悩んでいる人へ!産休の取り方
  5. 産休に入るための正しい挨拶方法


赤ちゃんに起こる症状
  1. 赤ちゃんの鼻詰まり解消方法
  2. 夜泣きとの上手な付き合い方
  3. 赤ちゃんはいつから外出してOK?初めての外出の注意点
  4. 新生児の授乳間隔のどれぐらいがベストなの?
  5. 赤ちゃんの顔にできる乳児湿疹の原因と対処法
  6. 赤ちゃんの肌がボロボロに!乳児湿疹の原因と改善策
  7. 新生児がミルクをすぐに吐くその理由とは!?
  8. 赤ちゃんの夜泣きとの上手な付き合い方

スポンサーリンク



赤ちゃん 鼻水 対策
妊娠から出産まで!元気な赤ちゃんを産むための過ごし方(ホーム)