赤ちゃんの中耳炎の症状と正しい治療法

赤ちゃん 中耳炎症状 原因

 

中耳炎とは、鼻の奥に溜まったウィルスが耳の中に入り込んで炎症を起こすことを言います。鼓膜の内側の「中耳」に炎症が起こっている状態。赤ちゃんや子供は中耳炎になりやすく、繰り返しやすいとも言われています。

 

赤ちゃんの鼻の耳を繋いでいる耳管は、長さが短い上に太さは太くなっています。成長するに連れて細くて長い管に変化していくのですが、赤ちゃんの間は最も耳と鼻が繋がり易い状態になっているのです。

 

そのため、赤ちゃんは最も中耳炎に掛かり易い体の構造をしていることになります。免疫力もまだ弱いためにちょっとした風邪から発展するケース、又は中耳炎を何度も繰り返す子も少なくありません。

 

 

中耳炎の症状とは?

 

赤ちゃん 中耳炎症状 原因

 

赤ちゃんは当然、具合が悪くても痛いところがあっても言葉で伝えることはできません。ですからお母さんがよく観察して異変に気付いてあげなければなりませんね。

 

例えば、中耳炎の場合症状は「不機嫌が続き、耳を触ろうとする」のが特徴です。

 

やはり中耳炎は耳に痛みが生じるので、機嫌が悪くグズグズ泣き続ける赤ちゃんが多いでしょう。耳を触ろうとしたり、気になって触ったり引っ張ったりするような仕草にも注意しましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

その他にも、微熱や黄色っぽい鼻水が続くなどの症状が見られる場合、中耳炎を疑う必要があります。

 

小児科や耳鼻科など、風邪で受診すると中耳炎の心配がないかを事前に診てくれることも多いです。しかし、中耳炎は風邪の終わりかけごろ発症することも多いので注意が必要です。

 

 

赤ちゃんが中耳炎になったら?

 

中耳炎のような症状が出たらすぐに耳鼻科に連れていきましょう。病院では抗生剤や点耳薬などを処方されます。

 

薬を服用すれば、比較的すぐに痛みや炎症は治まるので、赤ちゃんの機嫌もだいぶ良くなると思います。

 

スポンサーリンク

 

 

ただ、注意したいのは赤ちゃんの様子が戻ったからと言って勝手に薬を止めないことです!

 

中には、抗生物質をなるべく飲ませたくないというお母さんもいると思います。

 

しかし、中耳炎はしっかり最後まで投薬をしないと、ぶり返しやすくなったり、滲出性中耳炎などを引き起こす可能性を持っています。(耳だれが内耳に溜まって聞こえが悪くなる病気)

 

うみが悪化してしまった場合、鼓膜を切開して取り出す必要が出てくることもあります。中にはしっかり治療をしていても切開術が必要になるケースもあるでしょう。

 

しかし、治療不足で症状を悪化させ、切開することになるのは可哀想ですよね。

 

出された薬はしっかり飲みきること、治ったと感じても通院を勝手に止めないことが大事。また、耳に水が入らないように注意することや、お風呂のあとにしっかり耳周辺を清潔に拭き取る用に心がけましょう。

 

 

赤ちゃんは中耳炎になりやすい?

 

赤ちゃん 中耳炎症状 原因

 

中耳炎を繰り返し易い赤ちゃんもいれば、一度もかからない子もいる、この違いは一体何なのでしょうか。

 

基本的に、赤ちゃんや小さな子供は体の構造上中耳炎になり易いものです。免疫力や抵抗力の違いもあるので、体の弱い子や風邪をひき易い子はなり易いと考えられます。

 

また、鼻に疾患を持っている赤ちゃんは特にリスクが高まります。

 

アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎などを持っていると鼻水や膿が常に溜まりやすい状態になっており、ウィルスが耳にも届いてしまうのです。

 

こうして中耳炎が慢性化している場合、抗生剤は表面上の炎症が治まってからもしばらく長く投与する必要があります。

 

抗生剤の投与期間が短く、正しく根絶治療されていない場合再び中耳炎を発症すると考えられています。

 

小学生くらいになると、耳管の長さも長く細く成長するので頻度は減ってくるでしょう。

 

6歳以降もしばらく中耳炎を繰り返す場合は、アデノイド(扁桃腺)肥大などが関係していることもあるので、専門医と相談して改善方法を考えていきましょう。

関連記事(一部広告)


人気記事ランキング
  1. 妊娠中に起こる腰痛の原因と改善方法
  2. 立ち会い出産のメリットとは?
  3. 出産が怖い女性はイメージトレーニングで乗り切ろう!
  4. 妊娠と着床出血のウソ・ホント
  5. 出産後の生理はいつから始まる?
  6. 流産後の妊娠はいつから大丈夫?
  7. 食欲をセーブする3つの方法
  8. 飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?
  9. 子供の発熱に関するQ&A
  10. 妊婦さんのストレス発散…!みんなはどうしてる?


出生前診断について
  1. ザックリわかりやすく!出生前診断の種類・概要・受ける時期
  2. 【実体験】絨毛検査と費用
  3. 【実体験】初期・中期胎児ドッグと費用


妊娠中・産後の症状について
  1. 妊娠中の感染に気を付けて!サイトメガロウイルスって何?
  2. 妊婦さんはお寿司を食べていいの?嘘?ホント?
  3. 凄すぎる出産!妊娠に気付かない女性
  4. 妊娠中の性病は危険!性病の母子感染リスク
  5. 産後の腹痛は危険だった
  6. 産後うつと育児ノイローゼの症状の違い
  7. 産後の気になる”出血”のあれこれ
  8. 出産後の生理はいつから始まる?生理痛の変化
  9. 産後の生理不順との付き合い方≪原因や解消法≫


気をつける重要な事
  1. 食事で気をつける重要な事
  2. 食欲をセーブする3つの方法
  3. 妊娠中のカフェインは危険!?
  4. 飲酒・喫煙を止められない人へ!


辛いつわりについて
  1. つら〜い”つわり”はいつまで続くの?
  2. ”つわり”を乗り切る5つの対処法
  3. つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!
  4. つわりは赤ちゃんが元気な証拠…は嘘?


働くお母さんへ
  1. つわりが辛い…!妊娠初期の仕事との付き合い方
  2. 産休中も手当てがもらえる出産手当金について
  3. 産休中の給料減…赤ちゃん用品や生活費の節約方法
  4. いつから産休に入るか悩んでいる人へ!産休の取り方
  5. 産休に入るための正しい挨拶方法


赤ちゃんに起こる症状
  1. 赤ちゃんの鼻詰まり解消方法
  2. 夜泣きとの上手な付き合い方
  3. 赤ちゃんはいつから外出してOK?初めての外出の注意点
  4. 新生児の授乳間隔のどれぐらいがベストなの?
  5. 赤ちゃんの顔にできる乳児湿疹の原因と対処法
  6. 赤ちゃんの肌がボロボロに!乳児湿疹の原因と改善策
  7. 新生児がミルクをすぐに吐くその理由とは!?
  8. 赤ちゃんの夜泣きとの上手な付き合い方

スポンサーリンク



赤ちゃん 中耳炎症状 原因
妊娠から出産まで!元気な赤ちゃんを産むための過ごし方(ホーム)