新生児の咳がひどい…咳が出る原因と正しい対処法

新生児 咳 原因 対処法

 

新生児の赤ちゃんでも、咳をすることはもちろんあります。原因はいくつかあって、経過を見てよいものと病院へ受診すべきものがあるので心得ておきましょう。

 

大人でも咳が出るとよく眠れず苦しいですので、まだ産まれて間もない新生児なら尚更・・・。早めに対処する、予防することを考えていきましょう。

 

さて、咳の音には2種類ありそれぞれ原因が異なります。

 

 

コンコンと乾いた咳

 

ホコリなどの異物が入ったり、喉が刺激を受けたときに出る咳です。

 

風邪にかかって喉が腫れているときにもこのような乾いた咳が出ます。

 

これはちょっとしたことで出る咳で、短期間に集中して出てすぐに治まることも多いです。(ミルクを咽たときなど)

 

 

ゼロゼロと痰が絡んで湿った咳

 

鼻水が喉にまわったり、がうまく切れずに喉に絡まっている咳。

 

ほとんどが風邪による症状ですが、機嫌が良く授乳できているなら心配ありません。

 

スポンサーリンク

 

 

乾いた咳の場合、他に気になる症状もなく機嫌が良ければ様子を見てOKです。

 

赤ちゃんはちょっとした刺激にも過敏に反応するので、咳が少しくらい出ていても正常な反応であることが多いです。

 

しかし鼻水や鼻づまりなどが原因で湿った咳が出ていると、鼻呼吸ができないためにおっぱいやミルクが飲みにくくなったり、眠りが浅くなる、寝つきが悪くなるなどの問題が出てきます。

 

また、新生児は熱が出ると危険なので、咳をし始めたら熱を測り経過を観察しましょう。

 

 

咳の治療と対処法

 

新生児 咳 原因 対処法

 

新生児の赤ちゃんが咳き込んで苦しそうなようでしたら、小児科や耳鼻科などに連れていきましょう。

 

新生児には咳止めや抗生物質などは使用できないので、治りはやや遅くなるかもしれません。

 

それでも鼻の通りを良くする薬や、をきれやすくする薬などを処方してもらうことができます。

 

スポンサーリンク

 

 

何もしないよりはだいぶ赤ちゃんも楽になると思いますし、お世話をするお母さんも楽になるでしょう。

 

病院受診の目安としては…

 

  • 胸が大きく上下するくらい呼吸が荒いとき
  • 他の原因不明なグズリ、不機嫌
  • おっぱいやミルクを飲みたがらない
  • おしっこの量や回数が少ない
  • 胸や背中からヒューヒュー音がする

 

このような症状が出ているときは、早めに病院を受診して下さい。

 

家庭では、室内の空気の乾燥に注意して、喉を痛めないように配慮してあげましょう。

 

 

咳と喘息

 

新生児 咳 原因 対処法

 

新生児が咳をしていると「気管支が弱いのかも…」「喘息の気があるのでは?」と不安になるお母さんも多いと思います。

 

しかし、乳児の喘息の診断はとても難しいもの。ましてや新生児となれば、まだまだ判断のつかない時期です。

 

今後も咳を繰り返したり、家族に喘息やアトピーなどのアレルギー体質の人がいる場合喘、赤ちゃんの喘息の可能性は高まりますが、今すぐ心配する必要はありません。

 

我が家の息子も、小さな時から風邪をひくとすぐに咳をする子。夫がアトピーなので、アレルギー体質である可能性は高いです。

 

しかし5歳になるまで喘息かどうかの診断はされませんでした。「喘息と言われたことはありますか?」と医師に何度か聞かれたことがあり、医師も診断を下すのに慎重になっているように見受けられました。

 

ですから赤ちゃんのうちから喘息かどうかの判断ができるケースはそれほど多くないということなのでしょう。

 

ヒューヒューという音が聞こえる場合喘息なのでは?と疑う人も多いですよね。

 

しかし、新生児の場合ヒューヒューという呼吸音は、喘息よりもRSウィルスの危険性の方が高いです。

 

喘息の場合、定期的に症状が激しく出るのが特徴です。まずは環境を整え、これから喘息になるリスクを少しでも減らすよう心がけるという構えで良いのではないでしょうか。

関連記事(一部広告)


人気記事ランキング
  1. 妊娠中に起こる腰痛の原因と改善方法
  2. 立ち会い出産のメリットとは?
  3. 出産が怖い女性はイメージトレーニングで乗り切ろう!
  4. 妊娠と着床出血のウソ・ホント
  5. 出産後の生理はいつから始まる?
  6. 流産後の妊娠はいつから大丈夫?
  7. 食欲をセーブする3つの方法
  8. 飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?
  9. 子供の発熱に関するQ&A
  10. 妊婦さんのストレス発散…!みんなはどうしてる?


出生前診断について
  1. ザックリわかりやすく!出生前診断の種類・概要・受ける時期
  2. 【実体験】絨毛検査と費用
  3. 【実体験】初期・中期胎児ドッグと費用


妊娠中・産後の症状について
  1. 妊娠中の感染に気を付けて!サイトメガロウイルスって何?
  2. 妊婦さんはお寿司を食べていいの?嘘?ホント?
  3. 凄すぎる出産!妊娠に気付かない女性
  4. 妊娠中の性病は危険!性病の母子感染リスク
  5. 産後の腹痛は危険だった
  6. 産後うつと育児ノイローゼの症状の違い
  7. 産後の気になる”出血”のあれこれ
  8. 出産後の生理はいつから始まる?生理痛の変化
  9. 産後の生理不順との付き合い方≪原因や解消法≫


気をつける重要な事
  1. 食事で気をつける重要な事
  2. 食欲をセーブする3つの方法
  3. 妊娠中のカフェインは危険!?
  4. 飲酒・喫煙を止められない人へ!


辛いつわりについて
  1. つら〜い”つわり”はいつまで続くの?
  2. ”つわり”を乗り切る5つの対処法
  3. つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!
  4. つわりは赤ちゃんが元気な証拠…は嘘?


働くお母さんへ
  1. つわりが辛い…!妊娠初期の仕事との付き合い方
  2. 産休中も手当てがもらえる出産手当金について
  3. 産休中の給料減…赤ちゃん用品や生活費の節約方法
  4. いつから産休に入るか悩んでいる人へ!産休の取り方
  5. 産休に入るための正しい挨拶方法


赤ちゃんに起こる症状
  1. 赤ちゃんの鼻詰まり解消方法
  2. 夜泣きとの上手な付き合い方
  3. 赤ちゃんはいつから外出してOK?初めての外出の注意点
  4. 新生児の授乳間隔のどれぐらいがベストなの?
  5. 赤ちゃんの顔にできる乳児湿疹の原因と対処法
  6. 赤ちゃんの肌がボロボロに!乳児湿疹の原因と改善策
  7. 新生児がミルクをすぐに吐くその理由とは!?
  8. 赤ちゃんの夜泣きとの上手な付き合い方

スポンサーリンク



新生児 咳 原因 対処法
妊娠から出産まで!元気な赤ちゃんを産むための過ごし方(ホーム)