妊娠中のお腹の出方で性別判断できるってホント?

妊娠 お腹 性別判断

 

五体満足で健康な赤ちゃんが生まれてくるなら、性別なんてどっちでも良い!もちろん、それは大前提だと思います。男の子は嫌、女の子は嫌なんて贅沢を言うのは、お腹の赤ちゃんに失礼ってもんです。

 

…でも、そう頭では分かっているつもりでも、やっぱり希望はあるもの!妊娠4ヶ月を超えると性別の区別がつきやすくなるので、健診の度にドキドキするものですよね。

 

妊娠後期になれば分かることがほとんどだし、産まれれば絶対に知ることが出来る。それなのに、ちょっとした体調の変化や体や顔つきの変化などで「もしかして男かも?」「女かな!?」と勘ぐってしまうものです。

 

 

占い師に見てもらった結果…

 

妊娠 お腹 性別判断

 

筆者も妊娠中、お腹の子供の性別が気になって気になって…。妊娠5ヶ月の頃に、友人の紹介で会った占い能力のあるという人に聞いてみたことがあったのです。

 

上の子供が男の子だったので、出来れば次は女の子だったら良いなぁ・・・と淡い期待を抱いて。

 

しかし、占いの方が言うには「男の子が見える!」という話でした。「あ〜!そっかそっか〜やっぱり男子かぁ……」と、正直少しだけ、ショック(笑)。

 

スポンサーリンク

 

 

でも、何やら「ただし子供の魂は途中で入れ替わることもあるから、まだ分かりません。妊娠8ヶ月くらいに分かりますよ。」と付け足されました。

 

…ん?

 

途中で入れ替わるって、どういうこと!?染色体は受精の段階で決まっているし、判明してから入れ替わるのもアリなの?それって、結局は分からないってこと?

 

せっかく見て頂いて聞いておいて失礼ですが、疑問なことも多くて結果はどっちつかずでした。気長に待つしかないのは分かっているんですけどね(笑)。

 

 

お腹の出方や体調で、性別は分かる?

 

昔からの迷信では「前に突き出るようなお腹は、男の子。」「横に丸く広がるお腹は女の子。」という感じで、お腹の出方によって、赤ちゃんの性別が分かるなんて話もありますよね。

 

これも、当てはまる人もいれば、当てはまらない人もいます。

 

スポンサーリンク

 

 

また、「つわりがキツイと男の子」「つわりが軽いと女の子」とか、「脂物が好きになると女」「さっぱりしたものが食べたいときは男」とか・・・。色々な迷信やら都市伝説が飛び交っています。

 

皆さんもご承知だと思いますが、これもやっぱり当てにはならないものです。だって、当てはまる人が5割いたとしても、それは男女の確立が50%だからですよね!

 

信じても信じなくても、5割の人の予想は当たるものなのです。

 

 

性別はどのくらいの時期で分かる?

 

妊娠後期になると、ほとんどの場合性別の区別ができると言われていますよね。しかし、早ければ4〜5ヶ月でエコーを通して区別できることもあるのです。

 

筆者の息子は妊娠4ヶ月の腹部エコーで分かりました。男の子場合、性器が分かりやすいので早く判明すると言われますね。

 

男性の精子の染色体によって性別が決まるので、受精卵の時点で既に性別は決まっています。

 

しかし妊娠9週目までは、見た目の性器は同じ。(男性器ができるのは遅いということ)11週になると、見た目で性器の区別ができるようになると言われています。

 

ただし、これが角度やタイミングよくエコーなどで確認できるかどうかは別だと言うことなんですね。

 

妊娠24週前後が、最も性別がはっきり見えるころだと言われています。あまり赤ちゃんが大きくなりすぎると、うずくまって股を閉じるような体勢になるので、却って判断しにくくなります。

 

性別は既に決まっているものなので、早く知ったところで得するとか損するようなことはありません。気になる気持ちはよく分かりますが、両方の可能性を考えて楽しい想像を膨らませて待ちましょう!

関連記事(一部広告)


人気記事ランキング
  1. 妊娠中に起こる腰痛の原因と改善方法
  2. 立ち会い出産のメリットとは?
  3. 出産が怖い女性はイメージトレーニングで乗り切ろう!
  4. 妊娠と着床出血のウソ・ホント
  5. 出産後の生理はいつから始まる?
  6. 流産後の妊娠はいつから大丈夫?
  7. 食欲をセーブする3つの方法
  8. 飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?
  9. 子供の発熱に関するQ&A
  10. 妊婦さんのストレス発散…!みんなはどうしてる?


出生前診断について
  1. ザックリわかりやすく!出生前診断の種類・概要・受ける時期
  2. 【実体験】絨毛検査と費用
  3. 【実体験】初期・中期胎児ドッグと費用


妊娠中・産後の症状について
  1. 妊娠中の感染に気を付けて!サイトメガロウイルスって何?
  2. 妊婦さんはお寿司を食べていいの?嘘?ホント?
  3. 凄すぎる出産!妊娠に気付かない女性
  4. 妊娠中の性病は危険!性病の母子感染リスク
  5. 産後の腹痛は危険だった
  6. 産後うつと育児ノイローゼの症状の違い
  7. 産後の気になる”出血”のあれこれ
  8. 出産後の生理はいつから始まる?生理痛の変化
  9. 産後の生理不順との付き合い方≪原因や解消法≫


気をつける重要な事
  1. 食事で気をつける重要な事
  2. 食欲をセーブする3つの方法
  3. 妊娠中のカフェインは危険!?
  4. 飲酒・喫煙を止められない人へ!


辛いつわりについて
  1. つら〜い”つわり”はいつまで続くの?
  2. ”つわり”を乗り切る5つの対処法
  3. つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!
  4. つわりは赤ちゃんが元気な証拠…は嘘?


働くお母さんへ
  1. つわりが辛い…!妊娠初期の仕事との付き合い方
  2. 産休中も手当てがもらえる出産手当金について
  3. 産休中の給料減…赤ちゃん用品や生活費の節約方法
  4. いつから産休に入るか悩んでいる人へ!産休の取り方
  5. 産休に入るための正しい挨拶方法


赤ちゃんに起こる症状
  1. 赤ちゃんの鼻詰まり解消方法
  2. 夜泣きとの上手な付き合い方
  3. 赤ちゃんはいつから外出してOK?初めての外出の注意点
  4. 新生児の授乳間隔のどれぐらいがベストなの?
  5. 赤ちゃんの顔にできる乳児湿疹の原因と対処法
  6. 赤ちゃんの肌がボロボロに!乳児湿疹の原因と改善策
  7. 新生児がミルクをすぐに吐くその理由とは!?
  8. 赤ちゃんの夜泣きとの上手な付き合い方

スポンサーリンク



妊娠 お腹 性別判断
妊娠から出産まで!元気な赤ちゃんを産むための過ごし方(ホーム)