赤ちゃんの鼻詰まり解消法と注意点

赤ちゃん 鼻詰まり 解消方法

 

赤ちゃんのうちは発熱こそあまりしないものの、鼻風邪をよくひくものです。

 

まだ免疫力も弱いので、ちょっとしたことで風邪をひく子も多いでしょう。上に兄弟のいる赤ちゃんなども、風邪をもらって鼻詰まりを起こしやすいもの。

 

しかし、まだしっかり鼻をかめないのでどうしても鼻詰まりを起こしてしまうんですよね。

 

鼻詰まりがあると、呼吸がいつもより苦しいので不機嫌になりぐずったり、夜もぐっすり眠れないということがあります。

 

スポンサーリンク

 

 

鼻水は比較的大きくなっても、長引きやすい風邪症状のひとつです。赤ちゃんは鼻をかんでバイ菌を外に出す行為ができないぶん、鼻詰まりが長引いてしまう傾向にあります。

 

赤ちゃんを卒業した2〜3歳になっても鼻を上手にかめる子は少ないので、子育て中の鼻詰まりはお母さんたちのネックになっているようにも思います。

 

 

なるべく早く病院に行って解消しよう

 

赤ちゃん 鼻詰まり 解消方法

 

何だかんだと言っても、最も効果的な解消法は早めに病院に連れていくこと。なぜなら赤ちゃんの鼻水というのは、自己流の方法を試しても入り口付近の鼻水しか取り除けないからです。

 

ティッシュで拭き取ったり、市販されている鼻水吸い取り器を使ったり、部屋の湿度調節をしたり・・・・。

 

自己流解消法というのは複数あるのですが、結局のところ根本改善にはなりません。

 

市販の鼻水吸い取り器も画期的なように思えますが、実は奥の鼻詰まりまでは吸いとれませんし、赤ちゃんが大泣きして嫌がることも多いです。お母さんは余計に労力を使うことになるかも。

 

耳鼻科などに行くと、電動の医療用の鼻吸い器を貸してくれるところもあります。(けっこう重たくて持ち帰るのが大変ですが…)市販のものより強力ですし、簡単に鼻詰まりがとれて手っ取り早く解消できます。

 

スポンサーリンク

 

 

もちろん貸し出しがなくても、病院でしっかり奥の鼻詰まりを吸い取ってもらい、薬を処方してもらうだけでも治りが格段に早いです。ちょっと鼻の調子が怪しいかな・・・?と思ったら早めに病院へ行くことをおすすめします。

 

熱もないし、鼻詰まりだけだからと病院に行かないことも多いでしょう。冬場は外に連れて行くのも大変ですし、病院でもらわなくて良い菌をもらってくることを懸念するお母さんも多いものです。

 

しかし、鼻詰まりが解消されない赤ちゃんはおっぱいやミルクを飲むのも大変なのです。授乳の際は口が塞がれてしまい、呼吸ができなくなるのでうまくおっぱやミルクを飲めません。場合によっては、鼻水が喉に回って咳をし始めることもあります。

 

万全にウィルス対策をしてあげればOK。鼻詰まりがなかなか解消しないと、赤ちゃんもお母さんもぐっすり寝れない苦しい日が続きます。病院を怖がり過ぎないようにして欲しいと思います。

 

 

赤ちゃんが小さければ小さいほど、早く解消してあげて

 

赤ちゃん 鼻詰まり 解消方法

 

赤ちゃんが小さければ小さいほど、鼻腔も狭くて鼻水が詰まり易くなります。新生児のうちに風邪をひかせてしまうのはちょっと心配ですが、生後3ヶ月までの赤ちゃんは特に鼻詰まりで不機嫌になります。

 

新生児はまだほとんど口呼吸ができず、主に鼻から空気を取り込んでいます。成長するにつれて、苦しい時は口呼吸に切り替えられるようになるのですが、新生児にはまだまだ難しいこと。

 

月例が小さい赤ちゃんほど鼻詰まりで苦しくなりやすく、不機嫌になるため夜泣きや不機嫌なグズリを起こすので、早く解消してあげましょう。

 

新生児でも鼻の薬を飲むことができますので、小児科に早めに相談するようにしましょう。

 

また、それぞれの赤ちゃんの体質や鼻の形によって鼻詰まりを起こしやすいということもあります。

 

標準より小さめの赤ちゃんや、風邪をひくと必ず鼻詰まりを起こす赤ちゃんは特に早めの対処を心がけましょう。

関連記事(一部広告)


人気記事ランキング
  1. 妊娠中に起こる腰痛の原因と改善方法
  2. 立ち会い出産のメリットとは?
  3. 出産が怖い女性はイメージトレーニングで乗り切ろう!
  4. 妊娠と着床出血のウソ・ホント
  5. 出産後の生理はいつから始まる?
  6. 流産後の妊娠はいつから大丈夫?
  7. 食欲をセーブする3つの方法
  8. 飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?
  9. 子供の発熱に関するQ&A
  10. 妊婦さんのストレス発散…!みんなはどうしてる?


出生前診断について
  1. ザックリわかりやすく!出生前診断の種類・概要・受ける時期
  2. 【実体験】絨毛検査と費用
  3. 【実体験】初期・中期胎児ドッグと費用


妊娠中・産後の症状について
  1. 妊娠中の感染に気を付けて!サイトメガロウイルスって何?
  2. 妊婦さんはお寿司を食べていいの?嘘?ホント?
  3. 凄すぎる出産!妊娠に気付かない女性
  4. 妊娠中の性病は危険!性病の母子感染リスク
  5. 産後の腹痛は危険だった
  6. 産後うつと育児ノイローゼの症状の違い
  7. 産後の気になる”出血”のあれこれ
  8. 出産後の生理はいつから始まる?生理痛の変化
  9. 産後の生理不順との付き合い方≪原因や解消法≫


気をつける重要な事
  1. 食事で気をつける重要な事
  2. 食欲をセーブする3つの方法
  3. 妊娠中のカフェインは危険!?
  4. 飲酒・喫煙を止められない人へ!


辛いつわりについて
  1. つら〜い”つわり”はいつまで続くの?
  2. ”つわり”を乗り切る5つの対処法
  3. つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!
  4. つわりは赤ちゃんが元気な証拠…は嘘?


働くお母さんへ
  1. つわりが辛い…!妊娠初期の仕事との付き合い方
  2. 産休中も手当てがもらえる出産手当金について
  3. 産休中の給料減…赤ちゃん用品や生活費の節約方法
  4. いつから産休に入るか悩んでいる人へ!産休の取り方
  5. 産休に入るための正しい挨拶方法


赤ちゃんに起こる症状
  1. 赤ちゃんの鼻詰まり解消方法
  2. 夜泣きとの上手な付き合い方
  3. 赤ちゃんはいつから外出してOK?初めての外出の注意点
  4. 新生児の授乳間隔のどれぐらいがベストなの?
  5. 赤ちゃんの顔にできる乳児湿疹の原因と対処法
  6. 赤ちゃんの肌がボロボロに!乳児湿疹の原因と改善策
  7. 新生児がミルクをすぐに吐くその理由とは!?
  8. 赤ちゃんの夜泣きとの上手な付き合い方

スポンサーリンク



赤ちゃん 鼻詰まり 解消方法
妊娠から出産まで!元気な赤ちゃんを産むための過ごし方(ホーム)