つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!

つわり 辛い言葉 苦しむ女性

 

妊娠発覚から、安定期前後まで続くつわり――。筆者も経験がありますが、何とも言えない辛い症状が続きます。

 

つわりの症状を体感している本人でさえ、心と体の変化に戸惑いを感じているでしょう。それ以上に、夫や家族の理解を本質的に得るのはなかなか難しいことも。

 

特に男性は女性の体の変化や、辛い体調不良について想像するしかありませんよね。実際に経験することができないゆえに、辛い現状を分かってあげられないこともあるでしょう。

 

ここでは、男性向けに「つわり中の女性を気遣うポイント」を説明していきたいと思います。

 

 

「妊娠に甘えている!」

 

妊娠初期のつわりが辛い期間は、家事や仕事などとにかく今までどおりに出来ないことが増えます。

 

体内で分泌されるホルモンが、眠気やだるさ、疲れなどを引き起こすこともあるので、休み休み作業をすることもあるでしょう。

 

つわりの期間というのは、吐き気や嘔吐などの特別辛い症状の他にも、上記のような状態に陥るものです。もしかしたら、夫からみると妻が寝てばかりいたり、家事が上手く回っていないと気付くこともあるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

そんなときに「妊娠しているからって!」「怠けすぎなんじゃないか?」などと責めるようなことを言ってはいけません!

 

妊娠している本人も、今までどおりに出来ない現状に戸惑っている場合もあります。急激に襲ってくる辛い吐気やだるさ、眠気などがストレスの種になっている事も。

 

決して甘えているわけではなく、どうしても体が言うことを聞かないケースも多いのを知っておきましょう。

 

 

「病気じゃないんだから」

 

つわり 辛い言葉 苦しむ女性

 

意外にも辛いと感じた経験の多いのは、この「病気じゃないんだから」という言葉。

 

夫からだけではなく、実母や義母などから言われて辛かったと話す女性も多いですね。確かに、妊娠は病気ではありませんし、つわりも異常ではありません。

 

スポンサーリンク

 

 

しかし、つわりの激しい妊娠初期は最も体を大事にするべきときです。

 

流産の心配も大きい時期なので、体調の優れないときは安静にしておくのが望ましいでしょう。それを見かねて「病気じゃないんだから・・・」と責めるようなことを言うのは絶対に止めましょう。

 

家事や運動を積極的にするべきなのは、つわりが治まった後の妊娠5ヶ月から後期までで、妊娠経過が順調なときです。決して妊婦さんをこき使ってはなりません。

 

 

「母親の自覚」

 

つわり 辛い言葉 苦しむ女性

 

ちょっとした不注意失敗をしたときに、「母親としての自覚が足りない」とか「母になる覚悟ができていない」などと言われてしまうことも。

 

確かにこれから出産という大仕事を向かえ、育児をしながら母となっていきます。

 

しかし、妊娠中から母親の自覚などしっかり持てる人のほうが珍しいものです。妊婦自身「無事出産できるか」「立派な母になれるか」を自問自答して不安に感じているもの。

 

それを他の人から”自覚””覚悟”を問われると、余計に不安になり辛い思いをします。

 

妊娠中はそれでなくとも精神的に不安定になりやすいもの(ホルモンの影響など)。注意力や集中力が散漫になってしまうことも多いのですが、それは妊婦さんのせいではなく妊娠している体調のせいだと理解しましょう。

 

 

つわりが辛い時、夫の理解は一番の支えに

 

妊婦さんにとって、夫(または一番近しい身内など)の理解協力はとても大きな支えになります。

 

初めての妊娠では、戸惑うことや辛いと感じることもたくさんあるでしょう。男性は経験する事のできない痛みや、苦しさを感じているので、安易に責めたり叱るような発言をしないで欲しいと思います。

 

気持ちや体調が分からなくても、その都度妊婦さんの話を良く聞いて受け入れてあげることが大切です。今後の夫婦関係にも関わる事なので、是非支えあってつわり期を乗り越えて欲しいと思います。

関連記事(一部広告)


人気記事ランキング
  1. 妊娠中に起こる腰痛の原因と改善方法
  2. 立ち会い出産のメリットとは?
  3. 出産が怖い女性はイメージトレーニングで乗り切ろう!
  4. 妊娠と着床出血のウソ・ホント
  5. 出産後の生理はいつから始まる?
  6. 流産後の妊娠はいつから大丈夫?
  7. 食欲をセーブする3つの方法
  8. 飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?
  9. 子供の発熱に関するQ&A
  10. 妊婦さんのストレス発散…!みんなはどうしてる?


出生前診断について
  1. ザックリわかりやすく!出生前診断の種類・概要・受ける時期
  2. 【実体験】絨毛検査と費用
  3. 【実体験】初期・中期胎児ドッグと費用


妊娠中・産後の症状について
  1. 妊娠中の感染に気を付けて!サイトメガロウイルスって何?
  2. 妊婦さんはお寿司を食べていいの?嘘?ホント?
  3. 凄すぎる出産!妊娠に気付かない女性
  4. 妊娠中の性病は危険!性病の母子感染リスク
  5. 産後の腹痛は危険だった
  6. 産後うつと育児ノイローゼの症状の違い
  7. 産後の気になる”出血”のあれこれ
  8. 出産後の生理はいつから始まる?生理痛の変化
  9. 産後の生理不順との付き合い方≪原因や解消法≫


気をつける重要な事
  1. 食事で気をつける重要な事
  2. 食欲をセーブする3つの方法
  3. 妊娠中のカフェインは危険!?
  4. 飲酒・喫煙を止められない人へ!


辛いつわりについて
  1. つら〜い”つわり”はいつまで続くの?
  2. ”つわり”を乗り切る5つの対処法
  3. つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!
  4. つわりは赤ちゃんが元気な証拠…は嘘?


働くお母さんへ
  1. つわりが辛い…!妊娠初期の仕事との付き合い方
  2. 産休中も手当てがもらえる出産手当金について
  3. 産休中の給料減…赤ちゃん用品や生活費の節約方法
  4. いつから産休に入るか悩んでいる人へ!産休の取り方
  5. 産休に入るための正しい挨拶方法


赤ちゃんに起こる症状
  1. 赤ちゃんの鼻詰まり解消方法
  2. 夜泣きとの上手な付き合い方
  3. 赤ちゃんはいつから外出してOK?初めての外出の注意点
  4. 新生児の授乳間隔のどれぐらいがベストなの?
  5. 赤ちゃんの顔にできる乳児湿疹の原因と対処法
  6. 赤ちゃんの肌がボロボロに!乳児湿疹の原因と改善策
  7. 新生児がミルクをすぐに吐くその理由とは!?
  8. 赤ちゃんの夜泣きとの上手な付き合い方

スポンサーリンク



つわり 辛い言葉 苦しむ女性
妊娠から出産まで!元気な赤ちゃんを産むための過ごし方(ホーム)