新生児が鼻水を垂らす大きな原因と対策法

新生児 鼻水 原因 対策

 

新生児の間はお母さんから免疫をもらっているために、鼻水や咳などの風邪症状が出ることはないと思われがち。

 

しかし、新生児の小さな赤ちゃんでも、風邪をひくことはありますし鼻水がタラタラ出たり、詰まってしまうこともあります。

 

「鼻水と言えば風邪!」と思いがちではありますが、新生児の場合風邪以外の原因で鼻水が出てしまうこともあるんです。

 

赤ちゃんが鼻水を出している原因と、正しい対処法を知っておけば安心です。

 

初めてのことですから何かと心配になりますが、慌てず赤ちゃんの様子をしっかり観察するようにしましょう。

 

 

風邪からくる鼻水

 

新生児 鼻水 原因 対策

 

新生児の赤ちゃんは、お腹の中でお母さんからの免疫をもらっていることや、母乳をたくさん飲んでいることから風邪をひかないと言われています。

 

しかし、実際はお母さんから全ての風邪菌に対する免疫をもらえるわけではないので、風邪をひいてしまうことももちろんあるのです。

 

自発する免疫力や抵抗力もとても弱いので、風邪菌に接触すれば大人よりも症状が出やすいと考えた方が良いでしょう。そのため、新生児でも鼻風邪をひくケースはあるということを覚えておきましょう。

 

鼻水程度の風邪であれば様子を見ても問題ありません。ただし発熱などがあると危険なので、こまめに検温して観察してあげてください。

 

スポンサーリンク

 

 

鼻水が詰まったりして、おっぱいやミルクがうまく飲めなかったり、眠りが浅くなってしまうときには赤ちゃん自身が苦しく感じているでしょう。その場合は小児科に連れて行き、鼻づまりの解消をしてあげて下さい。

 

市販の鼻水吸い器を使っても良いですし、綿棒で固まった鼻水を優しく取り除いてあげると症状が改善することもあります。

 

空気が乾燥している冬場は風邪をひきやすい上に、鼻水も短時間で固まってしまうため呼吸の妨げになりやすいと思います。ホームケアの方法もマスターしておくと安心ですね。

 

 

アレルギー物質が原因の場合

 

大人でも、花粉やホコリなどのアレルギー物質が原因で鼻炎症状が出ること、ありますよね。

 

もちろん新生児でも同じです。空気が汚れていると鼻に異物が入るため、それを排除しようと鼻水が出やすくなるのです。

 

スポンサーリンク

 

 

アレルギー性の鼻水は白っぽく見えるのが特徴で、風邪のときの鼻水とは状態が少し違っています。部屋を清潔にし、換気をしっかり行うようにしましょう。

 

また最近では、花粉や黄砂などの空気中の飛散物質にも注意が必要です。黄砂なども、窓を明けっぱなしにしていると室内にまで入り込んでくることは珍しくないでしょう。

 

赤ちゃんを寝かせている場所や、その時期の外気の状態にも十分配慮してあげるように心がけて下さい。

 

新生児のうちからアレルギーを持っているかどうか判断することはできませんので「この子は花粉症なの!?」とか「喘息などになりやすいのでは?」と心配し過ぎないでOKです。

 

 

おっぱいやミルクが鼻に回り、鼻水となって出てくることも

 

新生児 鼻水 原因 対策

 

新生児はまだまだ飲むことが上手ではないので、お母さんのおっぱいやミルクが喉から鼻に回ってしまうこともよくあります。

 

ゲップをさせたときや、吐き戻しをしたときに鼻から鼻水のようなものが出てくるという場合、飲んだものが鼻から出ているだけということもあるでしょう。

 

小さな赤ちゃんの鼻は粘膜が敏感で、ちょっとした刺激にも反応して症状として出されることがあります。

 

さらに2〜3時間置きと頻繁におっぱいやミルクを飲むので、このような原因で鼻水が出ることはしょっちゅうです。他に気になる症状もなく、機嫌が良いのであれば様子をみて構いません。

 

ただし、詰まってしまうとやはり授乳や睡眠に支障が出やすいので、呼吸が苦しそうだと思ったら早めに小児科で相談してみましょう。

関連記事(一部広告)


人気記事ランキング
  1. 妊娠中に起こる腰痛の原因と改善方法
  2. 立ち会い出産のメリットとは?
  3. 出産が怖い女性はイメージトレーニングで乗り切ろう!
  4. 妊娠と着床出血のウソ・ホント
  5. 出産後の生理はいつから始まる?
  6. 流産後の妊娠はいつから大丈夫?
  7. 食欲をセーブする3つの方法
  8. 飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?
  9. 子供の発熱に関するQ&A
  10. 妊婦さんのストレス発散…!みんなはどうしてる?


出生前診断について
  1. ザックリわかりやすく!出生前診断の種類・概要・受ける時期
  2. 【実体験】絨毛検査と費用
  3. 【実体験】初期・中期胎児ドッグと費用


妊娠中・産後の症状について
  1. 妊娠中の感染に気を付けて!サイトメガロウイルスって何?
  2. 妊婦さんはお寿司を食べていいの?嘘?ホント?
  3. 凄すぎる出産!妊娠に気付かない女性
  4. 妊娠中の性病は危険!性病の母子感染リスク
  5. 産後の腹痛は危険だった
  6. 産後うつと育児ノイローゼの症状の違い
  7. 産後の気になる”出血”のあれこれ
  8. 出産後の生理はいつから始まる?生理痛の変化
  9. 産後の生理不順との付き合い方≪原因や解消法≫


気をつける重要な事
  1. 食事で気をつける重要な事
  2. 食欲をセーブする3つの方法
  3. 妊娠中のカフェインは危険!?
  4. 飲酒・喫煙を止められない人へ!


辛いつわりについて
  1. つら〜い”つわり”はいつまで続くの?
  2. ”つわり”を乗り切る5つの対処法
  3. つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!
  4. つわりは赤ちゃんが元気な証拠…は嘘?


働くお母さんへ
  1. つわりが辛い…!妊娠初期の仕事との付き合い方
  2. 産休中も手当てがもらえる出産手当金について
  3. 産休中の給料減…赤ちゃん用品や生活費の節約方法
  4. いつから産休に入るか悩んでいる人へ!産休の取り方
  5. 産休に入るための正しい挨拶方法


赤ちゃんに起こる症状
  1. 赤ちゃんの鼻詰まり解消方法
  2. 夜泣きとの上手な付き合い方
  3. 赤ちゃんはいつから外出してOK?初めての外出の注意点
  4. 新生児の授乳間隔のどれぐらいがベストなの?
  5. 赤ちゃんの顔にできる乳児湿疹の原因と対処法
  6. 赤ちゃんの肌がボロボロに!乳児湿疹の原因と改善策
  7. 新生児がミルクをすぐに吐くその理由とは!?
  8. 赤ちゃんの夜泣きとの上手な付き合い方

スポンサーリンク



新生児 鼻水 原因 対策
妊娠から出産まで!元気な赤ちゃんを産むための過ごし方(ホーム)