つわりが辛い…!妊娠初期の仕事との付き合い方

つわり 辛い 妊娠初期 仕事

 

最近では、出産間際まで仕事を続けるアクティブな女性が増えていますね。産休制度、育休制度を利用すれば、出産後も仕事を続けることができるので心強いもの。

 

しかし、妊娠初期の悩みはなんと言っても「つわり」。症状が辛くて仕事どころではないという人も多いと思います。そんな、辛いつわり期の仕事との付き合い方について、ちょっぴり考えてみませんか?

 

 

職場は理解してくれる?

 

つわり 辛い 妊娠初期 仕事

 

一番の問題点は「つわりを理由に欠勤したり早退したりすることができるのか?」です。

 

つわりの症状は辛いもの・・・と頭では分かっていても、実際に経験した事のない人や経験することのできない男性は理屈でものを考えてしまう場合も。

 

一応、現在の日本では妊娠中の社員を配慮するのは義務化されています。

 

スポンサーリンク

 

 

母性健康管理指導事項連絡カードなどを利用して、医師から勤務先に業務負担の軽減を願い出る措置を取ることも可能。

 

しかし、こうした制度はあっても「心理的」な負担というものは存在します。

 

例えば、欠勤や早退、仕事のミスなどを迷惑がるような上司や同僚だっているでしょう。

 

マタニティハラスメントなどという言葉も生まれたように、妊娠中の仕事ぶりについてなにかとストレスを溜める機会はまだまだ多いもの。

 

こうしたストレスをまったくい感じずに、辛いつわり期の仕事を乗り切れるというケースは稀であるかもしれません。

 

 

女性の多い職場では長期休暇を取れることも?

 

職場の環境にもよりけりですが、場合によってはつわりが完全に落ち着くまで長期的に休養をとることができる会社もあります。

 

私の友人は重度のつわりで、何も食べられず病院で点滴をする程の辛い症状がありました。

 

スポンサーリンク

 

 

女性の多い職場だったこともあり、「無理しないで完全に良くなるまで休んで」と配慮してもらえたと言います。こうして会社に甘えられる環境であれば、思い切って中期にはいるまで休暇をもらうのも良いでしょう。

 

「明日は仕事に行けるかな・・・」「今日もまた行けなかった・・・」と気に病んでストレスを溜めるのは良くありません。

 

 

仕事を辞める選択を余儀なくされるケースも

 

つわり 辛い 妊娠初期 仕事

 

もちろん、職場によって妊婦への配慮の違いは大きいものです。中にはつわりが辛く、仕事になかなか出られなくなったため、そのまま退職を迫られるようなケースもあります。

 

もちろん、職場側に甘えられないというケースもあるでしょう。それだけでなく、妊婦さん自身が仕事を続けていける自信がなくなってしまうということもあります。

 

つわりは、およそ安定期に入る前には治まると言われています。

 

しかし中には、出産直前まで続いてしまう人もいますし、終わりがいつ訪れるかは分からないもの。体力も消耗するので、仕事に行ける状態ではなくなってしまうことも珍しくないのです。

 

 

仕事を続けることで軽減するケース

 

軽度のつわりであれば、家でじっとしているよりも仕事に出かけた方が気が紛れるという場合もあります。

 

もちろん無理は禁物ですが、職場で人と会話をしたり、集中したりすることでつわりの辛さを忘れられる時間が増えるという人もいます。

 

職場でこまめに休憩を取れる環境、異変があったらすぐに早退できる環境などが整っていることが前提ですが、外に出るのがつわり症状を軽減させるという場合もあるのです。

 

妊娠初期はとても不安定な時期なので、妊娠している事実を大っぴらには言わない方が良いでしょう。

 

ただし職場の上司や責任者、また仕事上協力をお願いする可能性のある人には、早めに妊娠を告げておく必要があります。「ご迷惑をおかけすることがあるかも…」と一言伝えておけば安心です。

関連記事(一部広告)


人気記事ランキング
  1. 妊娠中に起こる腰痛の原因と改善方法
  2. 立ち会い出産のメリットとは?
  3. 出産が怖い女性はイメージトレーニングで乗り切ろう!
  4. 妊娠と着床出血のウソ・ホント
  5. 出産後の生理はいつから始まる?
  6. 流産後の妊娠はいつから大丈夫?
  7. 食欲をセーブする3つの方法
  8. 飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?
  9. 子供の発熱に関するQ&A
  10. 妊婦さんのストレス発散…!みんなはどうしてる?


出生前診断について
  1. ザックリわかりやすく!出生前診断の種類・概要・受ける時期
  2. 【実体験】絨毛検査と費用
  3. 【実体験】初期・中期胎児ドッグと費用


妊娠中・産後の症状について
  1. 妊娠中の感染に気を付けて!サイトメガロウイルスって何?
  2. 妊婦さんはお寿司を食べていいの?嘘?ホント?
  3. 凄すぎる出産!妊娠に気付かない女性
  4. 妊娠中の性病は危険!性病の母子感染リスク
  5. 産後の腹痛は危険だった
  6. 産後うつと育児ノイローゼの症状の違い
  7. 産後の気になる”出血”のあれこれ
  8. 出産後の生理はいつから始まる?生理痛の変化
  9. 産後の生理不順との付き合い方≪原因や解消法≫


気をつける重要な事
  1. 食事で気をつける重要な事
  2. 食欲をセーブする3つの方法
  3. 妊娠中のカフェインは危険!?
  4. 飲酒・喫煙を止められない人へ!


辛いつわりについて
  1. つら〜い”つわり”はいつまで続くの?
  2. ”つわり”を乗り切る5つの対処法
  3. つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!
  4. つわりは赤ちゃんが元気な証拠…は嘘?


働くお母さんへ
  1. つわりが辛い…!妊娠初期の仕事との付き合い方
  2. 産休中も手当てがもらえる出産手当金について
  3. 産休中の給料減…赤ちゃん用品や生活費の節約方法
  4. いつから産休に入るか悩んでいる人へ!産休の取り方
  5. 産休に入るための正しい挨拶方法

スポンサーリンク



赤ちゃんに起こる症状
  1. 赤ちゃんの鼻詰まり解消方法
  2. 夜泣きとの上手な付き合い方
  3. 赤ちゃんはいつから外出してOK?初めての外出の注意点
  4. 新生児の授乳間隔のどれぐらいがベストなの?
  5. 赤ちゃんの顔にできる乳児湿疹の原因と対処法
  6. 赤ちゃんの肌がボロボロに!乳児湿疹の原因と改善策
  7. 新生児がミルクをすぐに吐くその理由とは!?
  8. 赤ちゃんの夜泣きとの上手な付き合い方



厳選8記事】妊娠中〜0歳児のお母さん必見!
つわり 辛い 妊娠初期 仕事
夜泣き・ダダこねさようなら〜!0歳からの幼児教育


双子専門サイト
つわり 辛い 妊娠初期 仕事
双子の妊娠・出産から育児まで!双子ママのあれこれ体験談まとめ



妊娠から出産まで!
つわり 辛い 妊娠初期 仕事
ママが元気な赤ちゃんを産むための過ごし方(全記事一覧)