つわり中におすすめの食べ物・食事

つわり中 食事

 

つわりのある妊娠初期の症状は、なんと言っても吐き気と嘔吐。その他頭痛やだるさ、眠気など様々な症状に悩まされるわけですが、一番つらいのは食事が思うようにとれないことではないでしょうか。

 

お腹の赤ちゃんに栄養が行かないのではという不安や、急に食事習慣が変化することで肌荒れや便秘などが起こることもあります。

 

しかし、これは一過性のものなので自分を責めたり、赤ちゃんの発育を心配し過ぎたりする必要はありません!

 

 

つわりが軽い人でも、食事の変化は起こる!

 

筆者も2度の妊娠を経験しましたが、2回ともつわりの症状自体は軽めでした。

 

吐き気や胃の不快感はあったものの、嘔吐したり食事ができないということはありませんでした。しかし、食事の時間が大きく変わったことに困りました。

 

まず、朝起きてすぐは胃がムカムカしていて食事をする気分にはなれず、お昼前くらいになってようやく食欲が出始めます。また17時〜19時くらいまでの、夕食時もあまり食欲が沸かず・・・。

 

スポンサーリンク

 

 

そのため夕食をとるのが20時〜21時前後になってしまい、寝る前に何か口にする習慣がついてしまいました。

 

食べられるときで良いとは聞いていたものの、やっぱり夜遅い食事は胃にも体重増加的にも良くないもの。これには私も少々困ってしまいましたね。

 

このように、つわりの症状が出やすい時間帯というものがそれぞれにあります。

 

なので、今までの食事の時間が狂ってしまうということはよくあること。無理に決まった時間に食事をする必要はなく、食べられるときに食べられる物をと考えてOKです。

 

 

食べつわりは、常に食べ物を欲してしまう!

 

つわりには2種類があると言われており、なかなか厄介なのがこの食べつわり

 

何か口にしていないと吐き気が起こるので、一日中何かを食べ続けてしまうという人も少なくないのです。これも、症状を緩和させるためには無理に抑制する必要はありません。

 

スポンサーリンク

 

 

このような食べつわりの場合は、食べる物を工夫するのが一番です。カロリーのある物をちょこちょことつまんでいると、体重増加がスタート時点から激しくなってしまいます。

 

安定期を過ぎてからの食欲のことを考えると、初期に太りすぎるのは困りますね。低カロリーの果物やこんにゃく、大豆製品、飲み物などで口寂しさをごまかすなどの工夫をしてみましょう。

 

また、ダラダラと食べていると虫歯や口内環境の悪化も気になります。なるべく糖分のないものやガムなどを食べるようにし、緑茶やマウスウォッシュなどで口をゆすぐ習慣をつけましょう。

 

 

これにハマった!食事傾向

 

つわり中 食事

 

つわり中や妊娠中は、一つの食べ物に執着してしまう傾向があります。ハマった食べ物があると、そればかり食べ続けてしまうという人も多いもの。体に悪いジャンクフードやレトルト、スナック菓子などでなければ気にする必要はありません。

 

 

すっぱい食事メニューは欲しくなるもの!

 

つわり中はすっぱいものを食べたくなるという話はよく耳にしますよね。梅干、柑橘系果物、酢飯などが食べたくなる人はやっぱり多いようです。

 

筆者もトマトなどの酸味ある野菜、夏ミカンやパイナップルなどをよく食べたくなりました。ムカムカする胃がスッキリする感じがしますし、さっぱり食べられるのもポイントが高い理由ですね。

 

 

フライドポテトやポテトチップスも食べたくなる!?

 

つわりで気持ちが悪いにも関わらず、脂っこいものが食べたくなるという人もけっこう多いのです。

 

特に多いのは、マクドナルドのフライドポテトポテトチップスなどの脂分の多いおやつ。

 

筆者の友人にも、つわりで寝込んでいるのにスナック菓子の袋をベッドに持ち込んで、つまんでいたという人がいます!意外なことに、脂ものを欲する傾向にある人も多いようですね。食べすぎにはくれぐれも注意したいところです。

関連記事(一部広告)


人気記事ランキング
  1. 妊娠中に起こる腰痛の原因と改善方法
  2. 立ち会い出産のメリットとは?
  3. 出産が怖い女性はイメージトレーニングで乗り切ろう!
  4. 妊娠と着床出血のウソ・ホント
  5. 出産後の生理はいつから始まる?
  6. 流産後の妊娠はいつから大丈夫?
  7. 食欲をセーブする3つの方法
  8. 飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?
  9. 子供の発熱に関するQ&A
  10. 妊婦さんのストレス発散…!みんなはどうしてる?


出生前診断について
  1. ザックリわかりやすく!出生前診断の種類・概要・受ける時期
  2. 【実体験】絨毛検査と費用
  3. 【実体験】初期・中期胎児ドッグと費用


妊娠中・産後の症状について
  1. 妊娠中の感染に気を付けて!サイトメガロウイルスって何?
  2. 妊婦さんはお寿司を食べていいの?嘘?ホント?
  3. 凄すぎる出産!妊娠に気付かない女性
  4. 妊娠中の性病は危険!性病の母子感染リスク
  5. 産後の腹痛は危険だった
  6. 産後うつと育児ノイローゼの症状の違い
  7. 産後の気になる”出血”のあれこれ
  8. 出産後の生理はいつから始まる?生理痛の変化
  9. 産後の生理不順との付き合い方≪原因や解消法≫


気をつける重要な事
  1. 食事で気をつける重要な事
  2. 食欲をセーブする3つの方法
  3. 妊娠中のカフェインは危険!?
  4. 飲酒・喫煙を止められない人へ!


辛いつわりについて
  1. つら〜い”つわり”はいつまで続くの?
  2. ”つわり”を乗り切る5つの対処法
  3. つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!
  4. つわりは赤ちゃんが元気な証拠…は嘘?


働くお母さんへ
  1. つわりが辛い…!妊娠初期の仕事との付き合い方
  2. 産休中も手当てがもらえる出産手当金について
  3. 産休中の給料減…赤ちゃん用品や生活費の節約方法
  4. いつから産休に入るか悩んでいる人へ!産休の取り方
  5. 産休に入るための正しい挨拶方法


赤ちゃんに起こる症状
  1. 赤ちゃんの鼻詰まり解消方法
  2. 夜泣きとの上手な付き合い方
  3. 赤ちゃんはいつから外出してOK?初めての外出の注意点
  4. 新生児の授乳間隔のどれぐらいがベストなの?
  5. 赤ちゃんの顔にできる乳児湿疹の原因と対処法
  6. 赤ちゃんの肌がボロボロに!乳児湿疹の原因と改善策
  7. 新生児がミルクをすぐに吐くその理由とは!?
  8. 赤ちゃんの夜泣きとの上手な付き合い方

スポンサーリンク



つわり中 食事
妊娠から出産まで!元気な赤ちゃんを産むための過ごし方(ホーム)