赤ちゃんの咳がひどい場合の緩和させる3つの方法

赤ちゃん 咳ひどい 緩和方法

 

赤ちゃんの風邪や体調の変化、お母さんは敏感に察知して心配してしまうと思います。

 

特には、風邪の症状なのかアレルギーなのか、はたまた喘息の気があるのかなど、原因によっても不安は高まります。

 

咳というのはそもそも、体の中に異物が入ってきたときに排出させようとする動作です。赤ちゃんはまだまだ体が弱いので、ちょっとしたホコリや花粉などで咳き込んでしまうことも考えられます。

 

また、咳の音にもよく注目してみましょう。音によって原因が違ったり、対処法が異なったりすることがあります。

 

 

風邪が原因の場合

 

赤ちゃん 咳ひどい 緩和方法

 

原因で最も多いのは、やはり風邪によるものです。鼻水が喉に回ってしまったり、痰がきれず喉に溜まってしまったりすることで咳き込むことが増えます。

 

この場合、ゴロゴロした咳で明らかに何かが絡んでいる感じが分かると思います。

 

反対に、同じ風邪が原因でも喉が腫れることで咳が出ることもあります。喉の腫れからくる咳は、乾いた”コンコン”という咳に聞こえることもあります。

 

いずれにせよ、苦しそうなら小児科を受診して早めに治るよう対処してあげて下さい。

 

スポンサーリンク

 

 

気管支の弱い赤ちゃんは、風邪をひくたびに長引いて苦しむことがあります。気管支喘息とは違いますが、喘息性の気管支炎は喘息と同じ状態になっていて非常に苦しいもの。

 

原因こそ違うものの、咳がひどくて眠れないこともあります。

 

昼間様子を見ていたら、夜中に悪化して夜間救急病院に・・・というケースも多いです。ひどくなる前に、吸入をしてもらったり薬の処方をしてもらうことをおすすめします。

 

 

アレルギーが原因の場合

 

アレルギーでも咳は出るものです。例えば、ほこりやダニなどのハウスダストや花粉などでも咳き込んでしまうことがあります。

 

アレルギーなどの異物による咳は、乾いた咳であることが多いです。他に何の症状もない場合、部屋の環境などを見直してみましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

例えば布団をしっかり干したり、叩いたりするケアをしっかり行う、空気清浄機を付ける、ペットなどを飼っている家庭では掃除を徹底するなど。

 

アレルギーによる咳は、気管支喘息になる可能性も考えられますので、赤ちゃんのうちから予防意識を高めていきましょう。

 

 

咳を少しでも緩和させるには?

 

赤ちゃん 咳ひどい 緩和方法

 

まず、部屋の湿度や温度を適切に保つことが大事です。特に冬場は乾燥が激しいので咳が悪化しやすいので注意しましょう。

 

コップいっぱいの水を枕元に置くとか、濡らしたタオルを軽く絞ってかけておくだけでもOK。部屋の温度が低くなるとさらに感想が進むので注意して下さい。

 

また、あまりに咳き込む場合は体を起こしてあげましょう。仰向けで寝ていると咳をしたときにつらく感じるので、横向きに寝かせることも対策の一つです。

 

咳が続くと喉が非常に乾燥しますので、水分補給はまめにさせて下さい。

 

ただし、喜んで飲んでくれるからといってジュースを飲ませるのはなるべく避けましょう。特に柑橘系のジュースは喉を刺激してしまうので、逆効果になることがあります。

 

 

赤ちゃんの体質によって咳が出やすいことも

 

赤ちゃんの体質によって、風邪によってどんな症状が出やすいかというのは異なります。中でも厄介なのは、咳が出やすい体質の子のケアです。

 

筆者の息子も風邪をひくと咳がまず最初に出て、後にも残りやすい体質。なので、市販の咳止めを常に常備しておくようにしていました。(市販の薬でも効果はあります。)

 

特に、夜中に赤ちゃんが咳き込んで眠れないと可哀想ですよね。お世話をするお母さんも大変です。とりあえず市販の薬を飲ませて、その晩はしっかり寝かせてあげましょう。

 

市販のお薬だけで根本治療にはなりませんので、翌日以降に必ず小児科に連れていくようにしましょう。

関連記事(一部広告)


人気記事ランキング
  1. 妊娠中に起こる腰痛の原因と改善方法
  2. 立ち会い出産のメリットとは?
  3. 出産が怖い女性はイメージトレーニングで乗り切ろう!
  4. 妊娠と着床出血のウソ・ホント
  5. 出産後の生理はいつから始まる?
  6. 流産後の妊娠はいつから大丈夫?
  7. 食欲をセーブする3つの方法
  8. 飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?
  9. 子供の発熱に関するQ&A
  10. 妊婦さんのストレス発散…!みんなはどうしてる?


出生前診断について
  1. ザックリわかりやすく!出生前診断の種類・概要・受ける時期
  2. 【実体験】絨毛検査と費用
  3. 【実体験】初期・中期胎児ドッグと費用


妊娠中・産後の症状について
  1. 妊娠中の感染に気を付けて!サイトメガロウイルスって何?
  2. 妊婦さんはお寿司を食べていいの?嘘?ホント?
  3. 凄すぎる出産!妊娠に気付かない女性
  4. 妊娠中の性病は危険!性病の母子感染リスク
  5. 産後の腹痛は危険だった
  6. 産後うつと育児ノイローゼの症状の違い
  7. 産後の気になる”出血”のあれこれ
  8. 出産後の生理はいつから始まる?生理痛の変化
  9. 産後の生理不順との付き合い方≪原因や解消法≫


気をつける重要な事
  1. 食事で気をつける重要な事
  2. 食欲をセーブする3つの方法
  3. 妊娠中のカフェインは危険!?
  4. 飲酒・喫煙を止められない人へ!


辛いつわりについて
  1. つら〜い”つわり”はいつまで続くの?
  2. ”つわり”を乗り切る5つの対処法
  3. つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!
  4. つわりは赤ちゃんが元気な証拠…は嘘?


働くお母さんへ
  1. つわりが辛い…!妊娠初期の仕事との付き合い方
  2. 産休中も手当てがもらえる出産手当金について
  3. 産休中の給料減…赤ちゃん用品や生活費の節約方法
  4. いつから産休に入るか悩んでいる人へ!産休の取り方
  5. 産休に入るための正しい挨拶方法


赤ちゃんに起こる症状
  1. 赤ちゃんの鼻詰まり解消方法
  2. 夜泣きとの上手な付き合い方
  3. 赤ちゃんはいつから外出してOK?初めての外出の注意点
  4. 新生児の授乳間隔のどれぐらいがベストなの?
  5. 赤ちゃんの顔にできる乳児湿疹の原因と対処法
  6. 赤ちゃんの肌がボロボロに!乳児湿疹の原因と改善策
  7. 新生児がミルクをすぐに吐くその理由とは!?
  8. 赤ちゃんの夜泣きとの上手な付き合い方

スポンサーリンク



赤ちゃん 咳ひどい 緩和方法
妊娠から出産まで!元気な赤ちゃんを産むための過ごし方(ホーム)