年齢は関係ない!高齢出産したママたちの口コミ

出産 年齢 高齢出産

 

出産した年齢が人より遅い、若い・・・。そんなことを、育児コンプレックスとして持ってしまうママはけっこう多いものです。

 

周囲のママと自分の外見や行動力などを比べてしまったり、年齢の違うママたちに合わせようとしてしんどくなったり・・・。自分の出産年齢と、周囲の年齢にギャップを感じてしまうことがあるのです。

 

誰にも相談できず、自分の中で解決しようとしている人は、事実少なくありません。

 

これは、若いママでも高齢出産したママでも同じなんです。詳細は違っても、周囲と違うことに戸惑いを感じたり、恥ずかしさを感じてしまうことがあります。

 

これが地域の子育てからの孤立などに繋がることも。多くのママに、年齢に関するコンプレックスを取払ってもらいたいと私は考えます。

 

 

高齢出産の体験談

 

近年、晩婚化が進み、平均出産年齢が上がってきている現状があります。

 

40代での出産もそれほど珍しい事例ではなくなってきているのですが、やはり子供が小さくて親同士の交流のある時期は、30代のママの方が目立ちます。

 

35歳以上で出産した人たちの中には、自分より若い人たちと自分を比較してしまうことがあるようです。

 

「子供が将来、年を取った母親を恥ずかしいと思うかもしれない。」「周囲の若いママたちに年齢を聞かれても、恥ずかしくて言い難い。」「アクティブに行動できないので、ママ友の輪に入れない。」

 

こんな悩みを持っている、高齢出産ママは少なくないのです。

 

スポンサーリンク

 

 

もちろん、この場合でいう”周囲の若いママ”だって高齢出産を特別視しているわけではないでしょう。

 

周囲はそれほど気にしていないことでも、本人としてはコンプレックスに感じてしまうことがあるのです。人よりも人生経験のあるママを、周囲の若いママたちは評価しているかもしれませんよ。

 

 

若い年齢で出産したママたちの声

 

高齢出産や晩婚が増えているとは言え、10代〜20代前半での出産も少なくありません。

 

もちろん結婚→妊娠という順序の場合もあれば、妊娠をきっかけに結婚する所謂授かり婚の人も多いでしょう。

 

若いママの場合、「若い親はダメだ」「これだからデキちゃった婚は…」と思われてしまうことに怖さを感じている場合があります。

 

特に地域の子育て支援センター、幼稚園や保育園などの集団の場では尚更です。周囲から浮かないようにと気を配っているママも非常に多くいます。

 

スポンサーリンク

 

 

また、そうした輪に入ることが怖く、地域の子育て交流から孤立してしまうことも、実際支援センターなどでは若いママの姿をあまり見ないケースも。

 

子育てが孤立してしまうことで、育児ノイローゼ虐待に繋がる危険もあるため、年齢のコンプレックスへの問題は無視できないと思うのです。

 

このようなコンプレックスの裏側で、実際には周囲の平均的な年齢層のママが若いママに対して「アクティブで体力があって羨ましい」「自分も若いうちに産みたかった」とプラスイメージを抱いていることもあるのです。

 

 

周囲からの評価ではなく、自己評価を大事に!

 

出産 年齢 高齢出産

 

高齢出産した人でも、若い人でも同じです。周囲からどう思われるか・・・ということは二の次で良いのではないでしょうか。

 

世間って、実は自分が思っているより他人のことを気にしていなかったりします。

 

年齢コンプレックスに捉われて、育児中の行動範囲が狭まったり、交流が減ったりすることはとても残念なこと。子供にとっても親にとっても、様々な人と触れ合って生活していくことはとても大事です。

 

出産年齢の早い、遅いではなく自分の子育てへの自信や自己評価を大事にして良いのです。

 

周囲の人もきっと、年齢ではなくあなたの人柄やお子さんとの関係などを見てくれるはずですよ。自分の年齢を持ち味にして、子育てを大いに楽しんで欲しいと感じます。

関連記事(一部広告)


人気記事ランキング
  1. 妊娠中に起こる腰痛の原因と改善方法
  2. 立ち会い出産のメリットとは?
  3. 出産が怖い女性はイメージトレーニングで乗り切ろう!
  4. 妊娠と着床出血のウソ・ホント
  5. 出産後の生理はいつから始まる?
  6. 流産後の妊娠はいつから大丈夫?
  7. 食欲をセーブする3つの方法
  8. 飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?
  9. 子供の発熱に関するQ&A
  10. 妊婦さんのストレス発散…!みんなはどうしてる?


出生前診断について
  1. ザックリわかりやすく!出生前診断の種類・概要・受ける時期
  2. 【実体験】絨毛検査と費用
  3. 【実体験】初期・中期胎児ドッグと費用


妊娠中・産後の症状について
  1. 妊娠中の感染に気を付けて!サイトメガロウイルスって何?
  2. 妊婦さんはお寿司を食べていいの?嘘?ホント?
  3. 凄すぎる出産!妊娠に気付かない女性
  4. 妊娠中の性病は危険!性病の母子感染リスク
  5. 産後の腹痛は危険だった
  6. 産後うつと育児ノイローゼの症状の違い
  7. 産後の気になる”出血”のあれこれ
  8. 出産後の生理はいつから始まる?生理痛の変化
  9. 産後の生理不順との付き合い方≪原因や解消法≫


気をつける重要な事
  1. 食事で気をつける重要な事
  2. 食欲をセーブする3つの方法
  3. 妊娠中のカフェインは危険!?
  4. 飲酒・喫煙を止められない人へ!


辛いつわりについて
  1. つら〜い”つわり”はいつまで続くの?
  2. ”つわり”を乗り切る5つの対処法
  3. つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!
  4. つわりは赤ちゃんが元気な証拠…は嘘?


働くお母さんへ
  1. つわりが辛い…!妊娠初期の仕事との付き合い方
  2. 産休中も手当てがもらえる出産手当金について
  3. 産休中の給料減…赤ちゃん用品や生活費の節約方法
  4. いつから産休に入るか悩んでいる人へ!産休の取り方
  5. 産休に入るための正しい挨拶方法


赤ちゃんに起こる症状
  1. 赤ちゃんの鼻詰まり解消方法
  2. 夜泣きとの上手な付き合い方
  3. 赤ちゃんはいつから外出してOK?初めての外出の注意点
  4. 新生児の授乳間隔のどれぐらいがベストなの?
  5. 赤ちゃんの顔にできる乳児湿疹の原因と対処法
  6. 赤ちゃんの肌がボロボロに!乳児湿疹の原因と改善策
  7. 新生児がミルクをすぐに吐くその理由とは!?
  8. 赤ちゃんの夜泣きとの上手な付き合い方

スポンサーリンク



出産 年齢 高齢出産
妊娠から出産まで!元気な赤ちゃんを産むための過ごし方(ホーム)