授乳中のアルコールやタバコの影響について

授乳中 アルコール タバコ 影響

 

授乳中だけど、どうしてもアルコールが飲みたい!タバコが吸いたい!と我慢の限界のお母さんも多いのではないでしょうか。私個人としてはだったらきっぱり授乳を止めるべきだと思います。

 

アルコールの場合は飲んでから4〜6時間程度経つと、代謝されてしまうのでその間だけでも母乳を搾って捨てて下さい。

 

タバコの場合は、ニコチンやタールなどが蓄積するのできっぱりミルクに切り替えた方が良いと思います。

 

母乳もあげたいしアルコールもタバコもしたい、と両方取るのは止めて欲しいと思います。

 

ミルクでも立派に子供は育ちますから、体に悪いものの入った母乳を飲んで育つよりよっぽど安心ではないでしょうか。

 

 

流産や早産のリスクが高くなるケース

 

授乳中 アルコール タバコ 影響

 

妊娠中から、お母さんはお腹の赤ちゃんのためにアルコールやタバコなどの嗜好品を避けるようにと言われています。

 

流産や早産のリスクを高めたり、低体重児が生まれる確率や胎児性アルコール症候群などの危険性が指摘されています。

 

しかし、やっと出産が終わって解禁しようと思っても、授乳中であればもちろん我慢は継続しなければなりません。アルコールもタバコも、妊娠中よりも授乳中の方がより影響が強く出るとも言われているので十分注意したいですね。

 

まずアルコールですが、お母さんがお酒を飲んで授乳するとそのままアルコールが母乳に移行するので赤ちゃんが酔っ払ってしまいます。

 

顔が赤くなってしまったり、ぐっすり眠りすぎてなかなか起きなくなってしまったりすることもあります。

 

スポンサーリンク

 

 

赤ちゃんはまだまだ内臓機能が未熟ですし体もとても小さいですよね。当然体内にアルコールが入ると、その分解には時間がかかり体に大きな負担となります。授乳中のお酒は控えたほうが無難です。

 

中には、妊娠中から授乳中までに渡りコップにビール1杯程度や、缶チューハイ1本程度であれば問題ないと言われることもあります。

 

ストレスを溜め込んでイライラしながらの育児よりは、適度に息抜きやリラックスするために飲酒をしても良いという医師もいるでしょう。

 

ただし100%問題ないという保障はありませんし、何か問題が起こってから後悔するのはお母さん自身です。よくよく考えて、お酒との付き合い方を考えてみて欲しいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

そして、タバコも依存性の高い嗜好品で授乳中に吸いたくなってしまうお母さんも多いようですね。当然ですが、タバコも授乳中に吸うのは良くありません。

 

母乳は血液から作られていますので、血中のニコチンが赤ちゃんの体内に入ると考えて下さい。

 

よく、「カレーを食べた後に赤ちゃんが母乳を嫌がった」なんて話を耳にします。母乳というのは、お母さんが食べたものや飲んだものの味が出やすいのです。

 

 

我慢しているときの影響

 

授乳中 アルコール タバコ 影響

 

授乳中だけでなく、妊娠中から長期に渡り言えることですが、お母さんの嗜好品の制限や食事制限はとても厳しいものです。

 

アルコールやタバコはもちろんダメ、お菓子は体重管理のためあまり食べられない、授乳中ともなると乳腺が詰まるので揚げ物や脂っこい食事もダメになったりします。

 

24時間つきっきりの育児をしながら、様々な制限に耐えているのです。その横で、夫や家族が美味しそうにお酒を飲んだり、タバコを吸ったり、お菓子をボリボリ食べたりしていたらどうでしょう?

 

お母さんが我慢していることに対しては、周囲も配慮と協力をするべきだと思います。

 

まるっきり同じように我慢しろとは言いませんが、目の前でアルコールやタバコをしないのは大前提です。特にタバコの副流煙は、赤ちゃんにも悪影響ですので家の中では吸わないようしましょう。

 

お母さん自身も夫や家族に協力して欲しいことを伝え、制限のストレスを少しでも軽減できるようにしてみると良いですね。

関連記事(一部広告)


人気記事ランキング
  1. 妊娠中に起こる腰痛の原因と改善方法
  2. 立ち会い出産のメリットとは?
  3. 出産が怖い女性はイメージトレーニングで乗り切ろう!
  4. 妊娠と着床出血のウソ・ホント
  5. 出産後の生理はいつから始まる?
  6. 流産後の妊娠はいつから大丈夫?
  7. 食欲をセーブする3つの方法
  8. 飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?
  9. 子供の発熱に関するQ&A
  10. 妊婦さんのストレス発散…!みんなはどうしてる?


出生前診断について
  1. ザックリわかりやすく!出生前診断の種類・概要・受ける時期
  2. 【実体験】絨毛検査と費用
  3. 【実体験】初期・中期胎児ドッグと費用


妊娠中・産後の症状について
  1. 妊娠中の感染に気を付けて!サイトメガロウイルスって何?
  2. 妊婦さんはお寿司を食べていいの?嘘?ホント?
  3. 凄すぎる出産!妊娠に気付かない女性
  4. 妊娠中の性病は危険!性病の母子感染リスク
  5. 産後の腹痛は危険だった
  6. 産後うつと育児ノイローゼの症状の違い
  7. 産後の気になる”出血”のあれこれ
  8. 出産後の生理はいつから始まる?生理痛の変化
  9. 産後の生理不順との付き合い方≪原因や解消法≫


気をつける重要な事
  1. 食事で気をつける重要な事
  2. 食欲をセーブする3つの方法
  3. 妊娠中のカフェインは危険!?
  4. 飲酒・喫煙を止められない人へ!


辛いつわりについて
  1. つら〜い”つわり”はいつまで続くの?
  2. ”つわり”を乗り切る5つの対処法
  3. つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!
  4. つわりは赤ちゃんが元気な証拠…は嘘?


働くお母さんへ
  1. つわりが辛い…!妊娠初期の仕事との付き合い方
  2. 産休中も手当てがもらえる出産手当金について
  3. 産休中の給料減…赤ちゃん用品や生活費の節約方法
  4. いつから産休に入るか悩んでいる人へ!産休の取り方
  5. 産休に入るための正しい挨拶方法


赤ちゃんに起こる症状
  1. 赤ちゃんの鼻詰まり解消方法
  2. 夜泣きとの上手な付き合い方
  3. 赤ちゃんはいつから外出してOK?初めての外出の注意点
  4. 新生児の授乳間隔のどれぐらいがベストなの?
  5. 赤ちゃんの顔にできる乳児湿疹の原因と対処法
  6. 赤ちゃんの肌がボロボロに!乳児湿疹の原因と改善策
  7. 新生児がミルクをすぐに吐くその理由とは!?
  8. 赤ちゃんの夜泣きとの上手な付き合い方

スポンサーリンク



授乳中 アルコール タバコ 影響
妊娠から出産まで!元気な赤ちゃんを産むための過ごし方(ホーム)