妊娠中に風邪を引くと危険…薬を飲まずに治す方法

妊娠中 風邪引く 治す方法

 

妊娠中は季節をまたぐので、気温の急激な変化で風邪をひくこともあるでしょう。冬場はインフルエンザ胃腸風邪などの感染症も怖いですよね。

 

薬はなるべく飲まないようにするのがベストなので、風邪をひいたときの対処法に悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。

 

 

風邪をひかない予防策を考えよう

 

もちろん、妊娠中は風邪にかからないように予防を徹底することが一番大事ですね。

 

基本的な予防を欠かさず行うようにしておきましょう。

 

  • こまめな手洗いうがい
  • 人の多い場所や密閉空間に行くときはマスクをする
  • 夫や上の兄弟の風邪予防を徹底する
  • 規則正しい生活をする
  • バランスの良い食痔や免疫力を高める食事をする

 

ざっと挙げられるだけでも、これだけの注意点があります。

 

特に、妊婦さん本人が気をつけていても、家族がどこかから風邪をもらってくることは多いですね。

 

上の兄弟がいる場合、幼稚園や小学校で流行っている風邪をもらってくるのは日常茶飯事。いつも以上に家族の風邪予防を徹底するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

また、妊娠初期のつわりで食事が思うように取れないときも風邪にかかりやすくなります。免疫力や抵抗力が弱まってしまうので、体調を崩しやすくなっているでしょう。

 

体を冷やさないように注意し、できるだけ無理をせずにゆったり過ごして下さい。

 

 

妊娠中は薬が飲めない?

 

妊娠中 風邪引く 治す方法

 

妊娠している限り、薬は絶対に飲んではダメ――。

 

そう思っている人も多いのではないでしょうか。もちろん、飲まないほうが安心だというのは確かですが、実は絶対にダメと決まっているわけではないのです。

 

妊娠中でも漢方薬なら安心して飲むことができますし、医師に相談すれば飲める薬を処方してもらうこともできるのです。

 

「薬が飲めないなら病院へ行っても仕方ない」と思い込んで、自力で奮闘しても悪化してしまっては困ります。民間療法をあれこれ試すだけではなく、薬を飲んで長引かせないようにするほうが安全な場合もあるでしょう。

 

なるべく早く、ひどくならないうちに産婦人科医に相談して下さいね。

 

 

体重増加を気にしすぎて体が弱ることも

 

最近では、産婦人科でも体重を増やし過ぎないようにと厳しく指導されることも多いですよね。産後の体系の戻りを考えても、安産のためにもあまり太りすぎないようにすることは大事です。

 

しかし、それを気にしすぎて体が弱ってしまうこともあるので注意しましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

例えば、体重が増えるのを恐れて食事量を制限し過ぎる。または、ウォーキングなどを頑張りすぎて疲れが溜まってしまう。

 

このような原因で、体の抵抗力や体力が失われて風邪をひきやすい状態になることもあるのです。お腹の赤ちゃんのことを考えて努力することは良いことですが、無理をして風邪をひいたりこじらせたりしては本末転倒です。

 

 

妊娠中は発熱があると危険かも!?

 

鼻水やくしゃみ程度の軽い風邪でしたら、それ程問題はありません。(医師によっては、妊娠中は軽い鼻風邪でも受診するようにと指導するようですが。)菌によって赤ちゃんに影響が出るとも考え難いでしょう。

 

しかし、発熱があると赤ちゃんの発育に問題が生じる恐れがありますので注意が必要。妊婦中に熱を出すと、お腹の中も温度が上がってしまい、羊水も温まってしまいます。

 

お腹の赤ちゃんはお母さんよりも体温が0.5℃程度高く保たれています。

 

そして代謝熱というものを作り出して、温度調節を行っているのです。母体の体温が高まると、この代謝熱を上手く放出することができなくなってしまうので、赤ちゃんの体温維持に影響が出ます。

 

38度以上の高熱や、平熱よりも高い発熱が長引く場合、病院でしっかり処置をしてもらう必要があります。

関連記事(一部広告)


人気記事ランキング
  1. 妊娠中に起こる腰痛の原因と改善方法
  2. 立ち会い出産のメリットとは?
  3. 出産が怖い女性はイメージトレーニングで乗り切ろう!
  4. 妊娠と着床出血のウソ・ホント
  5. 出産後の生理はいつから始まる?
  6. 流産後の妊娠はいつから大丈夫?
  7. 食欲をセーブする3つの方法
  8. 飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?
  9. 子供の発熱に関するQ&A
  10. 妊婦さんのストレス発散…!みんなはどうしてる?


出生前診断について
  1. ザックリわかりやすく!出生前診断の種類・概要・受ける時期
  2. 【実体験】絨毛検査と費用
  3. 【実体験】初期・中期胎児ドッグと費用


妊娠中・産後の症状について
  1. 妊娠中の感染に気を付けて!サイトメガロウイルスって何?
  2. 妊婦さんはお寿司を食べていいの?嘘?ホント?
  3. 凄すぎる出産!妊娠に気付かない女性
  4. 妊娠中の性病は危険!性病の母子感染リスク
  5. 産後の腹痛は危険だった
  6. 産後うつと育児ノイローゼの症状の違い
  7. 産後の気になる”出血”のあれこれ
  8. 出産後の生理はいつから始まる?生理痛の変化
  9. 産後の生理不順との付き合い方≪原因や解消法≫


気をつける重要な事
  1. 食事で気をつける重要な事
  2. 食欲をセーブする3つの方法
  3. 妊娠中のカフェインは危険!?
  4. 飲酒・喫煙を止められない人へ!


辛いつわりについて
  1. つら〜い”つわり”はいつまで続くの?
  2. ”つわり”を乗り切る5つの対処法
  3. つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!
  4. つわりは赤ちゃんが元気な証拠…は嘘?


働くお母さんへ
  1. つわりが辛い…!妊娠初期の仕事との付き合い方
  2. 産休中も手当てがもらえる出産手当金について
  3. 産休中の給料減…赤ちゃん用品や生活費の節約方法
  4. いつから産休に入るか悩んでいる人へ!産休の取り方
  5. 産休に入るための正しい挨拶方法


赤ちゃんに起こる症状
  1. 赤ちゃんの鼻詰まり解消方法
  2. 夜泣きとの上手な付き合い方
  3. 赤ちゃんはいつから外出してOK?初めての外出の注意点
  4. 新生児の授乳間隔のどれぐらいがベストなの?
  5. 赤ちゃんの顔にできる乳児湿疹の原因と対処法
  6. 赤ちゃんの肌がボロボロに!乳児湿疹の原因と改善策
  7. 新生児がミルクをすぐに吐くその理由とは!?
  8. 赤ちゃんの夜泣きとの上手な付き合い方

スポンサーリンク



妊娠中 風邪引く 治す方法
妊娠から出産まで!元気な赤ちゃんを産むための過ごし方(ホーム)