赤ちゃんが風邪を引いたときに注意する4つのポイント

赤ちゃん 風邪 引いたとき 看病

 

小さな赤ちゃんの風邪って、とても不安ですよね。体の全てがまだまだ未熟なので、ちょっとした風邪症状でもつらそうに見えてしまいます。

 

発熱がなく軽度の風邪でも、とりあえず小児科や耳鼻科などに連れて行き、お母さんも安心して欲しいと思います。薬を飲んだり鼻詰まりを治してもらうことで、回復も早くなりますよ。

 

風邪の症状が軽度だと、病院につれて行くのを迷うお母さんも多いと思います。「このくらいの症状で・・・」とか、「病院で悪い菌をもらったら…」という不安もあると思います。

 

しかし、赤ちゃんの風邪は長引かせないことが大事なので、早めにお医者さんに診てもらいましょう。

 

 

赤ちゃんの風邪で最も厄介な鼻水!

 

赤ちゃん 風邪 引いたとき 看病

 

赤ちゃんの風邪で最も症状が出やすく、長引きやすいのが鼻水です。鼻水がタラタラと出るなら問題ないですが、鼻詰まりを起こすと厄介になります。

 

呼吸がいつもより苦しくなるので寝つきが悪くなったり、寝ついてもすぐに起きてしまうことが増えます。

 

鼻での呼吸ができないと、おっぱいやミルクを飲むときに咳き込んだり、苦しそうにすることもありますね。

 

スポンサーリンク

 

 

当然睡眠不足になったり疲労を感じやすくなるため機嫌が悪くなり、お母さんのお世話も大変になります。

 

鼻詰まりは耳鼻科などで吸い取ってもらい、鼻の通りをよくする薬をもらうとだいぶ早く治ります。

 

鼻の風邪薬を飲むと赤ちゃんは普段より寝るようになるので心配になるかもしれませんが大丈夫。ぐっすり寝てもらって早く回復させてあげましょう。

 

 

風邪気味は下痢をしやすい

 

赤ちゃんは風邪をひくと下痢気味になりやすいものです。

 

消化機能がまだ未熟なので、ちょっとした体調の変化で便の調子も悪くなってしまいます。元々赤ちゃんの便はゆるいものなので、さらにべたっとした便になることも。

 

スポンサーリンク

 

 

外出時に着替えやオムツを多めに持っていく、もしくは外出を控えるようにすると安心です。

 

下痢しているときは脱水症状に陥りやすいので、水分補給をこまめにさせてあげるようにしましょう。

 

 

赤ちゃんの発熱における注意点

 

赤ちゃん 風邪 引いたとき 看病

 

赤ちゃんの体温は、元々が高めなので38、5℃以上が発熱になるとされています。体温調節がまだまだ未熟なので、37℃の体温なこともありますので38℃を超えるまでは心配しなくて良いでしょう。

 

高熱が出た場合は小児科で解熱剤などをもらい、苦しそうだったり機嫌が悪かったら飲ませるようにして下さい。

 

あまり高くない熱で飲ませると、自然治癒力が働かないので逆効果になることも。焦らず状態をこまめにチェックすることが大切ですね。

 

発熱しているときは水分補給をこまめに行い、服の着せすぎや布団のかけずぎに注意しましょう。

 

発汗させようと温めすぎるのは、赤ちゃんには良くありません。体温調節が自分でできる程度の保温に留めましょう。

 

 

市販の風邪薬は絶対にダメ

 

市販薬は1歳以降から飲ませられるものが多いですが、中には生後3ヶ月くらいから飲ませることができる市販の風邪薬も、いくつか販売されていますね。

 

しかし、赤ちゃんに市販薬を無闇に飲ませるのはあまりおすすめできません。(絶対ダメ!ではありません)

 

風邪で小児科を受診すると、どんな症状なのかを明確にして、ポイント的に改善する薬を出してもらうことがほとんどです。痰をきる薬とか、鼻の通りを良くする薬など説明を受けると思います。

 

市販の風邪薬の場合、症状をピンポイントで治療する力がないので効果が感じられないことが多いでしょう。

 

効果が出ないのにやたらに薬を飲ませるのも、抵抗を感じると思います。市販薬を買うより病院を受診した方が費用も安く済むことが多いので、是非とも一度小児科や耳鼻科に相談するべきだと言えます。

関連記事(一部広告)


人気記事ランキング
  1. 妊娠中に起こる腰痛の原因と改善方法
  2. 立ち会い出産のメリットとは?
  3. 出産が怖い女性はイメージトレーニングで乗り切ろう!
  4. 妊娠と着床出血のウソ・ホント
  5. 出産後の生理はいつから始まる?
  6. 流産後の妊娠はいつから大丈夫?
  7. 食欲をセーブする3つの方法
  8. 飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?
  9. 子供の発熱に関するQ&A
  10. 妊婦さんのストレス発散…!みんなはどうしてる?


出生前診断について
  1. ザックリわかりやすく!出生前診断の種類・概要・受ける時期
  2. 【実体験】絨毛検査と費用
  3. 【実体験】初期・中期胎児ドッグと費用


妊娠中・産後の症状について
  1. 妊娠中の感染に気を付けて!サイトメガロウイルスって何?
  2. 妊婦さんはお寿司を食べていいの?嘘?ホント?
  3. 凄すぎる出産!妊娠に気付かない女性
  4. 妊娠中の性病は危険!性病の母子感染リスク
  5. 産後の腹痛は危険だった
  6. 産後うつと育児ノイローゼの症状の違い
  7. 産後の気になる”出血”のあれこれ
  8. 出産後の生理はいつから始まる?生理痛の変化
  9. 産後の生理不順との付き合い方≪原因や解消法≫


気をつける重要な事
  1. 食事で気をつける重要な事
  2. 食欲をセーブする3つの方法
  3. 妊娠中のカフェインは危険!?
  4. 飲酒・喫煙を止められない人へ!


辛いつわりについて
  1. つら〜い”つわり”はいつまで続くの?
  2. ”つわり”を乗り切る5つの対処法
  3. つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!
  4. つわりは赤ちゃんが元気な証拠…は嘘?


働くお母さんへ
  1. つわりが辛い…!妊娠初期の仕事との付き合い方
  2. 産休中も手当てがもらえる出産手当金について
  3. 産休中の給料減…赤ちゃん用品や生活費の節約方法
  4. いつから産休に入るか悩んでいる人へ!産休の取り方
  5. 産休に入るための正しい挨拶方法


赤ちゃんに起こる症状
  1. 赤ちゃんの鼻詰まり解消方法
  2. 夜泣きとの上手な付き合い方
  3. 赤ちゃんはいつから外出してOK?初めての外出の注意点
  4. 新生児の授乳間隔のどれぐらいがベストなの?
  5. 赤ちゃんの顔にできる乳児湿疹の原因と対処法
  6. 赤ちゃんの肌がボロボロに!乳児湿疹の原因と改善策
  7. 新生児がミルクをすぐに吐くその理由とは!?
  8. 赤ちゃんの夜泣きとの上手な付き合い方

スポンサーリンク



赤ちゃん 風邪 引いたとき 看病
妊娠から出産まで!元気な赤ちゃんを産むための過ごし方(ホーム)