妊娠中の飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?

妊娠 飲酒 喫煙 止められない

 

 

妊娠中の女性が、飲酒・喫煙をしてはいけないことは一般常識ですよね。罰せられるわけではなくとも、お腹の赤ちゃんへの影響や妊娠経過にも悪影響を及ぼします。

 

産婦人科でも、「お酒やタバコはやめてください」などと、わざわざ忠告されないことも多いです。それくらい「当然」の心得となっているように思います。

 

 

飲酒で起こる影響とは

 

妊娠中に習慣的に飲酒をしている場合、お腹の子供が「胎児性アルコール症候群」に陥ってしまう可能性があります。

 

胎児性アルコール症候群の子供は、発達障害行動障害、学習障害などが表れます。

 

これらの障害は、生まれてすぐに分かるものではなく、子供の成長過程で徐々に疑わしくなってくるもの。なので一概に妊娠中の飲酒のせいで障害を持ったとは、断定できない場合もあります。

 

スポンサーリンク

 

 

しかし、妊娠中の飲酒量が多ければ多いほど、子供が発達障害になるリスクは上がります。

 

昔は、この胎児性アルコール症候群は多量の飲酒習慣があった場合にみられるものだとされてきました。

 

しかし最近では少量の飲酒でも、子供に発達障害が起こった例も出てきています。なので量に関わらず、妊娠中にアルコールの影響を少しでも受けるのはリスキーだと捉えるべきでしょう。

 

 

喫煙での影響

 

妊娠 飲酒 喫煙 止められない

 

 

タバコというのは、非常に依存しやすい嗜好品です。そのため、妊娠してもなかなか禁煙できずに悩んでいる人も少なくありません。まず、喫煙をすると妊婦の血管は収縮して細くなります。

 

なので胎児に送られる血液や酸素がその分少なくなり、発育に影響が出ます。もちろん、少ない血液や酸素しかもらえない赤ちゃんも苦しい思いをするでしょう。

 

また、喫煙習慣をそのままにしている場合流早産や常位胎盤早期剥離のリスクも高まります。お腹の赤ちゃんの健康、妊娠経過、分娩時と全てに渡りリスクを高めてしまうのです。

 

 

少しなら喫煙・飲酒は良いってホント?

 

医師によっては、妊娠中でも少量の飲酒なら問題ないと説明することもあるようです。

 

喫煙に関しては、どうしてもストレスを感じるなら1日2〜3本までならOKとする医師も。医師の言うことなのだからと信じて、その通りにする人もいるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

 

ただ、はっきりと子供や母体に影響が出る程度が分かっているわけではありません。1日何mlだったら子供は健康に産まれる、1日何本のタバコだったら子供は順調に育つ――。

 

そんな風に、はっきり決められるものではありませんし、保証もありません。なので全ては「自己責任・自己判断」になってくると思います。

 

また、少しくらいだったら良いだろうと飲酒や喫煙を許してしまうと、量はだんだんと増えていくことも。たった1杯のお酒でも、飲まない人よりもリスクを背負いますし、1本のタバコでも非喫煙者より不健康になります。

 

 

後悔しないために、妊娠中は我慢を

 

妊娠 飲酒 喫煙 止められない

 

 

お腹の赤ちゃんのために・・・といくら考えても、まだまだ実感の沸かない我が子のことを想像できない人も多いはず。

 

飲酒や喫煙を止められない妊婦に対し、「子供を優先できないなんて、親失格!」と厳しく意見する人もいます。

 

でも、実際正しい親になっていくには長い時間と経験が必要です。妊娠してすぐに親としての自覚が持てる人なんて、そうそういないものです。

 

しかし、飲酒や喫煙はできればやめるべき。ならば自分のために止めようと考えてはどうでしょうか?

 

もし子供に何か障害があったとき、流産してしまったとき、分娩時に異常があったりしたとき・・・。

 

あなたはきっと自分を責めて嘆き悲しむと思います!

 

なぜ飲酒や喫煙ごときを止められなかったのかと、自分を厳しく罰すると思います。もちろん障害や流早産、分娩異常は誰にでも起こりうることです。

 

しかし自分に非があった場合と、そうでなかった場合では受け止め方も全く違います。まずは将来の自分のために、少しずつ我慢をしてみてはどうでしょうか。

関連記事(一部広告)


人気記事ランキング
  1. 妊娠中に起こる腰痛の原因と改善方法
  2. 立ち会い出産のメリットとは?
  3. 出産が怖い女性はイメージトレーニングで乗り切ろう!
  4. 妊娠と着床出血のウソ・ホント
  5. 出産後の生理はいつから始まる?
  6. 流産後の妊娠はいつから大丈夫?
  7. 食欲をセーブする3つの方法
  8. 飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?
  9. 子供の発熱に関するQ&A
  10. 妊婦さんのストレス発散…!みんなはどうしてる?


出生前診断について
  1. ザックリわかりやすく!出生前診断の種類・概要・受ける時期
  2. 【実体験】絨毛検査と費用
  3. 【実体験】初期・中期胎児ドッグと費用


妊娠中・産後の症状について
  1. 妊娠中の感染に気を付けて!サイトメガロウイルスって何?
  2. 妊婦さんはお寿司を食べていいの?嘘?ホント?
  3. 凄すぎる出産!妊娠に気付かない女性
  4. 妊娠中の性病は危険!性病の母子感染リスク
  5. 産後の腹痛は危険だった
  6. 産後うつと育児ノイローゼの症状の違い
  7. 産後の気になる”出血”のあれこれ
  8. 出産後の生理はいつから始まる?生理痛の変化
  9. 産後の生理不順との付き合い方≪原因や解消法≫


気をつける重要な事
  1. 食事で気をつける重要な事
  2. 食欲をセーブする3つの方法
  3. 妊娠中のカフェインは危険!?
  4. 飲酒・喫煙を止められない人へ!


辛いつわりについて
  1. つら〜い”つわり”はいつまで続くの?
  2. ”つわり”を乗り切る5つの対処法
  3. つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!
  4. つわりは赤ちゃんが元気な証拠…は嘘?


働くお母さんへ
  1. つわりが辛い…!妊娠初期の仕事との付き合い方
  2. 産休中も手当てがもらえる出産手当金について
  3. 産休中の給料減…赤ちゃん用品や生活費の節約方法
  4. いつから産休に入るか悩んでいる人へ!産休の取り方
  5. 産休に入るための正しい挨拶方法


赤ちゃんに起こる症状
  1. 赤ちゃんの鼻詰まり解消方法
  2. 夜泣きとの上手な付き合い方
  3. 赤ちゃんはいつから外出してOK?初めての外出の注意点
  4. 新生児の授乳間隔のどれぐらいがベストなの?
  5. 赤ちゃんの顔にできる乳児湿疹の原因と対処法
  6. 赤ちゃんの肌がボロボロに!乳児湿疹の原因と改善策
  7. 新生児がミルクをすぐに吐くその理由とは!?
  8. 赤ちゃんの夜泣きとの上手な付き合い方

スポンサーリンク



妊娠 飲酒 喫煙 止められない
妊娠から出産まで!元気な赤ちゃんを産むための過ごし方(ホーム)