赤ちゃんがいきなりミルクを吐く理由と原因

赤ちゃん ミルク 吐く なぜ

 

母乳の赤ちゃんもミルクの赤ちゃんも、しょっちゅう吐いてしまうものですよね。ちゃんとゲップをさせたのに、なぜこんなに吐くのだろうと不安になるお母さんも多いはず。

 

基本的に、大人の嘔吐と赤ちゃんの「吐く」こととは全く別物と考えましょう。ミルクをよく吐くからと言って、「何かの病気なのでは?」「具合が良くないのでは?」と不安になることはありません。

 

赤ちゃんというのは、まだ体や意識の発達が未熟なためにミルクを吐くんです。

 

吐いてしまったら正しく対処し、今後なるべく吐かないようにお母さんがコントロールしてあげるよう心がけるだけで大丈夫です。

 

 

体の構造上、ミルクを吐くことも

 

赤ちゃん ミルク 吐く なぜ

 

まだ小さな赤ちゃんは、胃がまっすぐになっているので飲んだものが逆流しやすくなっています。

 

また、胃の入り口もしっかり閉まらないことが多いので、ちょっとしたことで吐いてしまうのです。

 

スポンサーリンク

 

 

例えば、体勢を変えたり赤ちゃんが大きく動いたり…そんな何気ない刺激で、ミルクが逆流してしまうのです。

 

しっかりゲップをさせると吐き難くなると言われていますが、ゲップが出たから絶対に吐かないわけでもないですし、必ずゲップが出るとも限らないのです。

 

 

ミルクを飲みすぎて吐く

 

ミルクをよく吐く赤ちゃんは、母乳やミルクを飲み過ぎている可能性があります。大人は満腹感や満足感を感じて食事をコントロールすることができますよね。

 

しかし、赤ちゃんにはまだそのようなコントロールは不可能です。

 

お腹がいっぱいでも、苦しくても与えられたら与えられただけ飲んでしまいます。

 

特に授乳をしながら寝かしつけることが多いので、哺乳瓶やおっぱいをくわえる時間が長くなり、飲みすぎに繋がることもあります。

 

スポンサーリンク

 

 

大体、生後3〜4ヶ月頃までに成長すると満腹感や満足感を感じるようになり、途中で口を離すようになると思います。それまでの期間は飲ませすぎてしまうこともあるでしょう。

 

ミルクの場合はあげすぎると栄養過多になるので、量や空き時間をしっかり守るように心がけて下さいね。混合の場合も、ミルクを足す必要がないのにあげているケースもあるのでよく観察してみましょう。

 

 

母乳の赤ちゃんはミルクをよく吐く?

 

赤ちゃん ミルク 吐く なぜ

 

母乳って、哺乳瓶でミルクをあげるのとは違って飲んだ量がよく分からないものですよね。

 

飲ませる時間を測りながらあげているお母さんも多いと思いますが、人によって母乳が出る量も違うし、赤ちゃんが吸う早さや力も違うのでまちまち。

 

長時間吸っているのに量的には大して飲んでいないこともあれば、短時間でものすごくたくさんの母乳を吸える赤ちゃんもいるということです。

 

さらに母乳であれば、泣いたら飲ませてOKと言われることも多いのでどうしてもあげすぎの傾向があります。

 

ミルクをよく吐いて始末が大変だという場合には、泣いたら少しだけ他の方法で気を逸らすなどの工夫をしてみると良いかもしれませんね。

 

3〜4ヶ月を過ぎた赤ちゃんでも、ミルクを吐くことはよくあります。たくさん吐いて衣服が汚れたらすぐに着替えさせてあげましょう。

 

濡れているのに気付かずに放置しておくと、嫌なニオイがしたり赤ちゃんが不快でぐずったりすることもあります。

 

また、首のシワや耳の周辺に吐いたミルクが垂れて入り込んでしまうのもよくある光景です。首や耳回りは常にチェックして、汚れたらすぐに拭き取ってあげるようにして下さい。

 

特に喉の方の首のシワは、入り込んだミルクかすで肌が荒れたりニオイが出やすい場所です。

 

ミルクを頻繁に吐くことが分かっていれば、スタイやガーゼなど(顔にかからないように注意して観察しましょう)を取り付けておくと便利です。それだけ交換すれば良いので、着替えの手間や洗濯物が減ります。

関連記事(一部広告)


人気記事ランキング
  1. 妊娠中に起こる腰痛の原因と改善方法
  2. 立ち会い出産のメリットとは?
  3. 出産が怖い女性はイメージトレーニングで乗り切ろう!
  4. 妊娠と着床出血のウソ・ホント
  5. 出産後の生理はいつから始まる?
  6. 流産後の妊娠はいつから大丈夫?
  7. 食欲をセーブする3つの方法
  8. 飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?
  9. 子供の発熱に関するQ&A
  10. 妊婦さんのストレス発散…!みんなはどうしてる?


出生前診断について
  1. ザックリわかりやすく!出生前診断の種類・概要・受ける時期
  2. 【実体験】絨毛検査と費用
  3. 【実体験】初期・中期胎児ドッグと費用


妊娠中・産後の症状について
  1. 妊娠中の感染に気を付けて!サイトメガロウイルスって何?
  2. 妊婦さんはお寿司を食べていいの?嘘?ホント?
  3. 凄すぎる出産!妊娠に気付かない女性
  4. 妊娠中の性病は危険!性病の母子感染リスク
  5. 産後の腹痛は危険だった
  6. 産後うつと育児ノイローゼの症状の違い
  7. 産後の気になる”出血”のあれこれ
  8. 出産後の生理はいつから始まる?生理痛の変化
  9. 産後の生理不順との付き合い方≪原因や解消法≫


気をつける重要な事
  1. 食事で気をつける重要な事
  2. 食欲をセーブする3つの方法
  3. 妊娠中のカフェインは危険!?
  4. 飲酒・喫煙を止められない人へ!


辛いつわりについて
  1. つら〜い”つわり”はいつまで続くの?
  2. ”つわり”を乗り切る5つの対処法
  3. つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!
  4. つわりは赤ちゃんが元気な証拠…は嘘?


働くお母さんへ
  1. つわりが辛い…!妊娠初期の仕事との付き合い方
  2. 産休中も手当てがもらえる出産手当金について
  3. 産休中の給料減…赤ちゃん用品や生活費の節約方法
  4. いつから産休に入るか悩んでいる人へ!産休の取り方
  5. 産休に入るための正しい挨拶方法


赤ちゃんに起こる症状
  1. 赤ちゃんの鼻詰まり解消方法
  2. 夜泣きとの上手な付き合い方
  3. 赤ちゃんはいつから外出してOK?初めての外出の注意点
  4. 新生児の授乳間隔のどれぐらいがベストなの?
  5. 赤ちゃんの顔にできる乳児湿疹の原因と対処法
  6. 赤ちゃんの肌がボロボロに!乳児湿疹の原因と改善策
  7. 新生児がミルクをすぐに吐くその理由とは!?
  8. 赤ちゃんの夜泣きとの上手な付き合い方

スポンサーリンク



赤ちゃん ミルク 吐く なぜ
妊娠から出産まで!元気な赤ちゃんを産むための過ごし方(ホーム)