つわりのピークはいつまで?夫と一緒につわりを乗り切る方法

つわり ピーク いつまで

 

妊娠の喜びと共に襲ってくる、つらいつわり…。ピークは妊娠8〜12週くらいまでの間ですが、個人差が大きいので一概には言えません。生理予定日前から吐き気を感じる人もいますし、安定期に入ってもつわりの症状が残る人もいます。

 

しかも「つわり」と一言に言ってもそうそう単純な話ではないのです。吐き気や嘔吐の症状だけでなく、それに伴う様々な問題が起こります。

 

まず、食生活が急激に乱れるために体力の消耗が激しくなります。しっかり3食食べられず、人によっては水を飲んでも吐いてしまう人もいます。

 

これでは、エネルギーの補給ができないので体力も筋力も一気に落ちてしまいます。普段何気なくやっている家事ですら、ままならなくなってしまうケースは多いもの。

 

スポンサーリンク

 

 

また、つわりのピーク時は食べ物のニオイを嗅いだだけで吐いてしまうことも少なくありません。従って料理というのは一番の難関になってしまうことも。

 

筆者の友人は、つわりのピークの10週前後には、別室で誰かが冷蔵庫を開けただけでニオイを察知してしまったといいます。非常に嗅覚が敏感になり、それによって吐き気や嘔吐が出てしまうのですから、料理なんてもっての外だったそうです。

 

人によってピーク時期も症状も違いますが、やはり夫に理解と協力を求めなければ乗り切れません。しっかり辛さをアピールして、心配してもらいましょう!

 

何しろこれから出産を向かえたり、赤ちゃんのお世話で忙しくなっても夫の家事や育児協力が欠かせなくなります。

 

そのための準備、練習だと思って夫にも家事協力をしてもらって下さい。女性は妊娠したときから、様々なことを我慢して母親になる訓練をしていると言われています。男性も同じ、これから赤ちゃんを迎えるための準備を始めてもらいましょう!

 

 

つわりでイライラしてしまうことも…

 

つわり ピーク いつまで

 

ただでさえ体調が悪いのに、やりたいこともできず、部屋が散らかっているのを見たり、洗い物が溜まっているのを見ると更にうんざり・・・。

 

つわりのピークは体の症状だけでなく、イライラ悲愴感なども感じるようになります。

 

妊娠初期はこのような体の変化がめまぐるしいことに加え、ホルモンバランスの変化で精神的に不安定になることが多いです。なので、その感情を夫にぶつけて喧嘩になってしまう・・・・なんてことも、珍しくはないでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

しかし、ケンカをしているとお腹の赤ちゃんに良い影響はありません。妊娠中に夫と不仲になったり、喧嘩したりするとお腹の子供はそれを敏感に感じ取ると言われているんです。

 

溜め込んでもよくありませんが、夫との関係が悪くならないように配慮することも大事です。

 

つわりのピーク時、家事が思うようにできない上に夫も仕事が忙しくて協力するにも限界が・・・。

 

そんなときは、実家の両親に手伝いに来てもらったり、思い切って家事代行サービスなどに頼んでしまってもOKです。

 

現在、色々なサービスが普及してきていますので、今まで縁のなかったものでも試しに利用してみると良いでしょう。

 

 

つわりについて説明することも大事

 

つわり ピーク いつまで

 

皆さん、夫に妊娠中のつわりや、症状についてどれくらい説明していますか?

 

女性なら誰でも知っていることも男性陣は全く知らないってこと、よくある話です。自分は常識だと思っていることも、男性としては驚愕の事実かもしれませんよ。

 

ましてや、妻の妊娠やつわり症状について、自分で調べ上げるような男性ばかりでもありませんよね。

 

つわりのピークはいつからいつまでか、個人差が大きいこと、どんな症状でそれによる合併症など、ありとあらゆる知識を説明してみましょう。

 

案外「つわりのピークってそんなに大変だったのか!?」と、改めて思い知らされるという男性も多いかも?

関連記事(一部広告)


人気記事ランキング
  1. 妊娠中に起こる腰痛の原因と改善方法
  2. 立ち会い出産のメリットとは?
  3. 出産が怖い女性はイメージトレーニングで乗り切ろう!
  4. 妊娠と着床出血のウソ・ホント
  5. 出産後の生理はいつから始まる?
  6. 流産後の妊娠はいつから大丈夫?
  7. 食欲をセーブする3つの方法
  8. 飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?
  9. 子供の発熱に関するQ&A
  10. 妊婦さんのストレス発散…!みんなはどうしてる?


出生前診断について
  1. ザックリわかりやすく!出生前診断の種類・概要・受ける時期
  2. 【実体験】絨毛検査と費用
  3. 【実体験】初期・中期胎児ドッグと費用


妊娠中・産後の症状について
  1. 妊娠中の感染に気を付けて!サイトメガロウイルスって何?
  2. 妊婦さんはお寿司を食べていいの?嘘?ホント?
  3. 凄すぎる出産!妊娠に気付かない女性
  4. 妊娠中の性病は危険!性病の母子感染リスク
  5. 産後の腹痛は危険だった
  6. 産後うつと育児ノイローゼの症状の違い
  7. 産後の気になる”出血”のあれこれ
  8. 出産後の生理はいつから始まる?生理痛の変化
  9. 産後の生理不順との付き合い方≪原因や解消法≫


気をつける重要な事
  1. 食事で気をつける重要な事
  2. 食欲をセーブする3つの方法
  3. 妊娠中のカフェインは危険!?
  4. 飲酒・喫煙を止められない人へ!


辛いつわりについて
  1. つら〜い”つわり”はいつまで続くの?
  2. ”つわり”を乗り切る5つの対処法
  3. つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!
  4. つわりは赤ちゃんが元気な証拠…は嘘?


働くお母さんへ
  1. つわりが辛い…!妊娠初期の仕事との付き合い方
  2. 産休中も手当てがもらえる出産手当金について
  3. 産休中の給料減…赤ちゃん用品や生活費の節約方法
  4. いつから産休に入るか悩んでいる人へ!産休の取り方
  5. 産休に入るための正しい挨拶方法


赤ちゃんに起こる症状
  1. 赤ちゃんの鼻詰まり解消方法
  2. 夜泣きとの上手な付き合い方
  3. 赤ちゃんはいつから外出してOK?初めての外出の注意点
  4. 新生児の授乳間隔のどれぐらいがベストなの?
  5. 赤ちゃんの顔にできる乳児湿疹の原因と対処法
  6. 赤ちゃんの肌がボロボロに!乳児湿疹の原因と改善策
  7. 新生児がミルクをすぐに吐くその理由とは!?
  8. 赤ちゃんの夜泣きとの上手な付き合い方

スポンサーリンク



つわり ピーク いつまで
妊娠から出産まで!元気な赤ちゃんを産むための過ごし方(ホーム)