赤ちゃんの髪の毛が異常…?4種類の症状と改善法

赤ちゃん 髪の毛 異常 対処法

 

なかなか髪の毛が生え揃わない、まだらに生えてきた、抜けてきた、落ち着かないなどなど、赤ちゃんの毛に関する不安や疑問はたくさん寄せられているんですよね。

 

髪は外見・第一印象に関わることなので余計に気になってしまうかもしれません。

 

赤ちゃんの髪の毛はふわふわでとても柔らかいことが多いです。生まれつき髪がふさふさで黒々としている子もいますが、まだ毛の質は変化する可能性もありますし、未熟です。

 

また、赤ちゃんによって髪の毛の質や生え方、抜け変わり方がそれぞれ異なるので他の赤ちゃんと比べてしまわないように注意しましょう。大人でも髪質って千差万別ですよね。まだまだ成長しはじめたばかりの赤ちゃんでは尚更です。

 

 

髪の毛が抜けてきた!?

 

赤ちゃん 髪の毛 異常 対処法

 

赤ちゃんの髪の毛は、産まれたときに生えていたものが抜け落ち、新しい毛が生えてくるようになっています。生後6ヶ月までの間には、大体の子の髪の毛は生えかわります。

 

最も生えかわりが激しいのは、生後2〜3ヶ月くらいのあいだでしょう。赤ちゃんが寝ている枕にびっしり抜け毛がついていて驚くお母さんも多いと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

それなりに髪の毛のある状態で生まれた子も、生後3ヶ月の頃にはつるっぱげになっていたりします。

 

あったものが無くなる、というのは不安に感じやすいもの。しかし、髪の毛の生えかわりは必要な生理現象なので気にしないようにしましょう。

 

 

髪の毛が逆立っている!?

 

うちの赤ちゃんは、なかなか強さもあって毛量もある方……でも髪がうまく流れなくて、逆立ってまとまらない!という声もけっこう多いですね。

 

毛量の多い赤ちゃんの場合、生まれたときの髪の毛が抜けながら同時進行で新しい髪が生えてきます。

 

なので黒々と立派な髪に見えるというわけです。決して生えかわっていないわけではありませんのでご安心を。

 

スポンサーリンク

 

 

赤ちゃんって生後数ヶ月間は、一日中体を横にして寝ていると思います。そのため、髪の毛が肩の方に向かって落ちつくということの方が難しいんですよね。

 

後頭部などを布団に擦り付けていたりするため、素直に下方に伸びていくことはありません。

 

頭を起こすようになり、ねんねの時間も徐々に減ってきたころからは少しずつ髪の毛が重力に従って、下方向に落ち着くようになります。

 

ねんねの間は、髪が爆発していても逆立っていても、それはしかたありません。

 

 

なかなか髪が伸びない

 

赤ちゃん 髪の毛 異常 対処法

 

同じ日に同じ産院で出産したママ友に会ったら、向こうの赤ちゃんは髪がしっかり生えていて成長していた・・・!

 

なんて衝撃を感じるママも多いですね。髪の毛が生えないこは、1歳くらいまでほとんど増えなかったりします。

 

元々量が少ない体質ということもあるかもしれませんが、1歳前後までほとんど生えないというケースはとても多いので問題ないでしょう。2歳までに大体生え揃うことが多いので、気長に待ってあげましょう。

 

 

髪の毛がまだらに…

 

赤ちゃんの寝方や引っかきグセなどによって、まだらに抜けたりしてしまうことがあります。

 

例えば、仰向けで寝る赤ちゃんの場合は後頭部の毛が抜けやすく、髪の毛が毛玉になってしまうことも。

 

寝方のせいばかりではなく、なぜだか頭頂部だけ抜け毛が多くて、おじさんのような髪形に…というケースも珍しくありません。これも個人差があり、それぞれの赤ちゃんによって毛の生え方が異なるだけです。

 

ちょっと見た目が可愛そうに感じてしまうかもしれませんが、そのうちしっかり生え揃ってくるので気にしすぎないようにして下さいね。

 

赤ちゃん用の櫛で毛流れを整えてあげると、毛が絡まりにくくなって余計な抜け毛は減るかもしれません。

関連記事(一部広告)


人気記事ランキング
  1. 妊娠中に起こる腰痛の原因と改善方法
  2. 立ち会い出産のメリットとは?
  3. 出産が怖い女性はイメージトレーニングで乗り切ろう!
  4. 妊娠と着床出血のウソ・ホント
  5. 出産後の生理はいつから始まる?
  6. 流産後の妊娠はいつから大丈夫?
  7. 食欲をセーブする3つの方法
  8. 飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?
  9. 子供の発熱に関するQ&A
  10. 妊婦さんのストレス発散…!みんなはどうしてる?


出生前診断について
  1. ザックリわかりやすく!出生前診断の種類・概要・受ける時期
  2. 【実体験】絨毛検査と費用
  3. 【実体験】初期・中期胎児ドッグと費用


妊娠中・産後の症状について
  1. 妊娠中の感染に気を付けて!サイトメガロウイルスって何?
  2. 妊婦さんはお寿司を食べていいの?嘘?ホント?
  3. 凄すぎる出産!妊娠に気付かない女性
  4. 妊娠中の性病は危険!性病の母子感染リスク
  5. 産後の腹痛は危険だった
  6. 産後うつと育児ノイローゼの症状の違い
  7. 産後の気になる”出血”のあれこれ
  8. 出産後の生理はいつから始まる?生理痛の変化
  9. 産後の生理不順との付き合い方≪原因や解消法≫


気をつける重要な事
  1. 食事で気をつける重要な事
  2. 食欲をセーブする3つの方法
  3. 妊娠中のカフェインは危険!?
  4. 飲酒・喫煙を止められない人へ!


辛いつわりについて
  1. つら〜い”つわり”はいつまで続くの?
  2. ”つわり”を乗り切る5つの対処法
  3. つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!
  4. つわりは赤ちゃんが元気な証拠…は嘘?


働くお母さんへ
  1. つわりが辛い…!妊娠初期の仕事との付き合い方
  2. 産休中も手当てがもらえる出産手当金について
  3. 産休中の給料減…赤ちゃん用品や生活費の節約方法
  4. いつから産休に入るか悩んでいる人へ!産休の取り方
  5. 産休に入るための正しい挨拶方法


赤ちゃんに起こる症状
  1. 赤ちゃんの鼻詰まり解消方法
  2. 夜泣きとの上手な付き合い方
  3. 赤ちゃんはいつから外出してOK?初めての外出の注意点
  4. 新生児の授乳間隔のどれぐらいがベストなの?
  5. 赤ちゃんの顔にできる乳児湿疹の原因と対処法
  6. 赤ちゃんの肌がボロボロに!乳児湿疹の原因と改善策
  7. 新生児がミルクをすぐに吐くその理由とは!?
  8. 赤ちゃんの夜泣きとの上手な付き合い方

スポンサーリンク



赤ちゃん 髪の毛 異常 対処法
妊娠から出産まで!元気な赤ちゃんを産むための過ごし方(ホーム)