妊娠しても仕事を続けても大丈夫ってホント?

妊娠 仕事 続ける

 

仕事を持っている女性が、妊娠発覚後にまず考えること、それは「今後の仕事のこと」ではないでしょうか。

 

筆者も1人目の妊娠発覚時、外で仕事をしていました。今から6年も前になりますが、妊娠しながら仕事をするというのも当たり前の風潮。最終的に妊娠6ヶ月までは出勤していました。

 

ただ、仕事の内容によっては休んだり辞めたりしなくてはならないこともありますよね。更に妊娠経過に異常があったり、つわりで寝込んでしまうような場合も仕事はできなくなります。

 

必ずしも妊娠しながらの仕事が可能とは言い切れないところです。

 

 

つわりで仕事に出られないことも…

 

妊娠 仕事 続ける

 

妊娠発覚同時くらいから、つわりの症状が出始めます。軽い吐気や頭痛くらいで済むのであれば、体調を見ながら仕事に出ることも可能です。

 

しかし、嘔吐が止まらない人や起きているのも困難というくらい体調が悪くなるのも珍しくありません。いつつわりが治まるかというのも、個人差が大きく分かり難いもの。

 

「いつからいつまで休みます。」と明白に伝えられないため、退職に追い込まれるという人も多いかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

 

また、体調が悪いことを理由に欠席したり、遅刻や早退が増えてしまうこともありますね。しかたのないことなのですが、やっぱり職場の人からよく思われないでしょう。

 

融通されることに不満をもらしたり、仕事に穴を空けられて迷惑だと感じられてしまうことも。

 

こうした、ことを理由に職場で嫌がらせを受けることを「マタニティハラスメント」とも言います。

 

しかし、あからさまなマタニティハラスメントを受けなくても、職場にいづらくなることはあります。申し訳ない気持ちになってしまったり、何となく周囲と疎遠な空気を感じ取ったり・・・。

 

嫌がらせとまではいかなくても、歓迎されていない雰囲気を感じとることはあるかもしれません。

 

 

仕事を続ける理由を明白にする

 

妊娠しても仕事を続けたい…その理由は何かを自問自答してみましょう。筆者の個人的な意見としては、「家でのんびりゆったり過ごして欲しい」というのが本音です。

 

出産したら、自宅にいても自分の好きなこともできないし行きたい所にもなかなか行けなくなります。妊娠中は仕事をやめて、好きな事をしながらストレスなく過ごすのも良いと思うのです。

 

スポンサーリンク

 

 

ただし、中には立場上簡単に退職できない人や、仕事が好きでなるべく長く勤めたい人もいますよね。自分が仕事を続けたい理由を明白にすることは大事です。

 

この先出産後、産休や育休をとってまた復帰する気があるのかによっても、状況は変わってくると思います。

 

 

妊娠しながらの仕事は思いの他大変だが…

 

安定期に入れば、とりあえずは安心・・・。そう思っていても、実際の体調の変化というのは予想できないものです。

 

切迫流産・早産になったら、体を横にしたまま過ごすことになりますし、場合によっては入院することもあります。絶対にそうならない、とは誰も言い切れません。

 

さらに、体力の消耗も激しくなりますし、強い眠気が後期まで続く人もいます。仕事と家事の両立を、妊娠しながらもやっていく――。

 

想像しているより大変だったと話す人も多いので、よく考えて決めて欲しいと思います。

 

仕事を続けるメリットは、やっぱり「人に会えること」ではないでしょうか。妊娠中はホルモンバランスの変化や体調不良によって、気持ちまで滅入ってしまうことがあります。

 

1日中家にいると社会から孤立したように感じることも。

 

毎日職場で人と顔を会わせ、話をすることで、気持ちが安定する人が多いのも事実です。仕事場で活躍することで、社会から必要とされている感覚を得ることも大事かもしれません。

関連記事(一部広告)


人気記事ランキング
  1. 妊娠中に起こる腰痛の原因と改善方法
  2. 立ち会い出産のメリットとは?
  3. 出産が怖い女性はイメージトレーニングで乗り切ろう!
  4. 妊娠と着床出血のウソ・ホント
  5. 出産後の生理はいつから始まる?
  6. 流産後の妊娠はいつから大丈夫?
  7. 食欲をセーブする3つの方法
  8. 飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?
  9. 子供の発熱に関するQ&A
  10. 妊婦さんのストレス発散…!みんなはどうしてる?


出生前診断について
  1. ザックリわかりやすく!出生前診断の種類・概要・受ける時期
  2. 【実体験】絨毛検査と費用
  3. 【実体験】初期・中期胎児ドッグと費用


妊娠中・産後の症状について
  1. 妊娠中の感染に気を付けて!サイトメガロウイルスって何?
  2. 妊婦さんはお寿司を食べていいの?嘘?ホント?
  3. 凄すぎる出産!妊娠に気付かない女性
  4. 妊娠中の性病は危険!性病の母子感染リスク
  5. 産後の腹痛は危険だった
  6. 産後うつと育児ノイローゼの症状の違い
  7. 産後の気になる”出血”のあれこれ
  8. 出産後の生理はいつから始まる?生理痛の変化
  9. 産後の生理不順との付き合い方≪原因や解消法≫


気をつける重要な事
  1. 食事で気をつける重要な事
  2. 食欲をセーブする3つの方法
  3. 妊娠中のカフェインは危険!?
  4. 飲酒・喫煙を止められない人へ!


辛いつわりについて
  1. つら〜い”つわり”はいつまで続くの?
  2. ”つわり”を乗り切る5つの対処法
  3. つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!
  4. つわりは赤ちゃんが元気な証拠…は嘘?


働くお母さんへ
  1. つわりが辛い…!妊娠初期の仕事との付き合い方
  2. 産休中も手当てがもらえる出産手当金について
  3. 産休中の給料減…赤ちゃん用品や生活費の節約方法
  4. いつから産休に入るか悩んでいる人へ!産休の取り方
  5. 産休に入るための正しい挨拶方法


赤ちゃんに起こる症状
  1. 赤ちゃんの鼻詰まり解消方法
  2. 夜泣きとの上手な付き合い方
  3. 赤ちゃんはいつから外出してOK?初めての外出の注意点
  4. 新生児の授乳間隔のどれぐらいがベストなの?
  5. 赤ちゃんの顔にできる乳児湿疹の原因と対処法
  6. 赤ちゃんの肌がボロボロに!乳児湿疹の原因と改善策
  7. 新生児がミルクをすぐに吐くその理由とは!?
  8. 赤ちゃんの夜泣きとの上手な付き合い方

スポンサーリンク



妊娠 仕事 続ける
妊娠から出産まで!元気な赤ちゃんを産むための過ごし方(ホーム)