妊娠後期までつわりが続く特殊なケースとは?

妊娠後期 つわり 続く

 

つわりとは、妊娠初期にホルモンなどの影響で起こる吐き気や嘔吐などの症状を言います。多くの場合が安定期に入るころ、5ヶ月前を目安におさまるもの。

 

妊娠中期以降は比較的体調は落ち着き、妊娠ライフを楽しめる期間になります。

 

しかし、中には後期つわりというものに襲われたり、初期のつわりが妊娠後期まで続くというケースも。

 

あまりに長い期間、症状があると、体力的にも精神的にもつらいものがあります。妊娠後期のつわりの原因や、改善方法を一緒に考えていきましょう!

 

 

胃の圧迫で起こる「妊娠後期のつわり」

 

妊娠後期になるとお腹の赤ちゃんも大きく成長し、子宮が胃を強く圧迫するようになります。

 

そのため、胃に不快感を感じたり、食欲が低下したりとつわりのような症状が現れることがあるのです。

 

これを、後期悪阻と呼びます。厳密に言うと、原因が異なるのでつわりではありません。

 

スポンサーリンク

 

 

しかし、似たような胃の症状が出ることから妊娠後期のつわりと呼んでいるのです。

 

胃の圧迫からくる症状は、出産が近付くに連れて改善してくる傾向にあります。赤ちゃんがお産に備えて下に下がっていくので、自然と胃の圧迫感も軽減されてきます。妊娠後期からは、お産の兆候に注意することが大事だといわれています。

 

この、胃の圧迫感がなくなるというのもお産が近付いている兆候です。つわりのような症状が落ち着いてきたら、いよいよ出産の準備を本格的に整えておくようにしましょう!

 

 

妊娠初期から後期まで続くケースも

 

妊娠後期 つわり 続く

 

一番つらいのは、妊娠発覚から後期までずっと症状が続くケース。珍しいように感じる人もいるかもしれませんが、意外に少なくないのです。

 

とにかく逐一医師に相談して、経過を報告しましょう。つわり自体を治すということは難しいですが、栄養面でのサポートは大事です。

 

点滴やビタミン剤の処方など、病院でできることはしっかりやってもらいましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

出産するその日まで、ずっと気持ちが悪くて唾液の分泌が多い・・・。かなり苦しいのは事実ですが、その分メリットもあるようです。

 

妊娠中の症状がつらければつらいほど、出産や育児を楽に楽しめるという意見があります。

 

もちろん個人差は大きいですが、のんびりゆったり楽しい妊婦ライフを過ごしていれば当然、出産も育児もキツイと感じやすいもの。

 

しかし、妊娠中の体調が悪い人は産んでからの生活がプラスに捉えられると言います。精神面の話なので、必ずしもプラスになるとは言い切れませんが、こんなケースもあるので参考までに。

 

 

妊娠後期までつわりがある場合、2人目に踏み切り難い!?

 

妊娠後期 つわり 続く

 

つわりが重症で、出産の直前まで吐いていたという人は「出産」よりも「つわり」に恐怖感を感じやすくなります。よく、出産の痛みはすぐ忘れるようにできているって話を耳にしますよね。

 

女性の体はどんなにつらくて痛いお産を経験しても、2人目を欲しいと思えるようにできているなんて言います。

 

しかし、つわりの大変さは違います。出産のように数時間〜数日のものではなく、数ヶ月感長く続くものですよね。なので、また同じ症状に苦しむ日々を繰り返すのかと恐怖を感じてしまう人も多いのです。

 

よって、2人目・3人目と兄弟を妊娠することに恐怖感を感じてしまうというケースも・・・・。

 

特に上のお子さんの面倒を見ながらのつわり、となるとかなり生活が厳しくなるでしょう。重症を経験している人は、周囲のサポートをできる限りお願いして兄弟の妊娠に望まなければなりませんね。

 

ただし、つわりの程度というのはその妊娠ごとに異なっているもの。1人目で重症だったからといって、2人目でも同じとは限りません。

 

反対に1人目は軽度のつわりだったのに、2人目は重度・・・ということも十分あり得るのでご承知おき下さいね。

関連記事(一部広告)


人気記事ランキング
  1. 妊娠中に起こる腰痛の原因と改善方法
  2. 立ち会い出産のメリットとは?
  3. 出産が怖い女性はイメージトレーニングで乗り切ろう!
  4. 妊娠と着床出血のウソ・ホント
  5. 出産後の生理はいつから始まる?
  6. 流産後の妊娠はいつから大丈夫?
  7. 食欲をセーブする3つの方法
  8. 飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?
  9. 子供の発熱に関するQ&A
  10. 妊婦さんのストレス発散…!みんなはどうしてる?


出生前診断について
  1. ザックリわかりやすく!出生前診断の種類・概要・受ける時期
  2. 【実体験】絨毛検査と費用
  3. 【実体験】初期・中期胎児ドッグと費用


妊娠中・産後の症状について
  1. 妊娠中の感染に気を付けて!サイトメガロウイルスって何?
  2. 妊婦さんはお寿司を食べていいの?嘘?ホント?
  3. 凄すぎる出産!妊娠に気付かない女性
  4. 妊娠中の性病は危険!性病の母子感染リスク
  5. 産後の腹痛は危険だった
  6. 産後うつと育児ノイローゼの症状の違い
  7. 産後の気になる”出血”のあれこれ
  8. 出産後の生理はいつから始まる?生理痛の変化
  9. 産後の生理不順との付き合い方≪原因や解消法≫


気をつける重要な事
  1. 食事で気をつける重要な事
  2. 食欲をセーブする3つの方法
  3. 妊娠中のカフェインは危険!?
  4. 飲酒・喫煙を止められない人へ!


辛いつわりについて
  1. つら〜い”つわり”はいつまで続くの?
  2. ”つわり”を乗り切る5つの対処法
  3. つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!
  4. つわりは赤ちゃんが元気な証拠…は嘘?


働くお母さんへ
  1. つわりが辛い…!妊娠初期の仕事との付き合い方
  2. 産休中も手当てがもらえる出産手当金について
  3. 産休中の給料減…赤ちゃん用品や生活費の節約方法
  4. いつから産休に入るか悩んでいる人へ!産休の取り方
  5. 産休に入るための正しい挨拶方法


赤ちゃんに起こる症状
  1. 赤ちゃんの鼻詰まり解消方法
  2. 夜泣きとの上手な付き合い方
  3. 赤ちゃんはいつから外出してOK?初めての外出の注意点
  4. 新生児の授乳間隔のどれぐらいがベストなの?
  5. 赤ちゃんの顔にできる乳児湿疹の原因と対処法
  6. 赤ちゃんの肌がボロボロに!乳児湿疹の原因と改善策
  7. 新生児がミルクをすぐに吐くその理由とは!?
  8. 赤ちゃんの夜泣きとの上手な付き合い方

スポンサーリンク



妊娠後期 つわり 続く
妊娠から出産まで!元気な赤ちゃんを産むための過ごし方(ホーム)