妊婦さん必見!風邪を引かないための予防法や対策法

妊婦 風邪 予防法 対策

 

妊婦さんは、お腹の赤ちゃんや妊娠経過のためにも注意すべきことがたくさんあって大変ですよね。中でも、妊娠中にひいてしまう風邪は特に厄介です。

 

妊娠中って、実は免疫力抵抗力が弱まっているのです。

 

お腹の赤ちゃんに栄養が優先的に送られるため、妊婦さん自身はエネルギー不足になっていることもあります。

 

また、つわりのひどい妊娠初期は、食べることもままならなかったり、寝て過ごす時間が増える人も多いですよね。

 

スポンサーリンク

 

 

そうなると体力が著しく低下するので、ちょっとしたことで風邪をひいてしまうようになります。風邪をひきやすくなる上に、一度ひいてしまった症状がなかなか治らず長引いてしまうケースも。

 

ウイルスは体にとっては「異物」と判断されます。そして、妊娠という状態も言ってみれば「異物」なのです。妊娠中も抵抗力や免疫力がそのまま維持されると、お腹の赤ちゃんまでも異物として排出しようとしてしまう可能性が。

 

そのため妊婦さんは特別、抵抗力や免疫力が弱くなるというわけなのです。

 

 

妊婦さんが風邪をひくと困ること

 

妊婦 風邪 予防法 対策

 

まず、妊娠中は薬を飲むことは極力避けるべきと言われています。

 

産婦人科で相談して、飲める薬を出してもらうという人も多いです。もちろん、自力で治そうとして長引いてしまうのであれば、薬を服用して症状を早く抑えることも大事。

 

しかし、できれば薬は飲みたくないという妊婦さんも多いですし、時期的に薬の処方はできないと診断されることもあります。

 

また、鼻水鼻づまりくらいでしたらどうってことはないのですが、熱が出たり激しく咳き込んだりするのはちょっと心配です。

 

スポンサーリンク

 

 

妊婦さん自身が高い熱を出すと、お腹の赤ちゃんを包んでいる羊水の温度も上がってしまいます。

 

羊水の温度上昇によって赤ちゃんが危険にさらされるというケースも稀にあります。風邪で体がしんどいな、と感じたらこまめに熱を測りましょう。高くなってきたらすぐに産婦人科を受診して指示を仰ぐようにしてください。

 

そして、激しい咳き込みもお腹に圧力がかかってしまうので要注意。気管支炎などを起こしてしまうと、終始咳が止まらない状態になることも。

 

咳はなかなか素人治療では良くならないことが多いものです。妊娠中の咳はなるべく早めに病院で対処してもらった方が安心だと思います。

 

 

心がけたい風邪予防

 

妊婦 風邪 予防法 対策

 

妊婦さんは、人一倍風邪を引かないように注意して過ごさなければなりません。

 

基本的な風邪予防を徹底するようにしましょう。

 

  • 手洗い
  • うがい
  • 規則正しい食事
  • 十分な休養
  • 人ごみでのマスク着用

 

などなど…

 

つわりが治まったばかりの頃は特に対策をしっかりして下さい。食生活や生活習慣が乱れたことで、体が一段と弱くなっていると思います。

 

つわりが治まったことで張り切ってお出かけスポットに出かけ、風邪に感染するというケースはとても多いもの。この時期はその他感染症の危険もあるので、なるべく人ごみへ出かけるのは避けるのが無難。

 

どうしてもという場合は風邪予防・対策をしっかり行って出かけるようにしましょう。

 

 

冬場を乗り切るには

 

妊娠中に冬を越す妊婦さんは、特に風邪や感染症に注意しましょう。

 

冬場はインフルエンザや胃腸風邪など様々な感染ウイルスが飛び交っています。インフルエンザは、妊娠中でも治療薬を飲むことは可能ですが、高熱が出るのが特徴の病気ですので要注意。

 

また、胃腸風邪などは非常に感染力が強く抗体がつかないものです。ワンシーズンで繰り返し発症することもあるので、十分注意しながら生活しましょう。

 

妊婦さん自身だけでなく、夫や他の家族、上のお子さんなどの風邪対策も徹底しましょう。

 

特に男性は予防に対する意識が低い傾向にありますので、ご夫婦で話し合って下さいね。

関連記事(一部広告)


人気記事ランキング
  1. 妊娠中に起こる腰痛の原因と改善方法
  2. 立ち会い出産のメリットとは?
  3. 出産が怖い女性はイメージトレーニングで乗り切ろう!
  4. 妊娠と着床出血のウソ・ホント
  5. 出産後の生理はいつから始まる?
  6. 流産後の妊娠はいつから大丈夫?
  7. 食欲をセーブする3つの方法
  8. 飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?
  9. 子供の発熱に関するQ&A
  10. 妊婦さんのストレス発散…!みんなはどうしてる?


出生前診断について
  1. ザックリわかりやすく!出生前診断の種類・概要・受ける時期
  2. 【実体験】絨毛検査と費用
  3. 【実体験】初期・中期胎児ドッグと費用


妊娠中・産後の症状について
  1. 妊娠中の感染に気を付けて!サイトメガロウイルスって何?
  2. 妊婦さんはお寿司を食べていいの?嘘?ホント?
  3. 凄すぎる出産!妊娠に気付かない女性
  4. 妊娠中の性病は危険!性病の母子感染リスク
  5. 産後の腹痛は危険だった
  6. 産後うつと育児ノイローゼの症状の違い
  7. 産後の気になる”出血”のあれこれ
  8. 出産後の生理はいつから始まる?生理痛の変化
  9. 産後の生理不順との付き合い方≪原因や解消法≫


気をつける重要な事
  1. 食事で気をつける重要な事
  2. 食欲をセーブする3つの方法
  3. 妊娠中のカフェインは危険!?
  4. 飲酒・喫煙を止められない人へ!


辛いつわりについて
  1. つら〜い”つわり”はいつまで続くの?
  2. ”つわり”を乗り切る5つの対処法
  3. つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!
  4. つわりは赤ちゃんが元気な証拠…は嘘?


働くお母さんへ
  1. つわりが辛い…!妊娠初期の仕事との付き合い方
  2. 産休中も手当てがもらえる出産手当金について
  3. 産休中の給料減…赤ちゃん用品や生活費の節約方法
  4. いつから産休に入るか悩んでいる人へ!産休の取り方
  5. 産休に入るための正しい挨拶方法


赤ちゃんに起こる症状
  1. 赤ちゃんの鼻詰まり解消方法
  2. 夜泣きとの上手な付き合い方
  3. 赤ちゃんはいつから外出してOK?初めての外出の注意点
  4. 新生児の授乳間隔のどれぐらいがベストなの?
  5. 赤ちゃんの顔にできる乳児湿疹の原因と対処法
  6. 赤ちゃんの肌がボロボロに!乳児湿疹の原因と改善策
  7. 新生児がミルクをすぐに吐くその理由とは!?
  8. 赤ちゃんの夜泣きとの上手な付き合い方

スポンサーリンク



妊婦 風邪 予防法 対策
妊娠から出産まで!元気な赤ちゃんを産むための過ごし方(ホーム)