赤ちゃんが母乳を吐く原因と改善方法

赤ちゃん 母乳 吐く 原因 改善方法

 

大人の感覚だと「吐く」というのは病気の症状という印象が強いですよね。なので、赤ちゃんが母乳をゲボっと多量に吐いたりするとびっくりすると思います。

 

基本的に、赤ちゃんが母乳を吐くのは「普通」なことです。異常ではないので心配する必要はありませんが、赤ちゃんからのお腹いっぱいのサインであることも多いので、見逃がしてもいけません。

 

新生児の赤ちゃんはまだ「お腹がいっぱい」という感覚がありません。なので、与えれば与えただけ飲んでしまうために母乳がたくさん出ていると飲みすぎてしまうものなのです。

 

スポンサーリンク

 

 

授乳の度に赤ちゃんが吐くようでしたら、もしかすると母乳が出すぎている可能性があります。赤ちゃんに授乳した後もまだ胸が張るようでしたら、搾乳して捨ててしまって良いでしょう。

 

そして、小さな赤ちゃんの体の構造は大人のように、胃の中のものをしっかり仕舞うことができないのも原因のひとつです。胃の入り口の蓋がまだしっかり閉まらず、胃もまっすぐな形をしています。

 

そのため体勢を少し変えたり、お腹を押されたりしただけで吐くことがあるのです。

 

ゲップをさせたり授乳する角度や、片方の胸に変えるときなどに赤ちゃんを動かすと吐くのは、体の構造上の問題なので心配要りません。

 

 

赤ちゃんの体重に注意してみよう

 

赤ちゃん 母乳 吐く 原因 改善方法

 

赤ちゃんの体質によっても、母乳をよく吐く子とあまり吐かない子がいます。

 

多量の母乳を吐いてしまうと、しっかり体に栄養が吸収されていないのではと不安になることもあると思います。

 

そんなときは体重の増え方に注目してみましょう。新生児から生後3ヶ月までの間は、最も体重の増え方に注目したい時期です。

 

スポンサーリンク

 

 

母乳の量のコントロールもこの時期は非常に大事で、軌道に乗るかどうかも決まってくるときですよね。

 

赤ちゃんが1日当たり、25グラム〜30グラム程度体重増加があるのであれば、問題ありません。吐く量が多くても、それ以上に体に吸収されているということになるので安心です。

 

母乳を吐かない赤ちゃんでも、1日20グラム以下の体重増加だと「授乳量が少ない」と判断されます。母乳を吐く頻度が高い、または吐く量が多い場合はそれが原因している可能性も考えられます。

 

反対に、体重増加のペースが早い場合は医師や保健師などから増えすぎを指摘されることもあります。授乳後に母乳を吐くのであれば、飲ませすぎている恐れがあるので量を調整して下さい。

 

 

寂しさを紛らわしてあげよう

 

赤ちゃん 母乳 吐く 原因 改善方法

 

母乳を吐く原因は、与えすぎの可能性が高いとお話しました。

 

でも、飲ませすぎてしまうのには「赤ちゃんが欲しがって泣くから」という理由を挙げるお母さんが多いんですよね。

 

おっぱいを離すと嫌がって泣くので、まだ足りないんだと思ってどんどん与えてしまうんです。

 

もちろん、母乳は欲しがるだけ与えて良いとされています。でも、吐く量が多い時は量を制限する必要があります。

 

乳首を離すと泣いてしまうというのは、もっと飲みたいわけではなく口寂しくなってしまうから、という場合が多いです。

 

赤ちゃんは精神安定のためにお母さんのおっぱいを吸いますので、吸い付く行為というのは栄養補給のためだけではないんですね。

 

例えば授乳が終わっても泣き止まないのであれば、おしゃぶりを与えたり指しゃぶりをあえて促して、他の方法で口寂しさを紛らわしてあげると効果的です。

 

おしゃぶりは生後1ヶ月ごろから使えるものもありますが、母乳中心の赤ちゃんは嫌ってしまうことも多いですが・・・。

 

また、授乳後も抱っこをしてしばらくゆらゆらと揺らして寝かせてみるようにしましょう。寝かしつけを授乳に頼りきっていると、与えすぎによる吐き戻しが多くなります。

関連記事(一部広告)


人気記事ランキング
  1. 妊娠中に起こる腰痛の原因と改善方法
  2. 立ち会い出産のメリットとは?
  3. 出産が怖い女性はイメージトレーニングで乗り切ろう!
  4. 妊娠と着床出血のウソ・ホント
  5. 出産後の生理はいつから始まる?
  6. 流産後の妊娠はいつから大丈夫?
  7. 食欲をセーブする3つの方法
  8. 飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?
  9. 子供の発熱に関するQ&A
  10. 妊婦さんのストレス発散…!みんなはどうしてる?


出生前診断について
  1. ザックリわかりやすく!出生前診断の種類・概要・受ける時期
  2. 【実体験】絨毛検査と費用
  3. 【実体験】初期・中期胎児ドッグと費用


妊娠中・産後の症状について
  1. 妊娠中の感染に気を付けて!サイトメガロウイルスって何?
  2. 妊婦さんはお寿司を食べていいの?嘘?ホント?
  3. 凄すぎる出産!妊娠に気付かない女性
  4. 妊娠中の性病は危険!性病の母子感染リスク
  5. 産後の腹痛は危険だった
  6. 産後うつと育児ノイローゼの症状の違い
  7. 産後の気になる”出血”のあれこれ
  8. 出産後の生理はいつから始まる?生理痛の変化
  9. 産後の生理不順との付き合い方≪原因や解消法≫


気をつける重要な事
  1. 食事で気をつける重要な事
  2. 食欲をセーブする3つの方法
  3. 妊娠中のカフェインは危険!?
  4. 飲酒・喫煙を止められない人へ!


辛いつわりについて
  1. つら〜い”つわり”はいつまで続くの?
  2. ”つわり”を乗り切る5つの対処法
  3. つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!
  4. つわりは赤ちゃんが元気な証拠…は嘘?


働くお母さんへ
  1. つわりが辛い…!妊娠初期の仕事との付き合い方
  2. 産休中も手当てがもらえる出産手当金について
  3. 産休中の給料減…赤ちゃん用品や生活費の節約方法
  4. いつから産休に入るか悩んでいる人へ!産休の取り方
  5. 産休に入るための正しい挨拶方法


赤ちゃんに起こる症状
  1. 赤ちゃんの鼻詰まり解消方法
  2. 夜泣きとの上手な付き合い方
  3. 赤ちゃんはいつから外出してOK?初めての外出の注意点
  4. 新生児の授乳間隔のどれぐらいがベストなの?
  5. 赤ちゃんの顔にできる乳児湿疹の原因と対処法
  6. 赤ちゃんの肌がボロボロに!乳児湿疹の原因と改善策
  7. 新生児がミルクをすぐに吐くその理由とは!?
  8. 赤ちゃんの夜泣きとの上手な付き合い方

スポンサーリンク



赤ちゃん 母乳 吐く 原因 改善方法
妊娠から出産まで!元気な赤ちゃんを産むための過ごし方(ホーム)