妊娠中は不安だらけ!妊娠から出産までの不安解消法

妊娠 出産 不安 解消法

 

妊娠すると、女性の体の中はめまぐるしく変化していき、それに伴って分泌されるホルモンの種類や量も変わります。

 

ホルモンバランスの影響で、不安になったりイライラしたりすることは皆さんもよくご存知のことでしょう。生理前症候群などもその一種であり、多くの女性が経験したことがあるでしょう。

 

妊娠初期から、つわりをはじめとする様々な体調の変化が表れます。体の変化に心がついて行けずに、不安を感じてしまうのも無理はありません。

 

妊娠中は不安やイライラといった、情緒不安に陥ってもしかたがないのだと開き直ることも、実は大事なのです。

 

 

お腹の赤ちゃんの発育への不安

 

妊娠 出産 不安 解消法

 

妊娠初期は、最も流産しやすい時期。全ての妊娠の10〜15%は流産してしまうと言われており、決して珍しいことではありません。

 

以前に流産経験のある人や、待望の妊娠だった場合は特に、順調に赤ちゃんが育っているか不安になりやすいもの。

 

しかし、不安を感じすぎて生活に制限をかけすぎること、またはストレスを抱え込むことで胎児に悪影響となる可能性もあります。

 

スポンサーリンク

 

 

初期の流産の場合はほとんどが胎児側の染色体異常によって起こります。決して母親の努力で防げるものばかりではないので、極端に不安に考えすぎないように注意しましょう。

 

また、中期以降もどんどん体は変化していきます。お腹は安定期以降急激に大きくなりますし、お腹だけでなく乳房も大きく張ってきます。さらには胎動や胃や膀胱の圧迫感など、様々な変化を感じと思います。

 

心配なことや不安に思うことは、健診で医師に相談してみてください。ひとりでもんもんと悩んでいるとストレスが溜まりますから、病院に行けないときは電話で質問するなどしてもOK。

 

 

妊娠〜出産に対する不安

 

妊娠後期になると、いよいよ出産の準備を開始しなくてはなりません。入院準備、自宅に赤ちゃんを迎える準備、お産への予備知識の勉強などなど・・・。やるべきことが少しずつ増えてきますね。

 

ここで感じてしまうのは、「出産に対する不安感」ではないでしょうか。それだけの痛みなのだろう・・・自分は出産に耐えられるのか・・・・そうした不安を感じない人はいないでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

出産に対しては、「痛い」「苦しい」という怖いイメージばかりが語られがちです。

 

しかし、不安なイメージばかりして緊張してしまうと、実際に難産になってしまう可能性も高まるのです。

 

リラックスして待ち望むような心でいることで、赤ちゃんとお母さんの絆が深まって安産になるという説だってあるのです!案ずるより産むが易し、根性がなくて出産できなかったなんて人はいませんから、深く悩み過ぎないようにしましょう。

 

 

育児に対する不安

 

妊娠 出産 不安 解消法

 

出産間近になると、育児教室などに参加する機会もあるかもしれませんね。おっぱいやミルクの上げかたや沐浴のしかた、首の座らない赤ちゃんの抱き方など・・・。

 

初産の人にとっては、育児は未知の世界ですよね。そこでまた、育児に関する不安を抱えてしまう人も多いのでは。

 

赤ちゃんの扱いというのは、説明されてできるようになるもの・・・でもないんです。産んでみて、助産師さんの見よう見真似で始めるもの。

 

しかし、出産後2〜3日も過ぎればすっかり手馴れてくるでしょう。基本的なお世話に関して、妊娠中から不安を感じる必要はありません。誰でも我が子は可愛いですし、何とかやっていけるものなのですよ。

 

妊娠中のお母さんの不安は、赤ちゃんにも伝わってしまうと言います。ストレスの影響がどれだけあるかという医学的根拠はありませんが、不安が多いよりも健やかな妊娠生活の方が良いに決まっています。

 

子供が産まれれば、ゆっくりご飯を食べる時間も眠る時間も限られます。残りの妊娠生活を大いに楽しんで欲しいと思います!

関連記事(一部広告)


人気記事ランキング
  1. 妊娠中に起こる腰痛の原因と改善方法
  2. 立ち会い出産のメリットとは?
  3. 出産が怖い女性はイメージトレーニングで乗り切ろう!
  4. 妊娠と着床出血のウソ・ホント
  5. 出産後の生理はいつから始まる?
  6. 流産後の妊娠はいつから大丈夫?
  7. 食欲をセーブする3つの方法
  8. 飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?
  9. 子供の発熱に関するQ&A
  10. 妊婦さんのストレス発散…!みんなはどうしてる?


出生前診断について
  1. ザックリわかりやすく!出生前診断の種類・概要・受ける時期
  2. 【実体験】絨毛検査と費用
  3. 【実体験】初期・中期胎児ドッグと費用


妊娠中・産後の症状について
  1. 妊娠中の感染に気を付けて!サイトメガロウイルスって何?
  2. 妊婦さんはお寿司を食べていいの?嘘?ホント?
  3. 凄すぎる出産!妊娠に気付かない女性
  4. 妊娠中の性病は危険!性病の母子感染リスク
  5. 産後の腹痛は危険だった
  6. 産後うつと育児ノイローゼの症状の違い
  7. 産後の気になる”出血”のあれこれ
  8. 出産後の生理はいつから始まる?生理痛の変化
  9. 産後の生理不順との付き合い方≪原因や解消法≫


気をつける重要な事
  1. 食事で気をつける重要な事
  2. 食欲をセーブする3つの方法
  3. 妊娠中のカフェインは危険!?
  4. 飲酒・喫煙を止められない人へ!


辛いつわりについて
  1. つら〜い”つわり”はいつまで続くの?
  2. ”つわり”を乗り切る5つの対処法
  3. つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!
  4. つわりは赤ちゃんが元気な証拠…は嘘?


働くお母さんへ
  1. つわりが辛い…!妊娠初期の仕事との付き合い方
  2. 産休中も手当てがもらえる出産手当金について
  3. 産休中の給料減…赤ちゃん用品や生活費の節約方法
  4. いつから産休に入るか悩んでいる人へ!産休の取り方
  5. 産休に入るための正しい挨拶方法


赤ちゃんに起こる症状
  1. 赤ちゃんの鼻詰まり解消方法
  2. 夜泣きとの上手な付き合い方
  3. 赤ちゃんはいつから外出してOK?初めての外出の注意点
  4. 新生児の授乳間隔のどれぐらいがベストなの?
  5. 赤ちゃんの顔にできる乳児湿疹の原因と対処法
  6. 赤ちゃんの肌がボロボロに!乳児湿疹の原因と改善策
  7. 新生児がミルクをすぐに吐くその理由とは!?
  8. 赤ちゃんの夜泣きとの上手な付き合い方

スポンサーリンク



妊娠 出産 不安 解消法
妊娠から出産まで!元気な赤ちゃんを産むための過ごし方(ホーム)