新生児が鼻づまりを起こす原因と正しい解消法

新生児 鼻づまり 原因 解消方法

 

新生児の間は、自分で鼻呼吸と口呼吸を切り替えることができません。なので、鼻づまりを起こしてしまうとうまく眠れなかったり、授乳で口が塞がれて苦しくなったり・・・見ている方が可哀想になってしまいますよね・

 

何とか鼻づまりを治してあげたいものですが、自己流ですぐに治るものなのでしょうか?

 

まずは鼻づまりを起こしている原因を特定し、解消方を考えていきましょう。

 

 

乾燥が激しいと鼻づまりを起こす

 

新生児 鼻づまり 原因 解消方法

 

風邪をひいていなくても、お部屋の空気が乾燥していると鼻づまりを起こすことがあります。特に冬場の朝などは最も乾燥の激しくなるとき。新生児の赤ちゃんには堪えるでしょう。

 

鼻が冷たくて乾燥した空気に触れると、鼻の粘膜が膨張して鼻づまりを起こします。突然体の中に冷たい空気が入ることのないよう、鼻で空気の温度や湿度をコントロールできるようになっているのです。

 

スポンサーリンク

 

 

鼻づまりを起こすメカニズムは赤ちゃんも大人も一緒ですが、新生児の場合鼻腔の大きさも非常に小さいので、大人よりも鼻づまりがひどくなりやすいもの。苦しさも大人以上に感じていることと思います。

 

乾燥による鼻づまりを防ぐには、やはり部屋の湿度や温度をしっかり調整することです。

 

冬場は寝ている間に空気の乾燥が進むので、赤ちゃんを寝かせる前に湿度対策を行ってから寝るようにしましょう。

 

鼻の粘膜を乾燥させてしまうことで風邪をひきやすくなったり、ウィルス感染を起こしやすくなるので十分注意しましょう。

 

 

風邪をひいて鼻づまりを起こす

 

新生児でも風邪をひくことはあります。

 

産まれて間もない赤ちゃんや、母乳で育っている赤ちゃんはお母さんの免疫をもらっているので風邪をひかないという説、ありますよね。

 

実はこの説はちょっと違っているんです。

 

スポンサーリンク

 

 

母体が感染して治癒した風邪菌に対しては、赤ちゃんにも免疫が行っているので感染しないでしょう。

 

でも、風邪菌の種類って1個や2個じゃないんですよ。何百、何千という種類のウィルスが存在します。その全てにお母さんが感染し、完治しているなんてことはあり得ませんよね。

 

もちろん赤ちゃんの体質や季節などにもよりますが、新生児でも風邪をひいて鼻づまりを起こすことは珍しくありません。(中には生後数日でインフルエンザに感染した子もいます)

 

まず鼻づまり以外の症状が出ていないかどうか、体調をよく観察してあげましょう。新生児の場合が出ると心配です。

 

軽い鼻水や鼻づまりでも、これから悪化してくる可能性もあるので、念のため小児科に連れて行くことをおすすめします。

 

熱が出てくる頃には夜中になっていたり、休診日になってしまう可能性もあります。病院がやっている間に診察を済ませておく方が安心ではないでしょうか。

 

 

すぐに吸い出して

 

新生児 鼻づまり 原因 解消方法

 

新生児の赤ちゃんはもちろん、鼻をかむことはできません。

 

しかし鼻水をそのままにしておくと呼吸がうまくできず、機嫌が悪くなるだけでなく呼吸困難になる可能性も否定できません。

 

お母さんが直接口で吸ってあげたり、市販の鼻吸い器で取り除いてあげると格段に呼吸が楽になるでしょう。

 

ただ、なかなか上手に吸い出せず、あまり効果がない・・・と感じるお母さんも多いかもしれませんね。

 

どうしてもうまく吸い出せない場合、耳鼻科に行って医師に鼻水除去をお願いするのが最も効果があります。

 

小児科には鼻水を吸う器具がない場合が多いので、鼻づまりの解消を希望の場合耳鼻科を受診しましょう。

 

さらに鼻の通りを良くする薬をもらうことで、治りも格段に早くなりますよ。耳鼻科によっては医療用の電動鼻吸い器を貸し出してくれることもあります。

関連記事(一部広告)


人気記事ランキング
  1. 妊娠中に起こる腰痛の原因と改善方法
  2. 立ち会い出産のメリットとは?
  3. 出産が怖い女性はイメージトレーニングで乗り切ろう!
  4. 妊娠と着床出血のウソ・ホント
  5. 出産後の生理はいつから始まる?
  6. 流産後の妊娠はいつから大丈夫?
  7. 食欲をセーブする3つの方法
  8. 飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?
  9. 子供の発熱に関するQ&A
  10. 妊婦さんのストレス発散…!みんなはどうしてる?


出生前診断について
  1. ザックリわかりやすく!出生前診断の種類・概要・受ける時期
  2. 【実体験】絨毛検査と費用
  3. 【実体験】初期・中期胎児ドッグと費用


妊娠中・産後の症状について
  1. 妊娠中の感染に気を付けて!サイトメガロウイルスって何?
  2. 妊婦さんはお寿司を食べていいの?嘘?ホント?
  3. 凄すぎる出産!妊娠に気付かない女性
  4. 妊娠中の性病は危険!性病の母子感染リスク
  5. 産後の腹痛は危険だった
  6. 産後うつと育児ノイローゼの症状の違い
  7. 産後の気になる”出血”のあれこれ
  8. 出産後の生理はいつから始まる?生理痛の変化
  9. 産後の生理不順との付き合い方≪原因や解消法≫


気をつける重要な事
  1. 食事で気をつける重要な事
  2. 食欲をセーブする3つの方法
  3. 妊娠中のカフェインは危険!?
  4. 飲酒・喫煙を止められない人へ!


辛いつわりについて
  1. つら〜い”つわり”はいつまで続くの?
  2. ”つわり”を乗り切る5つの対処法
  3. つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!
  4. つわりは赤ちゃんが元気な証拠…は嘘?


働くお母さんへ
  1. つわりが辛い…!妊娠初期の仕事との付き合い方
  2. 産休中も手当てがもらえる出産手当金について
  3. 産休中の給料減…赤ちゃん用品や生活費の節約方法
  4. いつから産休に入るか悩んでいる人へ!産休の取り方
  5. 産休に入るための正しい挨拶方法


赤ちゃんに起こる症状
  1. 赤ちゃんの鼻詰まり解消方法
  2. 夜泣きとの上手な付き合い方
  3. 赤ちゃんはいつから外出してOK?初めての外出の注意点
  4. 新生児の授乳間隔のどれぐらいがベストなの?
  5. 赤ちゃんの顔にできる乳児湿疹の原因と対処法
  6. 赤ちゃんの肌がボロボロに!乳児湿疹の原因と改善策
  7. 新生児がミルクをすぐに吐くその理由とは!?
  8. 赤ちゃんの夜泣きとの上手な付き合い方

スポンサーリンク



新生児 鼻づまり 原因 解消方法
妊娠から出産まで!元気な赤ちゃんを産むための過ごし方(ホーム)