危険日や安全日は存在しないって本当!?

妊娠 危険日 安全日

 

女性の生理周期における危険日・安全日という呼び方は、個人的に正しい呼び方ではないと感じます。そもそも、現代の日本では妊娠というのは、順序を立ててするものだと思って欲しいからです。

 

若い皆さんは、「妊娠」とは自分が親になることだと考えて欲しいのです。つまり、性交渉をするということは親になる可能性を秘めているということ。

 

果たして、ここまで考えて異性と関係を持っている人はほぼいないのではないでしょうか。

 

実際に筆者は、コンドームを使用していて妊娠した女性や、ピルを服用しているのに妊娠した人を見てきました。避妊具の扱い方が間違っていたり、避妊薬の飲み方が悪かったのかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

 

しかし理由はさておき、”セックス=親になる可能性”は常に付きまとっているということになるのです。

 

子供を持つ身としては、妊娠を怖いものだとか、悩みの種として捉えて欲しくありません。

 

特に女性は、初めての妊娠を困惑や動揺として実感して欲しくないです。赤ちゃんができたことは「おめでとう」と言われるべきこと。人生を狂わせるとか、周囲に咎められることでは決してあってはならないことなのです。

 

 

危険日・安全日というものは存在しない

 

妊娠 危険日 安全日

 

性の低年齢化が進み、10代での望まない妊娠、予定外の授かり婚も珍しくない時代。(昔の日本では10代での結婚、妊娠や出産は当然のことですが、現代では違います。)

 

そこで産まれた言葉が、危険日・安全日という言葉ではないでしょうか。

 

妊娠するのは困るけれど、その可能性を回避できる日が安全日、まずいことになってしまう可能性の高い日が危険日ですね。そもそも、危険日や安全日は存在しません。

 

どの期間に性交があっても、妊娠の可能性はあります。特に10代〜20代前半の男女の性交では、妊娠率は非常に高くなるのです。

 

スポンサーリンク

 

 

女性の卵子の数は、産まれたときが一番量の多いピーク。さらに卵子の若さは妊娠率に比例するので、年齢が若ければ若いほど新鮮で妊娠しやすい卵子だということ。

 

もちろん男性の精子も同じで、若ければ作られる精子の数も多く、さらに元気の良い精子が放出されます。

 

危険日や安全日を意識するのは、やはり10〜20代の若い世代です。この世代は特に、危険日・安全日が当てにならない!ということを覚えておいて欲しいと思います。

 

 

学校での性教育だけでは足りていない現状

 

最近では、小学校高学年になると性教育の授業が行われるようになってきました。最近では、コンドームの使い方などより具体的な性教育方法に変化してきているといいます。

 

セックスをしないように指導するのではなく、妊娠するメカニズムや正しい避妊方法を教えるのが主流となってきているようですね。

 

これはもちろん、正しいことだと思います。欲を制することはなかなかできないもので、対応策を考える必要はあるでしょう。しかし、もっと深い部分での性教育が必要なのではないでしょうか。

 

例えば、危険日・安全日、正しい避妊方法などという物理的な問題だけではなく、妊娠したらどういう人生になるのか。子供を産んで育てるためには、どのような努力と苦労が待っているのか。

 

どれくらいのお金が必要で、毎日どのような生活を送ることになるのか。このような「想像しやすい、自分自身の生活の変化」をもっと広めていく必要があると思うのです。

 

これは学校では教えきれない問題ですし、家庭それぞれの事情も関わってきます。各家庭で、親から子供へそれぞれで教えていくべき問題なのかもしれません。

関連記事(一部広告)


人気記事ランキング
  1. 妊娠中に起こる腰痛の原因と改善方法
  2. 立ち会い出産のメリットとは?
  3. 出産が怖い女性はイメージトレーニングで乗り切ろう!
  4. 妊娠と着床出血のウソ・ホント
  5. 出産後の生理はいつから始まる?
  6. 流産後の妊娠はいつから大丈夫?
  7. 食欲をセーブする3つの方法
  8. 飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?
  9. 子供の発熱に関するQ&A
  10. 妊婦さんのストレス発散…!みんなはどうしてる?


出生前診断について
  1. ザックリわかりやすく!出生前診断の種類・概要・受ける時期
  2. 【実体験】絨毛検査と費用
  3. 【実体験】初期・中期胎児ドッグと費用


妊娠中・産後の症状について
  1. 妊娠中の感染に気を付けて!サイトメガロウイルスって何?
  2. 妊婦さんはお寿司を食べていいの?嘘?ホント?
  3. 凄すぎる出産!妊娠に気付かない女性
  4. 妊娠中の性病は危険!性病の母子感染リスク
  5. 産後の腹痛は危険だった
  6. 産後うつと育児ノイローゼの症状の違い
  7. 産後の気になる”出血”のあれこれ
  8. 出産後の生理はいつから始まる?生理痛の変化
  9. 産後の生理不順との付き合い方≪原因や解消法≫


気をつける重要な事
  1. 食事で気をつける重要な事
  2. 食欲をセーブする3つの方法
  3. 妊娠中のカフェインは危険!?
  4. 飲酒・喫煙を止められない人へ!


辛いつわりについて
  1. つら〜い”つわり”はいつまで続くの?
  2. ”つわり”を乗り切る5つの対処法
  3. つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!
  4. つわりは赤ちゃんが元気な証拠…は嘘?


働くお母さんへ
  1. つわりが辛い…!妊娠初期の仕事との付き合い方
  2. 産休中も手当てがもらえる出産手当金について
  3. 産休中の給料減…赤ちゃん用品や生活費の節約方法
  4. いつから産休に入るか悩んでいる人へ!産休の取り方
  5. 産休に入るための正しい挨拶方法


赤ちゃんに起こる症状
  1. 赤ちゃんの鼻詰まり解消方法
  2. 夜泣きとの上手な付き合い方
  3. 赤ちゃんはいつから外出してOK?初めての外出の注意点
  4. 新生児の授乳間隔のどれぐらいがベストなの?
  5. 赤ちゃんの顔にできる乳児湿疹の原因と対処法
  6. 赤ちゃんの肌がボロボロに!乳児湿疹の原因と改善策
  7. 新生児がミルクをすぐに吐くその理由とは!?
  8. 赤ちゃんの夜泣きとの上手な付き合い方

スポンサーリンク



妊娠 危険日 安全日
妊娠から出産まで!元気な赤ちゃんを産むための過ごし方(ホーム)