新生児に出る3種類の湿疹とケア方法

新生児 湿疹 ケア方法

 

新生児の赤ちゃんには顔、首、背中、お尻などの蒸れ易い場所、また皮脂腺の多い場所に湿疹が出ることがあります。

 

赤ちゃんの肌はつるつるのプニプニってイメージがある人も多いですよね。なので、湿疹が出ると「何か病気では?」と焦ってしまう人もいるでしょう。

 

しかし新生児の場合、湿疹が出ることは珍しくありません。1年中季節を問わず出るものや、その赤ちゃんの体質によって出方が違うこともあります。焦らずに正しいケア方法を学んで下さいね。

 

 

多くの新生児に出る”乳児湿疹”

 

新生児 湿疹 ケア方法

 

乳児湿疹というのはお腹の中でお母さんからもらった悪いものを、赤ちゃんが体から出そうとしているものと言われています。だからと言って、決して悪い反応というわけではありません。

 

乳児湿疹は新生児の湿疹で最も多くの赤ちゃんに出るものですので心配し過ぎないように注意しましょう。

 

小児科や皮膚科に相談し、乳児湿疹と診断されたらお顔の清潔を保つようケアを心かげて下さい。

 

スポンサーリンク

 

 

赤ちゃんの洗顔は濡れたガーゼで拭くだけで良いと言われていますが、乳児湿疹が出ている赤ちゃんは石鹸でしっかり顔を洗ってあげて欲しいと思います。

 

石鹸をしっかり泡立てて、泡で頬やおでこをなぞるように洗います。

 

大人の女性の洗顔方法と一緒で、決して摩擦せずに優しく洗いましょう。しっかり洗い流して石鹸が残らないようにすることも大事です。

 

新生児の顔を石鹸で洗うなんてハードルが高いかもしれませんが、湿疹を長引かせないためにはしっかり皮脂を取ってあげることが大事です。

 

顔だけでなく湿疹のある場所はこのように洗ってあげて下さい。

 

 

”あせも”も新生児にできやすい

 

あせも(汗疹)も新生児にでき易い湿疹の一つです。首やわきの下、お尻などの蒸れやすい場所にできる湿疹ですね。

 

新生児は代謝が非常に活発なので、よく汗をかきます。

 

スポンサーリンク

 

 

夏場にできるイメージが強いですが、実はあせもは1年を通してできる湿疹です。冬場は暖房の効かせすぎや服の着せすぎ、布団のかけすぎなどで汗をかくことも多いため、うっかりあせもができてしまうことも。

 

あせもを防ぐケアは、やはりこまめな着替えと温度調節です。冬場はどうしても寒さが心配で厚着させてしまうものですが、汗をかいていないかこまめにチェックしながら調節してあげましょう。

 

夏はもちろんとっても暑くて汗をかくのも仕方がないものですよね。着替えをこまめにさせること、必要なら沐浴は朝晩と1日2回に増やしてもよいでしょう。あせもも肌の清潔さを保つことが改善の鍵になります。

 

1年中どんな季節でもできてしまうものなので、常にローションやパウダーでスキンケアする習慣をつけておくのもオススメですよ。

 

 

脂が出やすく”脂漏性湿疹”になりやすい

 

新生児 湿疹 ケア方法

 

脂漏性湿疹とは、顔や髪の毛の生え際などにフケのような塊ができる湿疹のこと。

 

大人でもできることがありますが、乳児や新生児には特に多く見られます。

 

実は、新生児の赤ちゃんの皮脂量と中学生の男子の皮脂量は同じだと言われているんです!

 

皮脂の量が多ければ多いほど、湿疹や肌荒れを起こしやすいのは当然です。時期的なものなので心配しすぎる必要はありません。

 

ただし湿疹はどれも痒みを伴うことが多いので、赤ちゃんが掻き毟ったりしないように注意してあげるようにしましょう。

 

皮膚科で痒み止めを処方してもらうことで、赤ちゃんの機嫌も良くなってお世話が楽になると思います。

 

フケのような塊の正体は脂なのでこれも石鹸をしっかり泡立てて丁寧に洗って下さい。清潔を保って、保湿剤などを塗っていれば生後3ヶ月頃までには落ち着くでしょう。

 

特別肌が弱い…というわけでもありませんので、ケアをしっかりしてあげれば大丈夫です。

関連記事(一部広告)


人気記事ランキング
  1. 妊娠中に起こる腰痛の原因と改善方法
  2. 立ち会い出産のメリットとは?
  3. 出産が怖い女性はイメージトレーニングで乗り切ろう!
  4. 妊娠と着床出血のウソ・ホント
  5. 出産後の生理はいつから始まる?
  6. 流産後の妊娠はいつから大丈夫?
  7. 食欲をセーブする3つの方法
  8. 飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?
  9. 子供の発熱に関するQ&A
  10. 妊婦さんのストレス発散…!みんなはどうしてる?


出生前診断について
  1. ザックリわかりやすく!出生前診断の種類・概要・受ける時期
  2. 【実体験】絨毛検査と費用
  3. 【実体験】初期・中期胎児ドッグと費用


妊娠中・産後の症状について
  1. 妊娠中の感染に気を付けて!サイトメガロウイルスって何?
  2. 妊婦さんはお寿司を食べていいの?嘘?ホント?
  3. 凄すぎる出産!妊娠に気付かない女性
  4. 妊娠中の性病は危険!性病の母子感染リスク
  5. 産後の腹痛は危険だった
  6. 産後うつと育児ノイローゼの症状の違い
  7. 産後の気になる”出血”のあれこれ
  8. 出産後の生理はいつから始まる?生理痛の変化
  9. 産後の生理不順との付き合い方≪原因や解消法≫


気をつける重要な事
  1. 食事で気をつける重要な事
  2. 食欲をセーブする3つの方法
  3. 妊娠中のカフェインは危険!?
  4. 飲酒・喫煙を止められない人へ!


辛いつわりについて
  1. つら〜い”つわり”はいつまで続くの?
  2. ”つわり”を乗り切る5つの対処法
  3. つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!
  4. つわりは赤ちゃんが元気な証拠…は嘘?


働くお母さんへ
  1. つわりが辛い…!妊娠初期の仕事との付き合い方
  2. 産休中も手当てがもらえる出産手当金について
  3. 産休中の給料減…赤ちゃん用品や生活費の節約方法
  4. いつから産休に入るか悩んでいる人へ!産休の取り方
  5. 産休に入るための正しい挨拶方法


赤ちゃんに起こる症状
  1. 赤ちゃんの鼻詰まり解消方法
  2. 夜泣きとの上手な付き合い方
  3. 赤ちゃんはいつから外出してOK?初めての外出の注意点
  4. 新生児の授乳間隔のどれぐらいがベストなの?
  5. 赤ちゃんの顔にできる乳児湿疹の原因と対処法
  6. 赤ちゃんの肌がボロボロに!乳児湿疹の原因と改善策
  7. 新生児がミルクをすぐに吐くその理由とは!?
  8. 赤ちゃんの夜泣きとの上手な付き合い方

スポンサーリンク



新生児 湿疹 ケア方法
妊娠から出産まで!元気な赤ちゃんを産むための過ごし方(ホーム)