子供に飲ませる母乳の量を増やす3つの方法

母乳 量 増やす方法

 

やっと出産を終え、これから楽しい赤ちゃんとの生活が始まると思っていたのに、母乳育児が思ったように進まず悩んでしまうお母さんは少なくありません。その悩みの一番の原因は「母乳の量」ではないでしょうか。

 

何もしなくても胸が張って痛いくらいに母乳が出る人もいれば、なかなか赤ちゃんが満足する量が出ずに試行錯誤している人もいるでしょう。母乳の量というのは、お母さんの体質によって差があるものなんですね。

 

しかし、努力次第で完全母乳育児ができるようになることも多いですし、完全に気道に乗るのは赤ちゃんが生後5ヶ月を過ぎてからだという話もあります。

 

生後2〜3ヶ月であきらめてしまう人も多いですが、どうしても完全母乳を目指したいならまだまだあきらめてはダメということになりますね。

 

スポンサーリンク

 

 

まず、母乳の量が明らかに少ないときは授乳が終わっても赤ちゃんが口を動かし続けたりして、「もっと飲みたい!」と感じていることが見て取れると思います。

 

もしくは、授乳しても泣き止まず、満足しないまま授乳が終わるので余計にぐずったりすることも。

 

寝かしつけのためにあげることも多いと思いますが、すんなり眠ってくれない場合は母乳不足だと判断できます。

 

また、一度の授乳で出る量が少ないと赤ちゃんの母乳を欲しがる時間の間隔も短くなります。頻繁に起きて泣くようでしたら、量が不足しているかもしれません。

 

 

とにかく乳首を正しく吸わせよう

 

母乳 量 増やす方法

 

母乳の量が足りないと、どうしてもミルクを足して赤ちゃんを満足させなければなりませんよね。しかし、そこで終了してはいけないんです。

 

ミルクを足せば、赤ちゃんのお腹にもしっかり溜まるので授乳の間隔が長くなってしまうんです。これが、量をどんどん減らしてしまう原因です。

 

乳首をどんどん吸わせて脳に刺激を与えないと母乳の量は増えていきません。出ていようが出なかろうが、とにかく赤ちゃんにおっぱいをこまめにくわえさせることが大事です。

 

スポンサーリンク

 

 

また、母乳の量は実際まだ残っているのに赤ちゃんが全て吸いきれていないということもあります。これも、量を不足させる原因です。

 

母乳は1度に製造した量が全て消費されると、次に製造する量をもっと増やすようにできているのです。なので、赤ちゃんにはなるべく空っぽになるまで吸ってもらう必要があります。

 

まだ飲み方が上手でない赤ちゃんには、抱き方を変えたり搾乳して哺乳瓶で飲ませるなど、様々な方法を試して見て下さい。

 

 

量を増やすには水分補給がかなり大事!

 

母乳 量 増やす方法

 

母乳の量は、食事内容で決まるなんてよく言われますが、その前にもっと大事なことがあります。それは「水分」です。実は、母乳のほぼ90%は水でできているんです。

 

なので、普通の人と同じように水分補給をしているのでは到底足りないんですよね。何と、母乳育児中の水分補給量は、1日3リットル!夏場で汗をかきやすいときは5リットルも必要と言われています。

 

食事から摂取する水分とは別で、意識して飲むことが大事です。もちろんお茶などでも構いませんが、非常にたくさんの量なので気付いたときにさっとお水を飲む癖をつけると良いですね。

 

糖分を取りすぎると、乳腺が詰まったりする可能性があるので甘い清涼飲料水は避けましょう。赤ちゃんが感じる母乳の味も変化してしまうので、水やノンカフェインのお茶が最適です。

 

また、カフェインの取りすぎは授乳中は注意したいものです、赤ちゃんへの影響もあると言われていますが、何よりも利尿作用が強いので水分がおしっことしてどんどん排出されてしまいます。

 

体内の水分を母乳用に確保するためにも、利尿作用の強いカフェイン飲料は避けておいたほうが安心です。

関連記事(一部広告)


人気記事ランキング
  1. 妊娠中に起こる腰痛の原因と改善方法
  2. 立ち会い出産のメリットとは?
  3. 出産が怖い女性はイメージトレーニングで乗り切ろう!
  4. 妊娠と着床出血のウソ・ホント
  5. 出産後の生理はいつから始まる?
  6. 流産後の妊娠はいつから大丈夫?
  7. 食欲をセーブする3つの方法
  8. 飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?
  9. 子供の発熱に関するQ&A
  10. 妊婦さんのストレス発散…!みんなはどうしてる?


出生前診断について
  1. ザックリわかりやすく!出生前診断の種類・概要・受ける時期
  2. 【実体験】絨毛検査と費用
  3. 【実体験】初期・中期胎児ドッグと費用


妊娠中・産後の症状について
  1. 妊娠中の感染に気を付けて!サイトメガロウイルスって何?
  2. 妊婦さんはお寿司を食べていいの?嘘?ホント?
  3. 凄すぎる出産!妊娠に気付かない女性
  4. 妊娠中の性病は危険!性病の母子感染リスク
  5. 産後の腹痛は危険だった
  6. 産後うつと育児ノイローゼの症状の違い
  7. 産後の気になる”出血”のあれこれ
  8. 出産後の生理はいつから始まる?生理痛の変化
  9. 産後の生理不順との付き合い方≪原因や解消法≫


気をつける重要な事
  1. 食事で気をつける重要な事
  2. 食欲をセーブする3つの方法
  3. 妊娠中のカフェインは危険!?
  4. 飲酒・喫煙を止められない人へ!


辛いつわりについて
  1. つら〜い”つわり”はいつまで続くの?
  2. ”つわり”を乗り切る5つの対処法
  3. つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!
  4. つわりは赤ちゃんが元気な証拠…は嘘?


働くお母さんへ
  1. つわりが辛い…!妊娠初期の仕事との付き合い方
  2. 産休中も手当てがもらえる出産手当金について
  3. 産休中の給料減…赤ちゃん用品や生活費の節約方法
  4. いつから産休に入るか悩んでいる人へ!産休の取り方
  5. 産休に入るための正しい挨拶方法


赤ちゃんに起こる症状
  1. 赤ちゃんの鼻詰まり解消方法
  2. 夜泣きとの上手な付き合い方
  3. 赤ちゃんはいつから外出してOK?初めての外出の注意点
  4. 新生児の授乳間隔のどれぐらいがベストなの?
  5. 赤ちゃんの顔にできる乳児湿疹の原因と対処法
  6. 赤ちゃんの肌がボロボロに!乳児湿疹の原因と改善策
  7. 新生児がミルクをすぐに吐くその理由とは!?
  8. 赤ちゃんの夜泣きとの上手な付き合い方

スポンサーリンク



母乳 量 増やす方法
妊娠から出産まで!元気な赤ちゃんを産むための過ごし方(ホーム)