赤ちゃんが激しい”いびき”をかく4つの原因と対策法

赤ちゃん いびき 原因 対策

 

いびきをかくのは、疲れて寝ているお父さんやおじいちゃん・・・ってイメージが強いかもしれません。子供ならまだしも、赤ちゃんにいびきのイメージはあまりないですよね。

 

でも、赤ちゃんもいびきをかくことがあります。大人とは少し原因が違っていることもあったり、あまり良い傾向でないこともあるので観察が必要です。

 

ただし、慌てず冷静に対処することが大事。そのためには赤ちゃんのいびきの原因や、改善方法について少し勉強しておきましょう。

 

 

鼻が原因だった?

 

赤ちゃん いびき 原因 対策

 

赤ちゃんのいびきの音は、大人のように「ゴオオォォ」という音ではなく、「ビー」「ピー」という感じで鼻から出る小さな音がほとんど。

 

もちろん体が小さいので呼吸音も小さいのは当然ですが、鼻の粘膜から音が出ている事が多いのです。

 

スポンサーリンク

 

 

健康な赤ちゃんで、鼻や喉に疾患がない場合でも10%程度の子はいびきをかくと言われています。それは、赤ちゃんの粘膜が非常に柔らかく、呼吸によって振動しやすいからなんです。

 

この場合のいびきは成長と共に治まってくることが多く、生まれたばかりの赤ちゃんに多いタイプです。

 

 

鼻詰まりとの関係

 

赤ちゃんはちょっとした鼻風邪をひきやすいものです。

 

鼻水が詰まってしまうと寝ているときの呼吸は苦しくなりますが、赤ちゃんはまだ上手に口呼吸に切り替えられない場合も多いです。

 

スポンサーリンク

 

 

すると、鼻詰まりで狭くなった鼻腔を空気が通るときに、いびきのような音に聞こえることがあります。

 

また、風邪の他にもアレルギー性鼻炎などを発症している場合、このようないびきをかきやすくなるでしょう。いびきの原因で最も多くて身近なのは、このような鼻疾患だと考えられます。

 

鼻の疾患は放置しておくと呼吸困難を引き起こしてしまうこともあります。

 

母乳やミルクを飲むときには、鼻呼吸ができないと苦しさで咳き込んでしまうことも。赤ちゃんの月例が低ければ低いほど、注意が必要と言えるでしょう。

 

 

扁桃腺肥大によるいびき

 

赤ちゃん いびき 原因 対策

 

他の原因の一つに、アデノイド扁桃腺肥大などがあげられます。赤ちゃんの扁桃腺は肥大していることがあり、10歳くらいまでに小さくなることが多いとされています。

 

赤ちゃんや子供にはよくあることなので、緊急性のある異常というわけではありません。

 

ただ高熱を頻繁に出す子は、扁桃腺の肥大が原因で炎症を起こしやすいなどとも言われていますよね。この扁桃腺の肥大は、気道を塞ぎやすいためにいびきの原因にもなります。

 

扁桃腺やアデノイドの問題は、いびきだけでなく呼吸困難や発熱など様々な問題を引き起こします。疑いのある赤ちゃんは、様子を見ながら医師への相談を検討しましょう。

 

 

体質によっていびきをかきやすいことも

 

赤ちゃんの体の構造によって、いびきが出やすくなっていることもあるようです。仰向けで寝たときに、舌が喉の方に落ち込みやすい構造の場合、いびきをかきやすくなります。

 

これは、睡眠時無呼吸症候群の原因にもなるとされていますので、専門医に相談してみましょう。

 

睡眠時無呼吸症候群とは、大人が発症すると事故などの危険性が高まるために注目されていますが、実は赤ちゃんでも発症することがあります。

 

体の構造は成長につれて変化することも多いので経過観察が必要。

 

しかし赤ちゃんでもいびきがひどい場合、途中で呼吸が止まるようなことがないか観察が必要です。喉の方に舌が落ち込んでしまうようであれば、横向きに寝かせる習慣を付けることも大事です。

 

生後3ヶ月以上経ち、特別鼻の疾患などがないのにいびきが改善しない場合は、このような体の構造の問題であることも考えられます。

関連記事(一部広告)


人気記事ランキング
  1. 妊娠中に起こる腰痛の原因と改善方法
  2. 立ち会い出産のメリットとは?
  3. 出産が怖い女性はイメージトレーニングで乗り切ろう!
  4. 妊娠と着床出血のウソ・ホント
  5. 出産後の生理はいつから始まる?
  6. 流産後の妊娠はいつから大丈夫?
  7. 食欲をセーブする3つの方法
  8. 飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?
  9. 子供の発熱に関するQ&A
  10. 妊婦さんのストレス発散…!みんなはどうしてる?


出生前診断について
  1. ザックリわかりやすく!出生前診断の種類・概要・受ける時期
  2. 【実体験】絨毛検査と費用
  3. 【実体験】初期・中期胎児ドッグと費用


妊娠中・産後の症状について
  1. 妊娠中の感染に気を付けて!サイトメガロウイルスって何?
  2. 妊婦さんはお寿司を食べていいの?嘘?ホント?
  3. 凄すぎる出産!妊娠に気付かない女性
  4. 妊娠中の性病は危険!性病の母子感染リスク
  5. 産後の腹痛は危険だった
  6. 産後うつと育児ノイローゼの症状の違い
  7. 産後の気になる”出血”のあれこれ
  8. 出産後の生理はいつから始まる?生理痛の変化
  9. 産後の生理不順との付き合い方≪原因や解消法≫


気をつける重要な事
  1. 食事で気をつける重要な事
  2. 食欲をセーブする3つの方法
  3. 妊娠中のカフェインは危険!?
  4. 飲酒・喫煙を止められない人へ!


辛いつわりについて
  1. つら〜い”つわり”はいつまで続くの?
  2. ”つわり”を乗り切る5つの対処法
  3. つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!
  4. つわりは赤ちゃんが元気な証拠…は嘘?


働くお母さんへ
  1. つわりが辛い…!妊娠初期の仕事との付き合い方
  2. 産休中も手当てがもらえる出産手当金について
  3. 産休中の給料減…赤ちゃん用品や生活費の節約方法
  4. いつから産休に入るか悩んでいる人へ!産休の取り方
  5. 産休に入るための正しい挨拶方法


赤ちゃんに起こる症状
  1. 赤ちゃんの鼻詰まり解消方法
  2. 夜泣きとの上手な付き合い方
  3. 赤ちゃんはいつから外出してOK?初めての外出の注意点
  4. 新生児の授乳間隔のどれぐらいがベストなの?
  5. 赤ちゃんの顔にできる乳児湿疹の原因と対処法
  6. 赤ちゃんの肌がボロボロに!乳児湿疹の原因と改善策
  7. 新生児がミルクをすぐに吐くその理由とは!?
  8. 赤ちゃんの夜泣きとの上手な付き合い方

スポンサーリンク



赤ちゃん いびき 原因 対策
妊娠から出産まで!元気な赤ちゃんを産むための過ごし方(ホーム)