赤ちゃんが突然発する奇声…これって普通?異常?

赤ちゃん 奇声 異常

 

赤ちゃんが突然キーンとした声を出したり、今までに聞いたこともないような声を出すと、お母さんや周りの家族がびっくりしてしまうかもしれません。具合が悪かったり、何かの異常かと疑ってしまったりするかもしれませんね。

 

しかし赤ちゃんの間は、奇声を発して異常のサインを出すことはほとんどありません。

 

赤ちゃんは自分の声で遊んでいたり、自分なりの感情表現をしているだけという場合がほとんどなので、心配しなくて大丈夫ですよ。

 

また、お母さんの想像よりもかなり大きな声、高い声が出たりするもの。「喉を痛めたり、血管が切れるのでは・・・!?」と不安になるお母さんも多いですね。

 

大きな声や高い声を出しながらおでこの血管を浮き上がらせていたりすることもありますが、奇声をあげたくらいで血管が切れたり、喉が潰れたりすることはないので安心して下さい。

 

 

意思表示が奇声となっている

 

赤ちゃん 奇声 異常

 

生後6ヶ月くらいになると、赤ちゃんは感情表現がだんだんと豊かになってきます。これまでは泣くことがお母さんに何かを訴える手段だったわけですが、だんだんと声や表情のバリエーションが増えてきます。

 

奇声を発して何か起こっているようだったら、オムツが汚れて意気持ちが悪いとか、お腹が空いて不機嫌であるとか、赤ちゃんからお母さんへの訴えになっているかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

 

赤ちゃんというのは何の根拠もなく不機嫌になることもあるので、奇声を発して発散させているという可能性もあるでしょう。

 

いずれにせよ、声を掛けてあげたり適切なお世話をしてあげていれば問題ないと思います。

 

むしろ赤ちゃんが意思表示をしたり、大人に要求を示せるようになったというサインなので喜ばしい成長の一つだと思いますよ。

 

 

奇声を発して、声を楽しんでいるかも

 

赤ちゃんはまだおしゃべりができませんが、徐々に自分の声に色々な音色があることに気付き始めます。なので、高い音を出したりすごんだりと「声」で遊んでいることも多いものなのです。

 

スポンサーリンク

 

 

奇声を発しながらも、ニコニコ笑顔で機嫌が良いようでしたらただ単に声を出して遊んでいるだけですので、優しく見守りましょう。

 

お母さんも赤ちゃんの声に返事をしてあげて、会話ごっこのようにしてあげると喜びます。

 

1歳未満の赤ちゃんって、自分の声ですらおもちゃになってしまうんですから不思議ですよね。

 

お母さん的には「周りの迷惑になるかも・・・」とか「ちょっとうるさいな…」と感じてしまうかもしれません。でも、赤ちゃんの頃の奇声なんて、とっても可愛いものです。そのうち2歳も過ぎれば、激しい癇癪を起こして泣き叫ぶ子も増えます。

 

しかも、それだって当然の成長の反応なんです。奇声を発することで楽しんでくれるなんていうのも今のうち、可愛らしい様子を目に焼き付けておきましょう!

 

 

赤ちゃんの自閉症とは

 

赤ちゃん 奇声 異常

 

赤ちゃんが奇声を発したり、落ち着きなく声を出すことで「自閉症」などの発達に関する心配をされるお母さんも少なくありません。

 

また、周囲の人に自閉症の気があるんじゃない?などと指摘されるというケースもあります。

 

はっきり言って、赤ちゃんのうちに自閉症であるかどうか判断することはできません。安易にそのような憶測での発言をするのもタブーです。

 

自閉症の診断というのは非常に難しく、早くても1歳以降に医師のみが診断できるものです。(保育士や幼稚園教諭などでも発達に関する意見をしてはなりません。)

 

さらに、上記でも説明している通り、赤ちゃんが奇声を発するのは成長過程では当然のこと。決して異常なことではありませんので、発達障害と安易に結び付けないで下さいね。

関連記事(一部広告)


人気記事ランキング
  1. 妊娠中に起こる腰痛の原因と改善方法
  2. 立ち会い出産のメリットとは?
  3. 出産が怖い女性はイメージトレーニングで乗り切ろう!
  4. 妊娠と着床出血のウソ・ホント
  5. 出産後の生理はいつから始まる?
  6. 流産後の妊娠はいつから大丈夫?
  7. 食欲をセーブする3つの方法
  8. 飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?
  9. 子供の発熱に関するQ&A
  10. 妊婦さんのストレス発散…!みんなはどうしてる?


出生前診断について
  1. ザックリわかりやすく!出生前診断の種類・概要・受ける時期
  2. 【実体験】絨毛検査と費用
  3. 【実体験】初期・中期胎児ドッグと費用


妊娠中・産後の症状について
  1. 妊娠中の感染に気を付けて!サイトメガロウイルスって何?
  2. 妊婦さんはお寿司を食べていいの?嘘?ホント?
  3. 凄すぎる出産!妊娠に気付かない女性
  4. 妊娠中の性病は危険!性病の母子感染リスク
  5. 産後の腹痛は危険だった
  6. 産後うつと育児ノイローゼの症状の違い
  7. 産後の気になる”出血”のあれこれ
  8. 出産後の生理はいつから始まる?生理痛の変化
  9. 産後の生理不順との付き合い方≪原因や解消法≫


気をつける重要な事
  1. 食事で気をつける重要な事
  2. 食欲をセーブする3つの方法
  3. 妊娠中のカフェインは危険!?
  4. 飲酒・喫煙を止められない人へ!


辛いつわりについて
  1. つら〜い”つわり”はいつまで続くの?
  2. ”つわり”を乗り切る5つの対処法
  3. つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!
  4. つわりは赤ちゃんが元気な証拠…は嘘?


働くお母さんへ
  1. つわりが辛い…!妊娠初期の仕事との付き合い方
  2. 産休中も手当てがもらえる出産手当金について
  3. 産休中の給料減…赤ちゃん用品や生活費の節約方法
  4. いつから産休に入るか悩んでいる人へ!産休の取り方
  5. 産休に入るための正しい挨拶方法


赤ちゃんに起こる症状
  1. 赤ちゃんの鼻詰まり解消方法
  2. 夜泣きとの上手な付き合い方
  3. 赤ちゃんはいつから外出してOK?初めての外出の注意点
  4. 新生児の授乳間隔のどれぐらいがベストなの?
  5. 赤ちゃんの顔にできる乳児湿疹の原因と対処法
  6. 赤ちゃんの肌がボロボロに!乳児湿疹の原因と改善策
  7. 新生児がミルクをすぐに吐くその理由とは!?
  8. 赤ちゃんの夜泣きとの上手な付き合い方

スポンサーリンク



赤ちゃん 奇声 異常
妊娠から出産まで!元気な赤ちゃんを産むための過ごし方(ホーム)