妊娠中に起こる腰痛の原因と改善方法

妊娠 腰痛 原因 改善方法

 

妊娠中のつらい症状の中でも、なかなかつらいのが「腰痛」です。もともと腰痛持ちの女性は特に強い痛みを感じることが多く、今まで腰痛の経験がなくても痛むようになります。

 

赤ちゃんをお腹の中で育てるのですから、もちろん腰に負担がかかるもの。出産が近付けば近付くほど、骨盤のじん帯が緩んできますから痛みは激しくなります。

 

しかし、原因の解明と対策次第でだいぶ楽になることが多いもの。産後の骨盤矯正の知識も含め、対策を考えていきたいと思います。

 

 

”リラキシン”というホルモンが原因

 

妊娠すると分泌されるホルモンはいくつかありますが、その中でも腰痛の原因となるのが「リラキシン」です。これは出産の準備をするためのホルモンで、骨盤のじん帯を緩める働きがあります。

 

骨盤の中を赤ちゃんが通れるようにするために分泌され、出産が近付くほど骨盤のゆるみが進みます。

 

スポンサーリンク

 

 

骨盤のじん帯が緩むことが、直接の痛みの原因ではありません。

 

じん帯が緩んだことで、他の筋肉への負担が大きくなっていくため、常に腰が凝り固まっている状態になるのです。

 

骨盤の緩みを腰全体の筋肉で支えることになる・・・というわけ。赤ちゃんや子宮内の重さ、プラスもともとの内臓の重さが全て緩んだ骨盤にかかるので、当然不調を感じます。

 

 

姿勢が変化して起こる腰痛

 

当然、お腹が大きく重たくなってくると以前と同じ姿勢で過ごすのは難しくなります。

 

重心が前方に向くため、バランスをとるために後ろにふんぞり返るような姿勢になることが多いです。座っているときも立っているときも、歩いているときも・・・・。

 

スポンサーリンク

 

 

長期間、背中を反らすような姿勢で過ごしていれば当然、腰への負担は大きくなり痛みを感じることに。この、体のバランスや姿勢による腰痛がある場合、膝や股関節など他の場所の痛みを併発することもあります。

 

お腹が大きくなっても立ち仕事を続けていたり、あるいは上のお子さんの面倒で動くことが多い場合などは悪化しやすくなると考えられます。

 

 

原因がどこにあるか探ろう!

 

妊娠 腰痛 原因 改善方法

 

腰痛の原因を特定しないと、症状は改善していかないもの。比較的妊娠の初期ごろから腰痛を感じる人は「リラキシン」の影響で腰痛を起こしている可能性が高いと言えます。

 

お腹が大きくないので、体の中の変化の問題ということになります。早いと妊娠4ヶ月初旬から強い痛みを感じることもあるでしょう。

 

反対に、お腹が大きくなってきてから起こる腰痛は、姿勢の変化による腰痛である可能性が高いです。後者の場合は特に注意すべきことが増えますので、日々の心がけ対策が必要になります。

 

  • 重たい物を持たない
  • 座りっぱなし・立ちっぱなしなど長時間同じ姿勢を続けない
  • 腰に負担の掛かる体勢や姿勢を避ける
  • 就寝時の姿勢も腰への負担が少ない姿勢を心がける

 

などなど、なるべく負荷をかけない工夫をしていきましょう。特に、妊娠初期から仰向けで寝る習慣を変えていきましょう。

 

お腹の重さが増えながら仰向けで寝ると、腰への負担がとても大きくなります。起き上がるのも困難なくらい痛むこともありますのでご注意を。

 

ホルモンによる腰痛でも、このような対策は必要。誰でも後期になればお腹が重たくなってきますから、腰への負担はこれまでよりも大きくなります。

 

極力無理な姿勢やつらい体勢をしないように注意していきましょう。

 

 

腰痛の改善方法

 

骨盤ベルトの使用

 

妊娠中に使える、骨盤ベルトさらしなどで骨盤を締めるのもおすすめです。

 

ベルトなどで骨盤をきゅっと締めてサポートすることで、筋肉にかかる負担を軽減するのです。なるべく妊婦さん専用の骨盤ベルトを使用するか、さらしなどで代用しましょう。

 

出産後にまた骨盤を締めるのにも使える、妊娠中〜産後タイプなども人気です。産後も頻繁な抱っこなどで腰痛を起こすことがあるので、持っていると安心かもしれませんね。

関連記事(一部広告)


人気記事ランキング
  1. 妊娠中に起こる腰痛の原因と改善方法
  2. 立ち会い出産のメリットとは?
  3. 出産が怖い女性はイメージトレーニングで乗り切ろう!
  4. 妊娠と着床出血のウソ・ホント
  5. 出産後の生理はいつから始まる?
  6. 流産後の妊娠はいつから大丈夫?
  7. 食欲をセーブする3つの方法
  8. 飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?
  9. 子供の発熱に関するQ&A
  10. 妊婦さんのストレス発散…!みんなはどうしてる?


出生前診断について
  1. ザックリわかりやすく!出生前診断の種類・概要・受ける時期
  2. 【実体験】絨毛検査と費用
  3. 【実体験】初期・中期胎児ドッグと費用


妊娠中・産後の症状について
  1. 妊娠中の感染に気を付けて!サイトメガロウイルスって何?
  2. 妊婦さんはお寿司を食べていいの?嘘?ホント?
  3. 凄すぎる出産!妊娠に気付かない女性
  4. 妊娠中の性病は危険!性病の母子感染リスク
  5. 産後の腹痛は危険だった
  6. 産後うつと育児ノイローゼの症状の違い
  7. 産後の気になる”出血”のあれこれ
  8. 出産後の生理はいつから始まる?生理痛の変化
  9. 産後の生理不順との付き合い方≪原因や解消法≫


気をつける重要な事
  1. 食事で気をつける重要な事
  2. 食欲をセーブする3つの方法
  3. 妊娠中のカフェインは危険!?
  4. 飲酒・喫煙を止められない人へ!


辛いつわりについて
  1. つら〜い”つわり”はいつまで続くの?
  2. ”つわり”を乗り切る5つの対処法
  3. つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!
  4. つわりは赤ちゃんが元気な証拠…は嘘?


働くお母さんへ
  1. つわりが辛い…!妊娠初期の仕事との付き合い方
  2. 産休中も手当てがもらえる出産手当金について
  3. 産休中の給料減…赤ちゃん用品や生活費の節約方法
  4. いつから産休に入るか悩んでいる人へ!産休の取り方
  5. 産休に入るための正しい挨拶方法


赤ちゃんに起こる症状
  1. 赤ちゃんの鼻詰まり解消方法
  2. 夜泣きとの上手な付き合い方
  3. 赤ちゃんはいつから外出してOK?初めての外出の注意点
  4. 新生児の授乳間隔のどれぐらいがベストなの?
  5. 赤ちゃんの顔にできる乳児湿疹の原因と対処法
  6. 赤ちゃんの肌がボロボロに!乳児湿疹の原因と改善策
  7. 新生児がミルクをすぐに吐くその理由とは!?
  8. 赤ちゃんの夜泣きとの上手な付き合い方

スポンサーリンク



妊娠 腰痛 原因 改善方法
妊娠から出産まで!元気な赤ちゃんを産むための過ごし方(ホーム)