子供が嘔吐した時の危険性…2つの恐ろしい病気の可能性

子供 嘔吐 原因 対処法

 

単なる風邪でも嘔吐を伴うことはありますが、急激な吐き気や、嘔吐を何度も繰り返す場合は急性胃腸炎である可能性が最も高いでしょう。

 

子供の嘔吐の原因で最も多いのは、ウィルス性の胃腸炎が80〜90%を占めています。

 

突然、何の前触れもなく発症するので急な嘔吐の場合は急性胃腸炎だと思って良いでしょう。

 

ここ最近、人のたくさん集まる場所に行ったり、周囲に急性胃腸炎にかかった人がいたら要注意。さらに家族内で感染する可能性があります。

 

スポンサーリンク

 

 

具体的にはロタウィルスやノロウィルスなどが有名で、毎年感染してしまうという子供もいるくらい感染力の強いウィルスです。子供だけでなく大人でももちろん感染します。

 

症状としては、嘔吐や下痢、激しい倦怠感や胃痛などです。

 

程度も様々で、1日に何度も嘔吐して明らかにぐったりしていることもあれば、1度嘔吐してから少し休養したらすぐに良くなったりと、その程度は様々です。

 

子供の嘔吐下痢症で怖いのは脱水症状です。大人のように、水分を取らなくては!と意識することはできませんので、お母さんやお父さんがしっかり配慮してあげましょう。

 

水やお茶などではたくさん飲めない場合、スポーツドリンクなど甘さがあって吸収の良いある飲み物を与えましょう。

 

また、親が最も注意したいのは、家族内での感染です。嘔吐物などをお母さんやお父さんが処理した場合、ほぼ90%感染すると考えても良いでしょう。

 

筆者の息子も何度かノロウィルスに感染したのですが、毎回私と夫に感染しています。子供から大人に感染すると、症状が強く出ることも多いので注意が必要です。

 

お世話をしたあとの手洗いうがいは必須ですし、トイレや使用した洗面器や食器などの除菌は徹底しましょう。

 

 

頭を強く打った場合の嘔吐

 

子供 嘔吐 原因 対処法

 

子供の嘔吐で注意したいのは「頭を強く打ったあとの嘔吐」です。よく、頭を打った子供はその後48時間はしっかり様子を見ておく必要があると言われます。

 

頭を強く打つようなケガをしたり事故にあった場合、2〜3日経っても脳震盪による嘔吐が見られることがあります。大人の場合、頭を強く打っての嘔吐は、内出血を起こしているため非常に危険だと言われます。

 

スポンサーリンク

 

 

しかし、小さな子供の場合は内出血を起こしていなくても、脳震盪によって嘔吐することが多いです。嘔吐した後少し顔色が悪くなることがありますが、しばらく様子をみて回復するようなら問題ありません。

 

嘔吐したからといって、今すぐ危険が迫っているというわけではありません。機嫌が良く、顔色や食欲などが安定していれば様子をみて構いません。

 

 

中には怖い病気も…

 

子供 嘔吐 原因 対処法

 

誰でも知っているのは、胃腸炎や脳震盪での嘔吐だと思いますが中には怖い病気も隠されているので注意が必要です。

 

特に年齢の小さな子供の怖い病気を紹介しておきます。

 

 

腸重積

 

0〜2歳という非常に小さな子供に起こる病気で、腸が通らなくなってしまう病気。腸同士がめり込んでしまうので、正しく機能しなくなります。

 

症状は嘔吐、激しい腹痛などですがまだ言葉が話せないうちに発症する病気なので、非常に不機嫌になります。痛いと言えない分、グズリがひどい、寝ないなどの症状が続きます。

 

便にが混ざっている場合は特にその疑いが強くなるのですぐに病院に連れていきましょう。

 

 

髄膜炎

 

こちらも0〜3歳児に多い病気で、病原体が神経に入り込んでしまうことで起こります。

 

症状は、発熱、嘔吐、痙攣。0〜3歳で熱性痙攣を起こすことは珍しくありませんが、嘔吐もあるようでしたら緊急的に病院に搬送します。

 

痙攣も5分以上続くと非常に危険です。神経系の病気ですから、処置が遅れてしまうと障害が残る可能性もあるので注意が必要です。

関連記事(一部広告)


人気記事ランキング
  1. 妊娠中に起こる腰痛の原因と改善方法
  2. 立ち会い出産のメリットとは?
  3. 出産が怖い女性はイメージトレーニングで乗り切ろう!
  4. 妊娠と着床出血のウソ・ホント
  5. 出産後の生理はいつから始まる?
  6. 流産後の妊娠はいつから大丈夫?
  7. 食欲をセーブする3つの方法
  8. 飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?
  9. 子供の発熱に関するQ&A
  10. 妊婦さんのストレス発散…!みんなはどうしてる?


出生前診断について
  1. ザックリわかりやすく!出生前診断の種類・概要・受ける時期
  2. 【実体験】絨毛検査と費用
  3. 【実体験】初期・中期胎児ドッグと費用


妊娠中・産後の症状について
  1. 妊娠中の感染に気を付けて!サイトメガロウイルスって何?
  2. 妊婦さんはお寿司を食べていいの?嘘?ホント?
  3. 凄すぎる出産!妊娠に気付かない女性
  4. 妊娠中の性病は危険!性病の母子感染リスク
  5. 産後の腹痛は危険だった
  6. 産後うつと育児ノイローゼの症状の違い
  7. 産後の気になる”出血”のあれこれ
  8. 出産後の生理はいつから始まる?生理痛の変化
  9. 産後の生理不順との付き合い方≪原因や解消法≫


気をつける重要な事
  1. 食事で気をつける重要な事
  2. 食欲をセーブする3つの方法
  3. 妊娠中のカフェインは危険!?
  4. 飲酒・喫煙を止められない人へ!


辛いつわりについて
  1. つら〜い”つわり”はいつまで続くの?
  2. ”つわり”を乗り切る5つの対処法
  3. つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!
  4. つわりは赤ちゃんが元気な証拠…は嘘?


働くお母さんへ
  1. つわりが辛い…!妊娠初期の仕事との付き合い方
  2. 産休中も手当てがもらえる出産手当金について
  3. 産休中の給料減…赤ちゃん用品や生活費の節約方法
  4. いつから産休に入るか悩んでいる人へ!産休の取り方
  5. 産休に入るための正しい挨拶方法


赤ちゃんに起こる症状
  1. 赤ちゃんの鼻詰まり解消方法
  2. 夜泣きとの上手な付き合い方
  3. 赤ちゃんはいつから外出してOK?初めての外出の注意点
  4. 新生児の授乳間隔のどれぐらいがベストなの?
  5. 赤ちゃんの顔にできる乳児湿疹の原因と対処法
  6. 赤ちゃんの肌がボロボロに!乳児湿疹の原因と改善策
  7. 新生児がミルクをすぐに吐くその理由とは!?
  8. 赤ちゃんの夜泣きとの上手な付き合い方

スポンサーリンク



子供 嘔吐 原因 対処法
妊娠から出産まで!元気な赤ちゃんを産むための過ごし方(ホーム)