つわりの症状で赤ちゃんの性別を判断する方法

つわり 赤ちゃん性別判断

 

昔から言われている、つわりの傾向と性別の関係。古い時代から受け継がれていて、現代でも廃れていません。「ぴったりと当てはまったよ!」という声もあれば「全然当てにならなかった」と話す人もいて様々です。

 

遅くとも産まれてくれば赤ちゃんの性別は分かるものですが、やっぱり早く知りたいとワクワクするものですよね。

 

ここでは、世間で飛び交っているつわりと赤ちゃんの性別のついてお話したいと思います。

 

 

つわりの傾向と性別判断

 

つわりの症状の重さによって、性別が分かるという言い伝えは皆さんもご存知なのではないでしょうか?

 

  • 症状が重くて吐きつわりの場合は女の子
  • 比較的軽いか、つわりがないときは男の子
  • すっぱい物が欲しいときは男の子
  • 甘い物が欲しいときは女の子

 

色々な説があるのですが、これは地域や世代によって微妙に違ったりしています。

 

最近では、ポテトやスナック菓子などのジャンクフードを食べたくなるのは女の子、とか言われることもありますね。

 

実は、つわりの症状によっての性別の差というのは、医学的にデータが出たこともあるのです。以前、イギリスの医学誌「Lancet」には、妊娠悪阻で入院した妊婦から産まれた子供の性別を比較したデータが出ています。

 

スポンサーリンク

 

 

1987〜1995年に、スウェーデンで1027213名の妊婦を対象に調査。産まれてきた子供の性別の比は”51対48”。妊婦全体の男女比だと、男児の方が多く生まれています。

 

このうち、妊娠悪阻が重症で入院した妊婦を対象に絞ると、男女比は”44対55”。つわり症状が重かった人の子供は、女児が多く生まれているという結果になっているのです。

 

ただし、そこまで大幅な差があるとは思えない数字ではあります。医学者が数値的に見る差と、私たち一般人が見る差には温度差があるもの。

 

つわりが重いと女の子が生まれやすいって説も、あるよね。」という話のネタの一つになっているようにも感じますね。

 

 

赤ちゃんの性別はこうやって判断しよう

 

つわり 赤ちゃん性別判断

 

  • お腹が前に突き出るようだと男の子
  • 横に丸く広がるお腹だと女の子

 

このようにお腹の出方でも性別の傾向があると言い伝えられていますね。これは医学的根拠なども一切ありませんので、迷信の一つだと思います。元々の体系、筋肉のつき方によってお腹の出方はそれぞれ違います。

 

また、意外にも一番多いのは「兄弟がお腹の子の性別を言い当てる!」というもの。筆者個人的には、つわりの症状よりお腹の出方よりももっと信憑性があると思っています。

 

スポンサーリンク

 

 

2人目以降になると、上のお子さんが兄弟の姿を感じ取ることがあります。

 

それとなく聞いてみると、性別を言い当てたり、「○○ちゃんだよ」などと、その性別特有の名前を言ったりすることも。もちろん科学的根拠などありませんが、なかなか面白いですし神秘的ですよね。

 

結論から言えば、つわりの重さやお腹の出っ張り方など、外側から見ただけでお腹の赤ちゃんの性別を言い当てることは不可能。

 

例え、言い伝えや傾向が当てはまったとしても、男女の確率は50%なので半分の人は「当たった!」と思うわけです。

 

そもそも、つわりの時期である妊娠初期に、お腹の子供の性別が分かってしまうと困ります。

 

希望の性別の子供ではなかったとき、人工中絶を選択する人の数が増えてしまうことにも繋がります。

 

現在の科学の進歩を持ってしても、まだまだ性別は中期以降にしか分からない・・・。

 

実際のところは、他の何らかの手段で妊娠初期でも男女の判断が付けられるのかもしれないし、この先そうなっていく可能性もあります。

 

単に判断できる・できないという問題ではなく、親が子供を選ぶことを防止するためであるのかもしれません。

関連記事(一部広告)


人気記事ランキング
  1. 妊娠中に起こる腰痛の原因と改善方法
  2. 立ち会い出産のメリットとは?
  3. 出産が怖い女性はイメージトレーニングで乗り切ろう!
  4. 妊娠と着床出血のウソ・ホント
  5. 出産後の生理はいつから始まる?
  6. 流産後の妊娠はいつから大丈夫?
  7. 食欲をセーブする3つの方法
  8. 飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?
  9. 子供の発熱に関するQ&A
  10. 妊婦さんのストレス発散…!みんなはどうしてる?


出生前診断について
  1. ザックリわかりやすく!出生前診断の種類・概要・受ける時期
  2. 【実体験】絨毛検査と費用
  3. 【実体験】初期・中期胎児ドッグと費用


妊娠中・産後の症状について
  1. 妊娠中の感染に気を付けて!サイトメガロウイルスって何?
  2. 妊婦さんはお寿司を食べていいの?嘘?ホント?
  3. 凄すぎる出産!妊娠に気付かない女性
  4. 妊娠中の性病は危険!性病の母子感染リスク
  5. 産後の腹痛は危険だった
  6. 産後うつと育児ノイローゼの症状の違い
  7. 産後の気になる”出血”のあれこれ
  8. 出産後の生理はいつから始まる?生理痛の変化
  9. 産後の生理不順との付き合い方≪原因や解消法≫


気をつける重要な事
  1. 食事で気をつける重要な事
  2. 食欲をセーブする3つの方法
  3. 妊娠中のカフェインは危険!?
  4. 飲酒・喫煙を止められない人へ!


辛いつわりについて
  1. つら〜い”つわり”はいつまで続くの?
  2. ”つわり”を乗り切る5つの対処法
  3. つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!
  4. つわりは赤ちゃんが元気な証拠…は嘘?


働くお母さんへ
  1. つわりが辛い…!妊娠初期の仕事との付き合い方
  2. 産休中も手当てがもらえる出産手当金について
  3. 産休中の給料減…赤ちゃん用品や生活費の節約方法
  4. いつから産休に入るか悩んでいる人へ!産休の取り方
  5. 産休に入るための正しい挨拶方法


赤ちゃんに起こる症状
  1. 赤ちゃんの鼻詰まり解消方法
  2. 夜泣きとの上手な付き合い方
  3. 赤ちゃんはいつから外出してOK?初めての外出の注意点
  4. 新生児の授乳間隔のどれぐらいがベストなの?
  5. 赤ちゃんの顔にできる乳児湿疹の原因と対処法
  6. 赤ちゃんの肌がボロボロに!乳児湿疹の原因と改善策
  7. 新生児がミルクをすぐに吐くその理由とは!?
  8. 赤ちゃんの夜泣きとの上手な付き合い方

スポンサーリンク



つわり 赤ちゃん性別判断
妊娠から出産まで!元気な赤ちゃんを産むための過ごし方(ホーム)