人には聞けない!妊娠中のおならや便通の改善方法

妊娠 おなら 便通 改善方法

 

妊娠するとどうしても体調の変化が著しく感じられるもので、その変化にびっくりしている方も多いですよね。

 

特に、妊娠2〜4ヶ月くらいまでの初期は、お腹の赤ちゃんの基礎を作るとき。赤ちゃんの成長に最も重要な胎盤やへその緒などを作る期間なので、体が大きく変化するときです。

 

ただ、お腹の大きさはまだ目立たないのでその実感がなかなか感じられない人も多いのでは。

 

ちょっとした変化も、妊娠によるホルモンや体力消費の影響があるのを知っておきましょう。

 

 

おならと便通の変化は大きい

 

妊娠 おなら 便通 改善方法

 

妊娠すると、おならが出やすくなったり、腸に溜まりやすくなったりすることがあります。

 

一般的に、妊娠すると吐気や嘔吐、熱っぽさ、だるさなどの症状が主だとイメージしている方が多いですよね。なのでおならの変化と妊娠を結びつけて考えない人もいるかもしれません。

 

妊娠すると、普段は分泌されることのないホルモンがいくつも出るようになります。中には腸の働きを鈍くしたり、逆に刺激し過ぎたりするホルモンもあります。

 

スポンサーリンク

 

 

ホルモンの作用はがどんな症状として現れるか・・・というのは、人それぞれです。おならが出やすくなる人もいれば、全く変化のない人もいます。

 

また、骨盤の内部が急激に変化してくる妊娠初期。骨盤の血行が普段よりも悪くなってしまうことがあり、腸の働きが鈍くなりやすいという説もあります。

 

また、妊娠すると便秘になりやすくなるという話は聞いたことがあるのではないでしょうか?これもホルモンの影響で、腸の働きが鈍くなることが原因です。

 

程度も人によって異なりますし、その妊娠ごとになるかならないかも違ってきます。

 

1人目ではひどい便秘になったので覚悟していたのに、2人目の妊娠では下痢気味になるというケースも。こういう症状が出る可能性もある、ということだけ覚えておきましょう。

 

 

おならの改善方法

 

妊娠 おなら 便通 改善方法

 

妊娠中だから仕方がない、とは言え人前でおならが出てしまったりするのは困ります。

 

「おならの我慢は体によくないので、どんどん出しましょう!」などと言われることもありますが、実際どこでも構わずおならができるわけありません(笑)。

 

そして、我慢することで腹痛などを引き起こすのも嫌ですよね。どうやって解消していけばよいか考えていきましょう。

 

自宅ではとにかくどんどん出していきましょう。仕事や用事で外出する機会の多い妊婦さんは、出せるときに一気に出しておくことも大事です。

 

夫の目が気になるのであれば、こまめにトイレに行って出すようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

また、これ以上お腹にガスを溜めないように気をつけることも大事です。炭酸飲料などを好む人はおならやげっぷが普通よりも出やすくなりますので、妊娠中は控えるようにしてみましょう。

 

食事をするときも、空気を飲み込みすぎている場合があります。噛まずに飲み込む、早食いのクセのある人は、食べ物と一緒に空気も飲みこんでしまいやすいので注意が必要。

 

しっかり噛んで、空気を押し出しながら食べるように心がけましょう。

 

腸の働きをよくする、乳酸菌飲料や乳製品、芋類、海草などを多くとるのもおすすめです。腸管の動きが鈍くなることでおなら便秘が起こることが多いので、それを助けるような食生活を送ってみましょう。

 

 

腸内環境を整えておならを解消しよう

 

おならがたくさん出ると言っても、ニオイさえなければさほど問題なかったりもしますよね。妊娠しておならの回数が増える、さらにニオイも強いと困る場面が多いと思います。

 

おならのニオイというのは、腸内の悪玉菌の影響や食べたもののニオイだと言われています。

 

にんにくなどのニオイの強い食品、または肉などの臭素の強い食べ物に偏らないよう注意しましょう。乳酸菌や食物繊維をたくさんとって、腸内環境正常化を目指していきましょう。

関連記事(一部広告)


人気記事ランキング
  1. 妊娠中に起こる腰痛の原因と改善方法
  2. 立ち会い出産のメリットとは?
  3. 出産が怖い女性はイメージトレーニングで乗り切ろう!
  4. 妊娠と着床出血のウソ・ホント
  5. 出産後の生理はいつから始まる?
  6. 流産後の妊娠はいつから大丈夫?
  7. 食欲をセーブする3つの方法
  8. 飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?
  9. 子供の発熱に関するQ&A
  10. 妊婦さんのストレス発散…!みんなはどうしてる?


出生前診断について
  1. ザックリわかりやすく!出生前診断の種類・概要・受ける時期
  2. 【実体験】絨毛検査と費用
  3. 【実体験】初期・中期胎児ドッグと費用


妊娠中・産後の症状について
  1. 妊娠中の感染に気を付けて!サイトメガロウイルスって何?
  2. 妊婦さんはお寿司を食べていいの?嘘?ホント?
  3. 凄すぎる出産!妊娠に気付かない女性
  4. 妊娠中の性病は危険!性病の母子感染リスク
  5. 産後の腹痛は危険だった
  6. 産後うつと育児ノイローゼの症状の違い
  7. 産後の気になる”出血”のあれこれ
  8. 出産後の生理はいつから始まる?生理痛の変化
  9. 産後の生理不順との付き合い方≪原因や解消法≫


気をつける重要な事
  1. 食事で気をつける重要な事
  2. 食欲をセーブする3つの方法
  3. 妊娠中のカフェインは危険!?
  4. 飲酒・喫煙を止められない人へ!


辛いつわりについて
  1. つら〜い”つわり”はいつまで続くの?
  2. ”つわり”を乗り切る5つの対処法
  3. つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!
  4. つわりは赤ちゃんが元気な証拠…は嘘?


働くお母さんへ
  1. つわりが辛い…!妊娠初期の仕事との付き合い方
  2. 産休中も手当てがもらえる出産手当金について
  3. 産休中の給料減…赤ちゃん用品や生活費の節約方法
  4. いつから産休に入るか悩んでいる人へ!産休の取り方
  5. 産休に入るための正しい挨拶方法


赤ちゃんに起こる症状
  1. 赤ちゃんの鼻詰まり解消方法
  2. 夜泣きとの上手な付き合い方
  3. 赤ちゃんはいつから外出してOK?初めての外出の注意点
  4. 新生児の授乳間隔のどれぐらいがベストなの?
  5. 赤ちゃんの顔にできる乳児湿疹の原因と対処法
  6. 赤ちゃんの肌がボロボロに!乳児湿疹の原因と改善策
  7. 新生児がミルクをすぐに吐くその理由とは!?
  8. 赤ちゃんの夜泣きとの上手な付き合い方

スポンサーリンク



妊娠 おなら 便通 改善方法
妊娠から出産まで!元気な赤ちゃんを産むための過ごし方(ホーム)