妊娠初期症状と生理痛・PMSとの混同は危険だった…!

妊娠初期症状 生理痛 危険

 

妊娠の初期症状と、生理痛やPMSの症状というのは非常に似ている傾向にあります。

 

妊娠を心待ちにしている人は、その違いに常に目を光らせているわけですが、そうでない人の場合妊娠しているのに単なる生理痛やPMSの症状だろうと思って過ごしてしまうことも。

 

妊娠にはなるべく早く気付くことが大事です。出産するにしても、そうでないにしても早い段階での準備が必要になりますので混同しないようにご注意下さい。

 

妊娠初期症状と、生理前の症状はいくつか似ているものがありますが、くれぐれも間違えないようにしましょう。

 

 

妊娠しているとは思わなかったという事例

 

妊娠発覚が非常に遅いケースは世界中でたくさんあります。ひどい場合では、発覚が陣痛の痛みだったというケースも。

 

これは極端な例ですが、発覚が遅いと対処に困ってしまうという人もいるのでは?

 

例えば、人工中絶を選択する場合は22週未満で行わなければなりません。それ以降になると法律的に人工中絶は禁止になります。

 

スポンサーリンク

 

 

また、22週までは大丈夫とされていますが、母体の健康を配慮すると12週未満で中絶する方が望ましいとされています。

 

体への負担も少なくて済みますし、手術にかかる費用的にも差が出てきます。

 

 

生理痛のような痛みや出血は、異常のサイン?

 

妊娠初期症状 生理痛 危険

 

妊娠を希望していたり、子供を迎えられる状態である場合、妊娠経過はとっても気になるところ。

 

妊娠初期に、生理痛のような下腹部痛があったり、出血が見られる場合は流産の可能性があるので注意しましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

妊娠初期は非常に流産が起こりやすい時期です。10人の妊婦さんのうち、1人は初期に流産するという非常に高確率。

 

母体に責任はない流産ですが、妊娠に早く気付いて安静に過ごしておくべき時期です。

 

ですから、生理痛のような症状やPMS症状があったとしても、生理が予定日より遅れていたらまず妊娠を疑いましょう。

 

性交渉の日にちやタイミングで判断するのは正しくありません。自分の生理周期を正しく記録して把握する習慣も大事です。

 

 

生理痛だと思って、鎮痛薬を飲んでしまうケースも

 

妊娠初期症状 生理痛 危険

 

妊娠初期は、最も奇形リスクの高まる時期なので薬の服用はできるだけ避けるべきと言われています。特に市販薬などは安易に判断して飲んではならないもの。

 

しかし、妊娠に気付かず単なる生理痛だろうと思って、鎮痛剤などを飲んでしまうという例は多いです。着床出血や不正出血を、生理だと勘違いしてしまうケースもあります。

 

いつもの様子と少しでも違う場合、妊娠の可能性がある場合、薬の服用には十分注意して下さい。

 

また妊娠発覚前後の薬の服用は問題ないといわれることもあります。ただし必ずしも安全ということはありませんので注意しましょう。

 

薬だけでなくお酒タバコの使用は禁止です。妊娠に気付かず、不摂生を繰り返しているというのも問題ですので気をつけましょう。

 

 

生理痛やPMSの感覚で、いち早く気付く人も

 

勘違いにより妊娠発覚が遅れるケースの話をしてきましたが、反対にいち早く気付けるケースも。

 

例えば、生理の数日前から生理痛と同じような鈍痛があるという女性は多いもの。しかし妊娠していると、その生理前の鈍痛がなかなか始まらない・・・と不審に思うものです。

 

また、いつもより生理前のPMS症状が軽いとか、全くないという場合に妊娠に気付く人も多いです。このようなタイプの人は自分の体をしっかり観察し、管理している証拠。

 

妊娠にいち早く気付くことで、その後の対応もスムーズですね。生理痛のはじまりや、PMSの感覚に違和感を感じたら、検査薬を使用して確認してみましょう。

関連記事(一部広告)


人気記事ランキング
  1. 妊娠中に起こる腰痛の原因と改善方法
  2. 立ち会い出産のメリットとは?
  3. 出産が怖い女性はイメージトレーニングで乗り切ろう!
  4. 妊娠と着床出血のウソ・ホント
  5. 出産後の生理はいつから始まる?
  6. 流産後の妊娠はいつから大丈夫?
  7. 食欲をセーブする3つの方法
  8. 飲酒・喫煙を止められない人へ!赤ちゃんへの悪影響とは?
  9. 子供の発熱に関するQ&A
  10. 妊婦さんのストレス発散…!みんなはどうしてる?


出生前診断について
  1. ザックリわかりやすく!出生前診断の種類・概要・受ける時期
  2. 【実体験】絨毛検査と費用
  3. 【実体験】初期・中期胎児ドッグと費用


妊娠中・産後の症状について
  1. 妊娠中の感染に気を付けて!サイトメガロウイルスって何?
  2. 妊婦さんはお寿司を食べていいの?嘘?ホント?
  3. 凄すぎる出産!妊娠に気付かない女性
  4. 妊娠中の性病は危険!性病の母子感染リスク
  5. 産後の腹痛は危険だった
  6. 産後うつと育児ノイローゼの症状の違い
  7. 産後の気になる”出血”のあれこれ
  8. 出産後の生理はいつから始まる?生理痛の変化
  9. 産後の生理不順との付き合い方≪原因や解消法≫


気をつける重要な事
  1. 食事で気をつける重要な事
  2. 食欲をセーブする3つの方法
  3. 妊娠中のカフェインは危険!?
  4. 飲酒・喫煙を止められない人へ!


辛いつわりについて
  1. つら〜い”つわり”はいつまで続くの?
  2. ”つわり”を乗り切る5つの対処法
  3. つわりで苦しむ女性に言ってはいけない辛い一言!
  4. つわりは赤ちゃんが元気な証拠…は嘘?


働くお母さんへ
  1. つわりが辛い…!妊娠初期の仕事との付き合い方
  2. 産休中も手当てがもらえる出産手当金について
  3. 産休中の給料減…赤ちゃん用品や生活費の節約方法
  4. いつから産休に入るか悩んでいる人へ!産休の取り方
  5. 産休に入るための正しい挨拶方法


赤ちゃんに起こる症状
  1. 赤ちゃんの鼻詰まり解消方法
  2. 夜泣きとの上手な付き合い方
  3. 赤ちゃんはいつから外出してOK?初めての外出の注意点
  4. 新生児の授乳間隔のどれぐらいがベストなの?
  5. 赤ちゃんの顔にできる乳児湿疹の原因と対処法
  6. 赤ちゃんの肌がボロボロに!乳児湿疹の原因と改善策
  7. 新生児がミルクをすぐに吐くその理由とは!?
  8. 赤ちゃんの夜泣きとの上手な付き合い方

スポンサーリンク



妊娠初期症状 生理痛 危険
妊娠から出産まで!元気な赤ちゃんを産むための過ごし方(ホーム)